”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

月間ブログ人気ランキング もみあげ″イチオシ”記事も紹介!
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

銘柄分析

【DIS】ディズニーと11%増配マイクロソフトがタッグ!ワクワクの理由とは?

【DIS】ウォルト・ディズニー・スタジオが11%の増配を発表した【MSFT】マイクロソフトのAZUREとクラウド分野で業務提携したというニュースが入りました。 jp.techcrunch.com このニュースは【DIS】ディズニーホルダーと【MSFT】マイクロソフトホルダーにとっ…

【NSRGY】ネスレ銘柄分析 生活必需品で最強?世界1位総合食品企業

【NSRGY】ネスレ銘柄分析です。ネスレは世界1位の総合食品企業で創業153年の歴史がある化け物企業です。また連続増配25年、生活必需品で最も安定してる銘柄といえるかもしれません。生活必需品で最強とは言い過ぎではないと思います。その理由もしっかり説明…

【債券ETF】配当金1000円ゲット!「安心感抜群」債券ETFとは?

米国総合債券ETFのSCHZから配当金を1000円ゲットしました !「安心感抜群」の債券ETFなのに更に配当金まで貰える事が嬉しいです。ドルだと$10.55です。 SCHZはもみあげが利用してるCharles shcwab が発行してる米国総合債券ETFで、バンガードの【BND】やiシ…

【MCD】マクドナルド株価4%下落!ウエンディーズ朝食全米展開とApprente買収報道

【MCD】マクドナルド株価が本日ウエンディーズ(Wendy's) の朝食メニュー全米展開報道とApprente買収報道で一時4%近く下落しました。 今回はこの二つの報道の詳細とマクドナルド4%下落に関してもみあげの投資判断をまとめています。 ではもみあげ米国株投資…

【PEP】ペプシコ銘柄分析 コカ・コーラより上? 世界2位総合食品企業

【PEP】ペプシコ銘柄分析です。ペプシコは世界2位の総合食品企業で創業110年の歴史を誇ります。また連続増配46年、生活必需品セクターに属するために代表的な安定銘柄と言えると思います。 また必ずといっていいほど、生活必需品セクターで投資を検討すると…

【WBK】ウエストパックバンキング銘柄分析 創業200年の高配当&ADR銘柄!

「2019年9月4日:情報更新」 【WBK】ウエストパックバンキングの現在の株価は19.34 配当率は約7%です。今回はその【WBK】ウエストパックバンキング銘柄分析です。 【WBK】は高配当で一部投資家から人気があるにも関わらず、オーストラリアという土地の事も…

【SBUX】スターバックス銘柄分析 コーヒーと空間提供で高成長!

【SBUX】スターバックス銘柄分析です。日本人にとっては非常に身近な企業であるスターバックス。この銘柄は実は10年近く高い成長率を維持し続けていて、それもあって株価は高騰しています。 銘柄分析においてはその高い成長率の理由、そしてその成長率を実現…

【MO】アルトリア銘柄分析 フィリップモリスとの再合併可能性報道! 

【MO】アルトリア銘柄分析になります。【MO】アルトリアの現在の株価は$45.25配当率は7.13%です。先日5%の増配が発表され連続増配50年の配当王となっている米国株投資家にとって高配当で人気のタバコ銘柄になっています。 2019年8月27日にフィリップモリスと…

【MCD】マクドナルド銘柄分析 フランチャイズ経営が最大のリスク?

【MCD】米国マクドナルドの銘柄分析です。フランチャイズ経営が最大のリスク?になり得るわけがないと思われた方もいると思います。 【MCD】マクドナルドは米国株投資家にとって現在最も注目を集めてる銘柄といっても過言じゃないです。何故ならば、2008年の…

【T】AT&T銘柄分析 株価1カ月7%上昇 上昇理由を4ポイント考察!

【T】AT&Tは現在は株価は35.38、 PERは15.37、配当率が5.83%となっている為、成長株というよりは安定的に配当を狙っていく米国株の高配当の通信インフラ銘柄になりますね。 米国株投資家のもみあげとしてはAT&Tは究極の「配当マシーン」になる事だけ期待し…

【T】AT&T銘柄分析 配当6%の高配当 安定の通信インフラ銘柄

【T】AT&T銘柄分析を今回は行っていきたいと思います。高配当でそして比較的ボラティリティが低い、米国株投資家の高配当戦略を採用する投資家には人気がある銘柄になります。 【T】AT&Tは現在は株価は34.85、 PERは15、配当率が5.9%となっている為、成長株…

【TMUS】Tモバイル・【S】スプリント 銘柄分析 起死回生の合併か!

【TMUS】Tモバイルと【S】スプリント銘柄分析を行っていきたいと思います。この2社の合併が承認されたことによって、アメリカの通信セクターに変化が起ころうとしてるのは間違いないです。 スプリントは孫正義さんが率いる孫正義グループが2013年に216億ドル…

【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ銘柄分析 驚異の配当7%!

【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ銘柄分析です。ブリティッシュアメリカンタバコから$171の配当金をゲットしました!日本円で言うと約20000円弱です。 こんにちわ。米国株投資家もみあげのブログにご来訪頂き誠にありがとうございます。 【BTI】ブリテ…

【VZ】ベライゾン銘柄分析 モバイル高収益 5Gナンバー1になれるか!

【VZ】ベライゾン銘柄分析を今回は行っていきたいと思います。ベライゾンを米国株投資家の個別銘柄を購入している人でポートフォリオに加えてる人は多いんじゃないでしょうか。【T】AT&Tとベライゾンで悩む方も多いと思われます。 また今回はまずはAT&T, Ver…

【CMCSA】コムキャスト銘柄分析 米国での呼び名は「EVIL」

【CMCSA】コムキャストの銘柄分析を今回は行っていきたいと思います。こちらは米国株では一般消費財セクターに分類されるのですが、ホームネットワークに必要なケーブルでの通信インフラ事業をメインで営んでる企業です。 アメリカではコムキャストは「Evil…

【MSFT】マイクロソフト銘柄分析 時価総額1位 キーワードは「信頼性」

米国株投資家に最近では最も人気がある銘柄の一つと言ってもいいのが【MSFT】マイクロソフトじゃないでしょうか。7月26日にS&P500が過去最高値を達成すると同時に、マイクロソフトも過去最高値を達成しています。また【AMZN】を抜いて、時価総額1位にもなっ…

【MMM】スリーエム銘柄分析 連続増配60年のコングロマリット企業

米国株投資家にコングロマリット企業として人気があり、全世界・全分野に分散投資する意味合いとしても注目される銘柄の【MMM】スリーエムの銘柄分析です。連続増配60年という実績もあります。 こちらの銘柄が7月25日に決算が発表されました、その影響で株価…

【KO】コカ・コーラ銘柄分析 バフェット銘柄3つの変革とは?

米国株投資家に人気のある銘柄の一つに【KO】コカ・コーラがありますね。コカ・コーラはオマハの賢者ウォーレン・バフェットさんのバフェット銘柄でもあります。 こちらの銘柄が7月23日に決算が発表され一時6%も株価が上昇することになりました。ホルダーの…

【PM】フィリップモリス銘柄分析 収益性抜群の高配当銘柄で人気! 

【PM】フィリップモリス銘柄分析です。【PM】フィリップモリスは直近の決算も好調で、収益性抜群の為に米国株投資家にとっては高配当銘柄のタバコ株として人気があります。 このまま好調を維持できるのか?他の米国株で高配当人気タバコ銘柄のアルトリア(MO…

アッヴィ銘柄分析 米製薬アッヴィがアラガンを630億ドルで買収!

米製薬アッヴィ(ABBV)がアラガン(AGN)を630億ドルで買収予定というサプライズニュースが昨日は飛び込んできました。 こんにちわ!もみあげ投資家ブログにご来訪頂き誠にありがとうございます。 高配当投資戦略をとっている米国株投資家にとっては非常に人気…

アメリカ水道会社銘柄分析 実は超優良銘柄達!債券としても有用

こんにちわ!もみあげ投資家ブログにご来訪頂き誠にありがとうございます。 今回は公益事業として暴落に強く、米国株投資をするとしたら投資検討する価値があると思われるアメリカ水道会社の銘柄分析を行っていきたいと思います。 *投資は自己責任です。あ…

マイクロソフト(MSFT) & ネスレ(NSRGY) 銘柄分析

こんにちわ!もみあげ投資家ブログにご来訪頂き誠にありがとうございます! 今回はもみあげが新規購入を検討している銘柄のご紹介と理由をお伝えできればと思います。 正直タイミングが全く読めず未だに躊躇してしまっていますが、どこかのタイミングで購入…

ユナイテッドヘルス(UNH) 銘柄分析 アメリカ最大手保険会社

悪代官と水戸黄門の関係に見えたりする?笑 こんにちわ!もみあげ投資家のブログにご来訪頂き誠にありがとうございます! 今回は初めての銘柄分析としてユナイテッドヘルス(UNH)を分析していきたいと思います。 モメンタム分析でもなくファンダメンタル分析…