”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株での長期分散投資実録(個別株&ETF)です。2018年9月から投資スタート、40代・米国駐在員。現在投資資産1,400万!10年後に5,000万→20年後に1億を目指しています!投資&金融リテラシー&米国生活&サッカー&ジム&日常の出来事など飾らない自分の言葉でお伝えしていけたらと思います。お金で幸せになりましょう!

アメリカ鉄道会社 アメリカ物流事情 銘柄分析

f:id:stepping:20190420033350p:plain

鉄道ってロマンがありますよねー。

 

こんにちわ!

 

もみあげ投資家ブログにご来訪頂き誠にありがとうございます。

 

ツイッター上のやり取りでUNP&CSX&NSC

 

国鉄道会社の決算が少し話題になっていました。

 

今回は米国物流事情と絡めて、その3社がどのような

 

ビジネス展開しているか、政治事情もお伝えしながら

 

分析していきたいと思います。

 

 *投資は自己責任です。あくまで参考にでお願いします。

 

 

国鉄道銘柄は米国の景況の先行指標ともいえる!

 

だからこそ景気が安定すれば、それと連動して株価も配当も

 

力強く上昇するポテンシャルがあります。

 

UNP&CSX&NSCのもみあげ的サマリー

 

f:id:stepping:20190420033600p:plain

 

 

3社の5年間の数字的分析

 


 

UNP(ユニオンパシフィック)

f:id:stepping:20190420032926p:plain

予想PER : 19.62

配当率     : 1.99%

連続増配 :  12年

直近2019Q1決算

EPS $1.93 予想 +$0.06
売上 $5.38B (-1.8% Y/Y) 予想 -$130M
営業係数 63.6% (前年64.6%)

 

①売上・純利益・粗利率

f:id:stepping:20190420015224p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上 23,988 21,813 19,941 21,240 22,832
純利益 5,180 4,772 4,233 10,712 5,966
粗利率 40.3% 41.2% 41.5% 42.4% 41.8%

 

②営業CF・フリーCF・CF Margin

f:id:stepping:20190420015322p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 7,385 7,344 7,525 7,230 8,686
フリーCF 3,039 2,694 4,020 3,992 5,249
営業CF Margin 36.5% 36.9% 36.5% 38.0% 37.3%

 

③EPS・配当・配当性向

f:id:stepping:20190420015406p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 5.75 5.49 5.07 13.36 7.91
配当 1.91 2.2 2.26 2.48 3.06
配当性向 33.2% 40.1% 44.6% 18.6% 38.7%

 

④株価チャート

f:id:stepping:20190420034631p:plain

*StockCharts

 


 

CSX (CSX Corporation)

f:id:stepping:20190420032909p:plain

予想PER : 18.09

配当率     : 1.22%

連続増配 :  12年

直近Q1 決算

EPS $1.02 予想 +$0.11
売上 $3.01B (+4.5% Y/Y) 予想 +$10M
営業係数 59.5% (前年同期63.7%)

 

①売上・純利益・粗利率

f:id:stepping:20190420015607p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上 12,669 11,811 11,069 11,408 12,250
純利益 1,927 1,968 1,714 5,471 3,309
粗利率 28.5% 30.3% 30.6% 33.1% 39.0%

 

②営業CF・フリーCF・CF Margin

f:id:stepping:20190420015657p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 3,343 3,370 3,041 3,472 4,641
フリーCF 894 808 643 1,432 2,896
営業CF Margin 28.5% 30.3% 30.6% 33.1% 39.0%

 

③EPS・配当・配当性向

f:id:stepping:20190420015746p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 1.83 2 1.81 5.99 3.84
配当 0.63 0.7 0.72 0.78 0.88
配当性向 34.4% 35.0% 39.8% 13.0% 22.9%

 

④株価チャート

f:id:stepping:20190420034759p:plain

 


 

NSC(ノーフォーク・サザン

f:id:stepping:20190420032845p:plain

予想PER : 18.99

配当率     : 1.73%

連続増配 :  16年?(少しソースが怪しいです。)

直近Q1決算 (4月24日)

 

 

①売上・純利益・粗利率

f:id:stepping:20190420020051p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上 11,624 10,511 9,888 10,511 11,458
純利益 2,000 1,556 1,668 5,404 2,666
粗利率 34.8% 32.3% 35.5% 37.7% 37.1%

 

②営業CF・フリーCF・CF Margin

f:id:stepping:20190420020242p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 2,852 2,877 3,034 3,253 3,726
フリーCF 734 492 1,147 1,530 1,775
営業CF Margin 30.8% 27.3% 30.9% 34.2% 34.6%

 

③EPS・配当・配当性向

f:id:stepping:20190420020326p:plain

項目 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 6.39 5.1 5.62 18.61 9.51
配当 2.22 2.36 2.36 2.44 3.04
配当性向 34.7% 46.3% 42.0% 13.1% 32.0%

