”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【米国株投資】初心者用セクターリスト付き!一目でわかる特徴・代表銘柄・組入れ方法

バブル・株価上昇でも冷静に!投資家タイプ別おススメ手法

f:id:stepping:20191005025923j:plain

【2019年12月1日更新】

米国市場はバブル・株価上昇局面に入っています。リセッション懸念もありつつも、バブルの様相を呈しているのも事実です。こういった状況においては未来を予想して大きく投資をするのは控えた方がいいかもしれません。

 

素人投資家のもみあげがあらゆる有名投資家や経済評論家でも当たらないものを予想しても仕方がないと思います。2か月前はリセッション懸念が強まっていましたが、現在は下記内容通りGDPも上方修正して景気が上昇しているようにも見えます。

jp.wsj.com

 

投資家は自分の属性を判断して冷静に投資を継続するべきと考えます。投資家タイプは色々あると思います。大雑把に区分けすると、ポジポジ派、コツコツ派、相場師派がいるんじゃないかなと思います。(あくまで個人的な区分けなのでそこはご了承を)

 

その3つの投資家タイプ別に準備という意味でゆるーくこうしてみたらどうだろうというこれまたあくまで個人的な考えでおススメ手法を紹介していきます。内容は特に初心者向けです。

 

では米国株もみあげ投資家の「バブル・株価上昇でも冷静に!投資家タイプ別おススメ手法」をお楽しみください。

 

*超個人的見解のおススメ手法です。ゆるく考えてください。(笑)

*投資判断はあくまで自己責任で

 

 

ポジポジ派

 ポジポジ派とはとにかくポジションを取りたくてしょうがな投資家を指しています。むしろトレードが好きなんだと思います。もしくはトレードをやらないと落ち着かないとも言えるかもしれません。(もみあげもポジポジ派の傾向があると思います。笑)

 

リセッション懸念になるとどうしても米国市場、マーケットの株価が不安定になります。そうなると株価は下落しますよね?

 

ポジポジ派の人は株価が下落するとどういったこと行動をとるかというと、「株価が下落した!割安だ!これはトレードをできる限り投資しないと」とソワソワしちゃうんだと思います。実際にもみあげもそうです。

 

そして一番よくある失敗は、一時的な下落にしかすぎず、その後に更に大きな下落が来た時に「ポジポジしすぎて・・・もう資金が残ってない、買えないよー」ってなる事じゃないでしょうか?

 

そんなポジポジ派におススメ手法は、そんなにポジポジしたいなら単価が安い株を毎日買って落ち着こう!です。(笑)

 

単価が安いというのは株価が安いではありません。株価が安いのは確かにリスクがあるので、大火傷する可能性があります。ただし単価が安いという銘柄ならいくつか紹介できます!

 

【MO】アルトリア 株価$40/株 日本円で4200円/株  毎日1株投資しても13万円/月

【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ 株価$35/株 日本円で3700円/株 毎日でも11万円/月

【T】AT&T 株価 $37/株 日本円で4000円/株 毎日1株投資しても12万円/月

【CMCSA】コムキャスト 株価$44/株  日本円で4700円/株 毎日1株投資しても14万円/月

 

どうでしょうか!上記みたいな株を毎日購入しても、月15万円以内です。しかもこの投資方法の優れた点はドルコスト平均法どころではなく、更に分散されて購入するので、株価のブレを最小限に抑えられる。究極のドルコスト平均法になりえるかもしれないです!

 

日本もアメリカも今までは手数料が高くて上記手法はとれなかったのですが、手数料がほぼ無料に近づいた今なら、この手法でのデメリットはほぼなくなりました。

 

4銘柄とも銘柄分析済みなので、興味を持たれた人はどうぞ!

【MO】アルトリア銘柄分析 フィリップモリスとの再合併可能性報道! - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ銘柄分析 驚異の配当7%! - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

【T】AT&T銘柄分析 配当6%の高配当 安定の通信インフラ銘柄 - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

【CMCSA】コムキャスト銘柄分析 米国での呼び名は「EVIL」 - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

 

 真面目に結構有効じゃないか?と思ってきた。

コツコツ派

 コツコツ派には、ドルコスト平均法を採用しながら、毎月もしくはある一定期間毎に投資額も基本的に同じ金額を積み立てていく投資家を指しています。

 

何に投資するかは人それぞれだと思います。インデックス、ETF、個別、そこは今回問題じゃないので特には語りません。

 

コツコツ派におすすめなのは、リセッション懸念がきたら、普段のコツコツよりも余剰資金を頑張って作ることに集中してみたらどうでしょうか?それは日常生活からです。

 

普段のコツコツ資金はあくまで変更しないで、本当に株価下落局面においてだけ、いつもより大きく投資ができるように準備しておくんです。

 

普段のコツコツ金額は変更ないですし、日常生活から余剰資金を追加するんですから、もし本当の株価下落場面ではないとしても、全く問題ないはずなんです。普段より割安で投資できたんですから、最終的には資産ブーストにつながる気がします。

尚フルインベストメントの人はそのまま・・・・ 

相場師派

相場師派におススメ手法が一番難しいんです。特に長期で投資をやってる方には難しい。相場師の方はテクニカル、ファンダメンタル、モメンタムという状況判断を利用してマーケットの相場を読んで投資する方たちだと思います。

 

相場師派の人たちは、おそらくとても上手な人は今更そんな事を言われなくても、十分対応できるのでしょうし、大きく資産を増やしてるのでリセッション懸念位ではびくともしないかと。

 

ただ相場師派で投資経験が浅かったり、今まで損失が出てしまってる人たちにならこんな考え方はどうでしょうか。

 

今のうちに相場師派ではなく、ポジポジ派かコツコツ派に変更しておくというのは?コツコツ派の方がおススメだとは思います。(笑)

 

リセッション懸念がマーケット全体に広がると、株価の乱高下が激しくなるように思えます。ボラティリティが高くなりがちです。それに相場師としてついていこうとすると必然的に損もでやすくなるのかなと。

 

だったらそのあふれるような知識を生かして、コツコツやりながらある程度確率が高い場面だけ、普段よりも大きく投資したり、資金を引き揚げるなどすればうまくいく気がします。

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?「バブル・株価上昇でも冷静に!投資家タイプ別おススメ手法」を記事にしました。

 

米国市場がバブル・株価上昇でリセッション懸念なんていっても、素人が考えてもわからないしプロだって当たるんだったらそもそもリセッションなんて来ないよねから始まった、緩いおススメ手法の提案でした。

 

正直なところおススメといいながらも、ちょっと考え方を変えてみて程度なので、笑い話程度で読んでいただけたらありがたいです。

 

ただ今回言いたいことは、リセッションが来てから慌てて動いてももう遅いなんです。ましてやリセッションきてから手法を変えたりなんてもっての外だと思います。一番やってはいけないのは「市場から退場すること」だと思います。

 

バブル・株価上昇・リセッションなどに動揺することなく投資家は冷静に投資を継続すること市場から退場しないで確実に資産を増やすことを目指すのが一番なのじゃないかと思います。

 

ではみなさんの米国株投資による幸せな資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

銘柄分析のカテゴリーになります。今回セクター内の代表銘柄として紹介した銘柄もある程度は含まれています。

www.momiage.work

 

もみあげが現在の投資手法に至ることになった一つの大きな実体験です。

www.momiage.work