”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【米国株投資】初心者用セクターリスト付き!一目でわかる特徴・代表銘柄・組入れ方法

株価25%下落ユナイテッドヘルスから配当金5000円!追加投資する理由とは?

f:id:stepping:20190927025235j:plain
【UNH】ユナイテッドヘルスから配当金5000円ゲットしました!米国最大手の医療保険会社で現在の配当率は1.92%です。株価に関しては2018年12月の高値$286から現在$214で25%も下落するという不人気銘柄になってしまっています。

 

この株価下落には世界1の300兆円の医療費を誇る米国における政策リスクとオピオイド訴訟問題が大きく絡んでいる為と見ています。不確定要素が大きくマーケットは不確定要素を非常に嫌うための下落ですね。

 

ヘルスケアセクター全体としても上記政策リストとオピオイドで株価は不調になっているともいえると思います。

 

では25%も下落してるなら、損切りしてもいいはずなのに。なぜもみあげはこの銘柄に追加投資しているのか、そして今後はどうするのかというのも含めて今回は記事にしたいと思いました。 

 

では米国株投資家もみあげの「株価25%下落中!【UNH】ユナイテッドヘルスから配当金5000円ゲット!追加投資する理由とは?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

【UNH】ユナイテッドヘルス配当実績

株数:42株

投資額:$9,970

ポートフォリオ比率:6%

配当率 : 1.92%

配当:$1.08/株

配当月 : 3・6・9・12

連続増配 : 9年

配当金合計:約5000円($45)

 *配当金はDripを利用して全て配当金再投資に回しています。

【UNH】ユナイテッドヘルス増配率予想

2011年からの増配率です。何と2015年までは30%の増配を継続、2016年からは20%位の増配を継続してきてるんです。凄い増配率ですよね。

f:id:stepping:20190926132024p:plain

 

2018年は配当は0.75+0.75+0.75+0.90=3.45でした。

2018年のEPSは3.04+3.14+3.41+3.28=12.87でした。

 

それに対して2019年のEPSと配当ですがユナイテッドヘルスが予想通りの決算を達成できれば2019年のEPSは3.73+3.60+3.75(予想)+3.75(予想)=14.83となりEPSは2018年を15%上回ってきます。

 

上記をベースに2019年配当は0.9+1.08+1.08+1.08で合計4.14と予想します。2018年配当3.45と比較して2019年配当4.14ならば20%の増配率になります。

 

ちなみに10年間のリターンをみるとS&Pの倍のリターンをもたらしてくれてるのがユナイテッドヘルスになります。凄い成績だったと思います。

f:id:stepping:20190927010307p:plain

株価下落の原因

 財務は超優秀なのに株価は下落

さてここまで説明した中で、EPSも2018年対比で15%増加予定、増配率も20%と聞けば超優良銘柄という事になると思います。

 

更にキャッシュフローコンバージョン(CCC)「在庫期間+売掛金回収期間−買掛金支払い期間」がP&Gが-36に対して、ユナイテッドヘルスは-56という米国内での凄まじい権力を表す数字もあります。

*お金の回収と支払のバランス、マイナスであればあるほどお金は直回収できるけど、支払いはゆっくりで良くなる。

 

財務的には全く非の打ちどころがないといえる銘柄なんですよ。それなのに株価は下記のようなチャートになってしまっています。高値の$286から$215まで25%も下落するとは流石に予想外でした。

f:id:stepping:20190927011308p:plain

 

原因は大きく2つあります。その原因をご説明しますね。

 


オピオイド訴訟問題

米国ではオピオイド系鎮痛薬の乱用・中毒による死亡者の急増が大きな社会問題となっていて、それによるオピオイド訴訟が発生しています。最大で1600億ドルになる可能性があるとのこと。日本円で17兆円

jp.wsj.com

 

訴訟の争点はこのオピオイド処方箋薬を販売したのはどこに責任があるか?という事。製造業者、流通会社、薬局の3者の誰かです。保険は関係なさそうですよね。

 

実は訴訟が継続して訴訟件数の増加に伴った訴訟額の増加により賠償責任保険の保険金の支払いが大きく増える可能性があるんです。

 

実際にジョンソンエンドジョンソンは昨日オクラホマにおいてオピオイド訴訟で572億の賠償請求を判決されて現在控訴してる最中です。下記記事でも取り上げられているが、本当に先が見えなくて正直どうなるかわからないという所です。

ginzakunhikouhiki.hatenablog.com

 


政策リスク

米国の医療費は世界1の300兆円かかります。この医療費に関しては米国で長年問題になってきています。それに伴って、オバマケアなどの政策があったわけです。

 

来年度の大統領選挙に向けて、民主党はMedicare for all という国民皆医療保険制度を推進しています。既存の民間保険ではなくて国が保険制度を日本みたいに提供するという政策ですね。莫大な費用がかかるので現実的ではなさそうですが。。

 

またトランプ大統領も医療費を問題視していて、薬価価格を引き下げる制度を取り入れようとしています。

 

どちらの政策が実施されても医療業界にとっては打撃になります。もちろん保険会社のユナイテッドヘルスにも大打撃です。

 

しかしこれも政策次第になるので正直どうなるかわからないんです。

 

米国ヘルスケア業界の仕組みを知りたい方は下記記事を是非どうぞ!

www.momiage.work

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?株価25%下落ユナイテッドヘルス配当金5000円!追加投資する理由とは?を記事にしました。

 

正直な所、【UNH】ユナイテッドヘルスは財務は超優秀で儲ける力も絶大です。しかも米国のみの保険会社なので米中貿易摩擦などには全く影響を受けません。

 

しかし逆に米国内のオピオイド訴訟問題や政策リスクに株価が大きく影響を受けてしまいます。またアメリカ人からは「保険会社は保険金を払わないように裏工作するから敵だ!」みたいなイメージもあったりします。

 

マーケットもわからない不確定要素が多いため株価評価が下がっています。

 

今後どうなるかは分からないし、事業環境のリスクは確かに大きいが、もみあげとしては【UNH】ユナイテッドヘルスの財務と経営における成長性を信じてこれからも追加投資を続けていきます。

 

では皆さんの米国株投資による明るい資産運用を願って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

マイクロソフトは増配を発表しました。9%の増配を予想してたのですが、11%の大幅増配です。ホルダーとしては最高に嬉しいですね。関連記事です。

www.momiage.work

 

マクドナルドも増配を発表しました。ホルダーにとっては最高の瞬間ですね。

www.momiage.work