 

④株価チャート

f:id:stepping:20190420034855p:plain

 


 

3社の数字的分析の要約

・2017年は税制措置の効果で大きく収益向上

 

・2014年~2015年にかけて港湾ストライキ

あったにも関わらずキャッシュフローはその後伸びた。

 

・配当率は低いが、3社とも配当性向が低くまだまだ

増配の余力を残している。

 

→十分銘柄として魅力があると感じました。

 

事実もう1社の鉄道会社強豪であるBNSFはあのバフェットの

 

バークシャーハサウェイ傘下、NSCの株も所有していたが

 

BFSF買収の為に独占禁止法で売却した、またUNPも以前

 

保有していました。

 

この事からも企業的価値が高い事がわかると思います。

 

では何故これほど安定した収益が見込めるかを

 

様々な観点から分析したいと思います。

 

 

米国の鉄道事情

 

まず米国の鉄道事情からお話します。

 

米国においては日本の新幹線のような長距離鉄道はありません。

 

自分がわかる範囲だと

 

NY・ボストン・サンフランシスコ・ロス・シカゴ・アトランタ

 

などの大都市で環状線やメトロが走ってるだけです。

 

 

UNP&CSX&NSCは乗客ではなく貨物専用鉄道です。

 

それも超長距離を走る鉄道です。

 

 

貨物鉄道の鉄道網と移動距離

 

下のマップが米国の物流に関わる4大鉄道会社の鉄道網になります。

 

f:id:stepping:20190419034526p:plain

 *OOCL HPから

 

西海岸からシカゴまではUNP(UPRR) もしくはBNSF

東海岸からシカゴまではCSX もしくはNSC(NSRR) 

 

といったように、棲み分けされています。

 

シカゴは全米の物流のメインハブで、あらゆる鉄道会社がシカゴを起点

 

もしくは終点としています。

 

またシカゴは米国内の航空機離発着で2018年度に取扱1位になっています。

 

物流・流通の米国内における要の都市なんです。

 

どれくらいの距離を鉄道は走ってるの?

 

f:id:stepping:20190419080222p:plain

 

 Los AngelesからChicago まで約2,200マイル(3,500KM)!!

北海道の北端から鹿児島の南端まですっぽり入りますね。

 

貨物鉄道で約7日、車で5~6日かかります。

 

 

貨物鉄道の価格は高いの安いの?

 

後ほど料金設定に関しては詳しくお話しますが、トラック配送よりは

 

遥かに安いです。超長距離なのでトラックよりは安くなるのは分かると

 

思うのですが、大体トラックの値段が鉄道の5倍になります。

 

物流コストを考えると優先的に鉄道を利用する選択になります。

 

 

鉄道の安全性と物流品質

 

<安全性>

 

正直安全性はあまりよくありません。物流網としては頼るしかないのですが

 

時速30-40キロで走り、また途中止まる場合などがあります。

 

その際冗談のような話ですが、貨物を開けられて盗まれた。

 

といったことも起こります。

 

余談ですが、貨物鉄道の踏切で止まった場合、

 

シカゴみたいな都市でも30分から1時間程

 

待たされることもあります。それ位のんびりした鉄道なんです。

 


 

<物流品質>

 

物流品質に関しても、SeatleやTacomaといった東海岸の北側

(カナダバンクーバーの下あたり)

 

は冬季になると、ウィンターストームで必ずと言っていいほど遅れます。

 

ウィンターストームが来るとどのような事が起こるか?

 

ビデオ形式で出てるのでよかったら見てみてください。

 

player.vimeo.com

 

更に米国のピークシーズン9月辺りから

 

ブラックフライデーに向けて物量が急激に増える時期などは

 

貨物量が多すぎて鉄道がスケジュールから1週間以上

 

遅れることは頻繁にあります。

 

Los Angeles 辺りからの鉄道網は山火事でも遅れます。

 

今回は大規模な水害もありましたね。そちらで遅れたりもします。

 

アメリカは天災が思った以上に多いです。

 

要するにそもそも遅れることが前提でサービスが提供されていると

 

考えれると思ってください。

 

そして鉄道料金の中にこのような天災などでのリカバリー費用は

 

ある程度コストにあらかじめ盛り込まれてると思います。

 

アメリカは事故・品質不備は起こって当然と考える国です。

 

よって必要とされる保険料やリカバリー費用は一般的に

 

盛り込まれています。

 

*分野は違いますが、WalmartやHome depoなどレシートさえ

持っていけば、何か商品で気に入らないことがあれば直ぐに無償で

交換してくれます。

 

小話)

やっちゃいけませんが、私は携帯のバッテリーを水漏れで

台無しにして何食わぬ顔で交換してほしいといったら、

交換してもらえた経験もあります。笑

 

 

寡占的ビジネス展開

 

3社とも独自の物流網を持っていることは理解できたと思います。

 

ビジネスには2種類あるのですが、

 


 

①内国貨物輸送

 

いわゆる国内の貨物を循環させる輸送。アメリカ国内で生産した製品を

 

配送するサービスです。

 


 

②外国貨物輸送

 

アメリカ外で生産した輸入貨物を港からアメリカ国内に配送する。

 

・もしくはアメリカ国内で生産した貨物をアメリカ国外に輸出するために

 

港まで配送する。

 


 

①はある特定の大手国内輸送業者と契約しているために、一般の企業は

 

料金を取る事すらできません。

 

②は船会社(NYK&MOL&K-lineが合併した邦船のONEや

Maersk といった外資の船)

 

と鉄道会社が契約してるために、

 

鉄道料金だけを交渉することは基本できません。

 

これは鉄道会社が圧倒的に米国内の物流では料金決定権を

 

握っています。また3社&BNSFで競合することもありません。

 

ある程度の予定調和で料金が決められています。

 

 

貨物の種類

 

多種多様な貨物の種類がありますが、一般的に貨物列車は安全性が

 

高くない=貨物の温度の変化が激しい、揺れが多い。

 

貨物の温度は調整できる装置があるのですが、基本輸送するのは

 

工業製品・化学薬品・自動車関連の部品・素材系・農産物などです。

 

半導体や精密機械などは基本輸送しません。(多分壊れる)

 

例)自動車の貨物車両

実際に鉄道ヤードに入って撮影したのですが、

貨物車の中に仕切りがあり、自動車を上段と下段に積み込み

輸送することができます。

f:id:stepping:20190420035559j:plain

f:id:stepping:20190420035649j:plain

 

 

鉄道会社の労働者達

 

鉄道会社で働く労働者はUnion という労働組合で賃金や労働条件が

 

強固に守られています。よって労働賃金のコストカットは難しい

 

世界だと考えてください。

 

 

政治情勢からの影響

 

例えば2014年5月から2015年2月末末に

 

西海岸の港においてストライキが発生しました。

 

これはオバマ政権時代に関しては、政治が外向きもあり、

 

長引きました。最終的にオバマさんが強制介入しています。

 

トランプ政権ではこの後ストライキは一切起こっていません。

 

ストライキが起こる、物流配送が止まる、国内の消費が落ち込む

 

米国企業の売り上げが下がる。

 

当然株価を気にするトランプ政権がそのような事を起こさせるとは

 

思えません。

 

事実2018年に労使交渉が行われましたが、ストライキ発生せず。

 

2020年もトランプ政権であればストライキは発生しないと

 

思われます。

 

 

景気による影響

 

米国内の景気はダイレクトに影響します。

 

米国の景気が落ち込めば運送する貨物量が減少するので業績も落ちます。

 

逆に景気が良くなればその分だけ業績は上がっていきます。

 

景気に非常に敏感な銘柄達になります。

 

特に消費動向や製造業関係と株価チャートが連動しやすいです。

 

    WMT(ウォールマート5年チャート)       3M(5年チャート)

f:id:stepping:20190420040024p:plainf:id:stepping:20190420040207p:plain

UNP(5年チャート)                                     CSX(5年チャート)

f:id:stepping:20190420034631p:plainf:id:stepping:20190420034759p:plain

 

上記チャートを見ても、先ほどの2014年5月から2015年2月に

 

発生したストライキで最初は大きく影響を受けていませんでしたが

 

1日20億ドルともいえる経済損失から、2015年2月終了後大きく

 

影響を受けて、小売り・製造業・鉄道が連動して株価が下落してます。

 

米国の景気が一時停滞した時期だといえると思えます。

 

 

まとめ

 

いかがでったでしょうか?

 

今回は可能な限り米国物流事情・政治上から

 

鉄道3社(UNP&CSX&NSC)の銘柄分析を行ってみました。

 

鉄道銘柄のもみあげ的サマリー

f:id:stepping:20190420033600p:plain

 

ポイント 鉄道銘柄は米国内の景気指標としてみれる
ポイント 景気・政策に大きく左右される。
ポイント 寡占ビジネスの為、業績向上のポテンシャルは高い。
 
現状の米国の経済状況が続くなら、十分投資銘柄として
 
魅力的だと思います。(配当低いのでもみあげは買わないけど。笑)
 
リセッションが来たとしても米国経済の回復として
 
直ぐに株価が大きく戻るともいえます。
 
この分析が皆さんの少しでもの投資分析にお役に立てればと
 
思います。
 
Keep your finger's crossed!
 
 *投資は自己責任です。あくまで参考にでお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 ↑ 応援のクリックありがとうございます。(^^)

ブロトピ:今日の投資・マネー情報

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

ブロトピ:ブログ宣伝用トピック ブロトピ:ブログ更新