”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株での長期分散投資実録(個別株&ETF)です。2018年9月から投資スタート、40代・米国駐在員。現在投資資産1,400万!10年後に5,000万→20年後に1億を目指しています!投資&金融リテラシー&米国生活&サッカー&ジム&日常の出来事など飾らない自分の言葉でお伝えしていけたらと思います。お金で幸せになりましょう!

フィリップモリス(PM)10%の株価爆上げの理由は? 米国株高配当で人気! 

f:id:stepping:20190719054244j:plain
米国株投資家に高配当で非常に人気があるタバコ銘柄フィリップモリスがQ2決算において好調な業績を発表したことによって、株価が一時10%近く爆上りしました!

 

このまま好調を維持できるのか?他の米国株で高配当人気タバコ銘柄のアルトリア(MO)とブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)も続けるのか?

 

こんにちわ!もみあげ投資家のブログにご来訪頂き誠にありがとうございます!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 

フィリップモリスQ2決算

フィリップモリスの株価上昇は決算内容が非常に良かったためです。EPSとも売り上げとも予想を大きく上回る結果になっていますね。株価は決算の7月18日において約10%近くあがるという爆上げになりました。

 

下記は決算短信における決算内容のニュースです。ニュース内容を確認したら、EPSが15%伸びに修正。更に通常の紙巻きタバコ出荷量は4%近くダウンしているが、加熱式タバコiQOSの出荷量が37%アップという状況になっています。凄い上昇率ですね。

 

加熱式タバコiQOSは従来の紙巻きタバコより利益率が高いのが特徴です。紙巻きたばこが減少したとしても、高収益のiQOSの出荷量が伸びているのは非常に心強いですよね。

finance.yahoo.com

 

 *ツイッターにおいてノミの投資家さんがすぐに情報アップしてくれています。ありがたい限りです。 

 

投資やるならツイッターでの情報は必須かも。

 

フィリップモリス+他タバコ銘柄のEPSと配当性向

全世界的にタバコの出荷量は減少しています。但しタバコ産業は枯れた産業と考えられていて、極端に設備投資が少なくて済み、それもある為に売上減少でも高収益状況を維持して、高配当を継続できています。

 

よって今回は売上よりも今後の配当継続のキーになる10年間のEPS(1株当たり利益)と配当性向を1度確認しておきましょう。

 

EPSと配当性向10年グラフ

フィリップモリス(PM)、アルトリア(MO)、ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)のEPSと配当性向をチェックしておきます。

 

フィリップモリス(PM)

f:id:stepping:20190719045739p:plain

 

アルトリア(MO)

f:id:stepping:20190719050305p:plain

 

ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)

f:id:stepping:20190719050030p:plain

 

3社ともEPSはほぼ横ばいです。配当性向は各社とも80%近くという事で、まだ配当余力はありそうです。

フィリップモリス+他タバコ銘柄の比較

フィリップモリス(PM)、アルトリア(MO)、ブリティッシュアメリカンタバコ共同じアメリカの銘柄ですが、事業内容や特徴が違いますのでそのポイントを押さえておけばいいと思います。

 


フィリップモリス(PM)

アメリカを除いた全世界に展開中。加熱式たばこであるiQOSが主力商品。全世界的に紙巻きたばこの出荷量は減少しているが、高収益の無煙たばこが収益を押し上げてる。FDAの政策には影響を受けない。

配当率 5.6%       EPS5.08  配当性向88%    営業利益 38.3%

 


アルトリア(MO)

米国内でのタバコ販売がメイン。米国の売上がほぼ100%。フィリップモリスと分社化したために、棲み分け。昨年度マリファナ販売のクロノスを買収した。昨年度は電子タバコJUULの35%の株式取得。アメリカ国内の紙巻きたばこ出荷量減少に伴って、マリファナ電子タバコで巻き返しを図る。現在FDAによって電子タバコの承認プロセスが実施中。

配当率  6.5%      EPS3.68 配当性向71%    営業利益 37.4%

 


ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)

全世界でタバコ販売を展開。但しアメリカ国内はメンソールタバコが主力。電子タバコのグローを販売。但しiQOSに少し押されている。2018年度アメリカにおいてFDAのメンソールタバコ規制により株価大幅ダウン。またイギリスの会社の為に、ブレクジットの影響を受けやすい。

配当率  7.3%      EPS2.63 配当性向77%    営業利益 38.5%

 


 

上記が3社の特徴になります。各社それぞれ特徴がありますが、事業内容や主力商品を考えていくと、現在ですとフィリップモリスが配当性向は高いですが、EPSが最も高く将来性も高いと考えられそうですね。

 

もみ上げは3社ともホルダーです。(笑)

 

まとめ

今回の分析でフィリップモリスの好決算でEPSが上昇した事の意味がとても大きい事も分かったと思います。稼ぐ力EPSが上がる事は、タバコ銘柄に最重要なんです。それもあって、アルトリアもブリティッシュアメリカンタバコも株価が上昇しています。

 

日本株だとJTなども高配当で有名なタバコ銘柄になります。但し高配当にはそれなりに理由があって、売り上げ増加による成長度があまり見込めず、収益性を改善していき、株主に配当を還元しているのが高配当銘柄だと考えられます。

 

よって高配当銘柄の宿命として、株価が上昇しない・もしくは含み損を抱え続ける可能性が高いです。

 

今回のように米国株の高配当銘柄の代表格であるフィリップモリスが決算が好調で株価が上昇するというのは株主であるホルダーにとっても素直に歓迎したいですね。

 

タバコ嫌いでもタバコ株で恩恵受けるのはあり。笑

 

アルトリアもブリティッシュアメリカンタバコも是非今回のフィリップモリスの好決算に続いて、株価上昇と高配当は継続していって欲しいと願っています。

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

<関連記事>

ヘルスケア全体をビジュアル的に理解しやすくセクター分析を行った記事になります。ヘルスケアは政策リスクもありますが、長期投資家には非常に人気ですね。

www.momiage.work

 

債券としての運用も可能。更に超優良銘柄がそろってるアメリカ水道会社の銘柄分析です。現在高値ですが、下がった時に狙ってもいいかなと検討中です。

www.momiage.work

 

景気に関してはアメリカ鉄道会社の銘柄をウォッチしておくと物流の先行指標に当たると思うので価値があると思います。アメリカ鉄道会社の銘柄分析記事です。

www.momiage.work

 

↓読み終わりにポチっと!むっちゃ嬉しいっす!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング