”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【月間ブログ内人気記事ランキング】記事毎に特徴説明・アクセス・収益も公開 
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

【米国株投資実績】株式益過去最高130万円突破!ハードブレクジットの恐怖

 f:id:stepping:20191020141648j:plain

米国株の週間投資実績において株式益が過去最高の130万円を突破しました!

 

米国株投資の10月第3週の週間実績を報告いたします。投資実績としては 配当込みで+138万円($12,747=含み益$8,763 +配当3,984)  損益率+7.5%です。

 

そんな中でまたもやイギリスがやってくれました。ブレクジット騒動再びです。英議会は19日、ジョンソン首相が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案について、離脱延期の要請を強制する修正案を可決した。

英議会、首相にEU離脱延期要請を強いる修正案を可決 - Bloomberg

 

協定案を採決するんじゃなかったのか?もう何をやってるのか理解不能です。ハードブレクジットの可能性も高まってきました。

 

では米国株投資家もみあげの「米中貿易「第一段階」合意!「究極のドルコスト平均法」スタート 10月第2週投資実績」の記事をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

10月第3週終了時点の実績

f:id:stepping:20191020071451p:plain

10月第3週評価損益

評価額合計 : $171,111

コスト合計 : $162,348

含み益合計 : $8,763

含み益%     :   5.4%

 

10月第2週評価損益

含み益合計 : $6,771

含み益%     :   4.23%

 

先週対比

含み益合計 : $1,992

含み益%     : 1.17%

 

含み益が大きく上昇しました。これはもみあげのポートフォリオで比率が非常に高い【UNH】ユナイテッドヘルスの大きな上昇。そして高配当株の【MO】アルトリア、【ABBV】アッヴィなどが好調なのが要因です。

 

追加投資

【CMCSA】コムキャスト2万5千円 将来期待 究極のドルコストで毎日1株購入

【JNJ】ジョンソンエンドジョンソン15万円 ベビーパウダー問題で大きく下落、決算がよかったので追加投資。

 

ジョンソンエンドジョンソン購入の理由は下記記事で。

【速報】ジョンソンエンドジョンソン株価急落!ベビーパウダーリコール!投資家は売りか? - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-


 究極のドルコスト平均法の考え方はこちらの記事です。

【米国株投資】「悪魔」の銘柄に「究極のドルコスト平均法」で投資します! - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

 

10月第3週状況とブレクジット

10月第3週ヒートマップ 

金融セクターは決算がよかった銘柄は強いですね。通信や一般消費財も強さが見えます。

 

ヘルスケアは【JNJ】好決算でしたが、ベビーパウダー問題再燃で大きく下落、【UNH】ユナイテッドヘルス好決算で大きく上昇、【BA】ボーイングは737MAX事故に虚偽の申告があった疑惑が発生で下落と銘柄で非常に差が出ています。

 

f:id:stepping:20191020072741p:plain

 

10月第2週ヒートマップ 

f:id:stepping:20191012123348p:plain

 


ブレクジット

英国のEU離脱協議が進展か、合意に期待も - WSJ

英議会、首相にEU離脱延期要請を強いる修正案を可決 - Bloomberg

www.momiage.work

 

上記記事にも記載してるのですが、ブレクジットがまたもめそうです。せっかくEUと新協定案でジョンソン首相が合意して、19日イギリス議会に持ち帰った所、その協定案自体を修正するかどうかの採決をすることが決まったそうです。

 

協定案が合意できるかどうかの採決だったはずなのに、協定案自体を修正する必要があるかどうかの採決とは意味がわかりません。ハードブレクジットの可能性も高まってきました。

 

10月第4週ニュース

月曜日は今回のブレクジット騒動のせいで、おそらくポンドが下落、そしてヨーロッパ景気にたいしての不安感が再燃して世界全体で株価が下落する可能性があるんじゃないかと思っています。

 

また米国株は第4週は決算ラッシュです。この景気後退懸念の状況ですから、個別銘柄に投資してる人はしっかり決算をチェックしていきたいですね。

 

 

まとめ 

 いかがでしたか?「【米国株投資実績】株式益過去最高130万円突破!ハードブレクジットの恐怖」お楽しみいただけたでしょうか?

 

米国マーケットは不安な状況ながら徐々に上昇してきています。また決算によって銘柄毎の強弱もはっきりしてきてるのがみえますよね。この不安定な状況だと決算の良しあしによって株価も非常に左右されやすいと思います。

 

個別銘柄投資家は決算はしっかりチェックしたほうがいいですね。またブレクジットがどのようになるか見えない状況ですが、関係ある銘柄を持っている場合はしっかりその銘柄を今後どうするかのストーリーを組み立てておくといいかもしれません。

 

10月第2週のコメントです。備忘録

米中貿易「第一段階」が合意したことによって、しばらく相場は上昇気流にのるかもしれません。但しお伝えした通り課題はまだまだ盛沢山です。上昇気流に乗りすぎて、自分の資金余力を考えずに、大きく投資しすぎないように注意はしたいですね。

 

自分は「究極のドルコスト平均法」を利用して少額を毎日積立てしていき、しばらく資金余力を増やしていく投資戦略をとることにしています。

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

 

 マイクロソフトの銘柄分析記事です。マイクロソフトは今後も安定して株価が成長しそうですね。

www.momiage.work

 

ヘルスケアにおける【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンはアナリストによると史上まれにみる割安でおかれているみたいです。ヘルスケア業界の構造を考えてもJNJは堅いと思うので、一考の価値ありだと考えます。

www.momiage.work