”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株2021年マーケット展望・もみあげの米国株投資戦略

f:id:stepping:20210110073452j:plain

 

米国株2021年の投資戦略編です。新年の初週間は各指数とも大きな上昇を達成しています。一度その状況をみてから投資戦略を考えて行きたかったので、このタイミングにアップしたのもあります。既に1週間で10%位の上昇を取った投資家もいるんじゃないでしょうか。(僕は18%でした。)

 

そんな状況の中で米国株の2021年のマーケットの展望、重要な指標、自分の投資戦略、そしてリスクヘッジに関してお話ししていきたいと思います。

 

米国株投資家もみあげの「米国株2021年マーケット展望・もみあげの米国株投資戦略」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

2021年投資戦略

概要

 2021年も基本的には株価は上昇すると考えています。昨年ほどの急激な上昇は望めないと思いますが、相変わらずの財政支援と金融支援の両輪が噛み合ってる状況です。となると相対的に紙幣価値が低くなり株高の傾向になるのは仕方ないかと。

 

コロナ状況は今年の前半まで続くと思いますので、それ以降は急激に実態経済の回復がブーストされていき、財政支援・金融支援を抑える可能性も十分考えられます。

 

その辺りの潮目の変化を見逃さないようにしていきたいですね。特に僕が重要視しているのがFOMCです。とにかくFRBがどのような動きをするかが2021年は特に重要だと感がています。

 

僕はFOMCを1つのマイルストーンにしながら、そこまでに自分の資産をどのように投資していくかを簡単に方向付けしようと考えています。

 


5テーマ

 

EC・EV・クリエネ・AI・セキュリティーなどです。これらの銘柄を主軸にしながらも金利上昇のヘッジをしながら、総資産を確実に増やしていく戦略を考えています。

 

またトレンドの変化も激しいと思うので四半期ごとに次のトレンドは何かを都度検討していく事も忘れずに行っていきたいと思います。

2021年指標の考え方

 

注意したい項目

・金利変動(インフレ率と実質金利に注視)

→特に1月21日正式にバイデン大統領になった際の追加経済政策と増税が金利にどのような影響を及ぼすかを注視(但し増税は時期を見てだと思うので、そのスケジュール面により注視)

 

・雇用回復と実質金利変動による政策金利の変動・バランスシートの縮小

→FRBのForwardingに注視 

 

・1月21日のバイデン大統領正式就任後の各種政策内容

米中関係・インフラ政策・増税政策など

 

・為替状況(基本的に円高路線が続く状況なら、株高は継続と想定して動く)

→米国だけでは決まらないが、為替状況の大きな変動時には原因も確認する

 

・ビットインとゴールドの動き

→資産流動性など資産の動きと考えて、短期的なマーケットの状況把握に利用する

 

・先物関係

→原油価格は経済の下支えの目安として(化石燃料事業とクリーンエネルギー事業の綱引きの目安にも成り得るので、その点も考慮にいれる)

 

・需給相場の継続を注視

→雇用・インフレ率などが急激に正常化した場合、現在の需給相場から政策や機関投資家の動きに大きく左右されるマーケットになる可能性も考慮しておく(出来高の変動も常にチェック)

 

・PERなどのバリュエーション相場への変化も注視

→雇用・インフレ率などの正常化に伴って、バリュエーション相場への変化の可能性も視野に入れておく。→ハイテク関係で特に成長性が高い大型株をポートフォリオのコアに据えておく。(アップル・マイクロソフト・アマゾン)

 

・中国景気

→中国の経済状況も米国には大きな影響を与えるので、特に銅の変化はチェック。

 

・EVと自動車市場状況

→テスラ・NIOにも関わっているために半導体の動き、そして半導体の素材になる銅の動きも注視。テスラは特に現在の株式市場の好不調にも関わってると思われるので、株価の動きも要注目

 

・半導体

→半導体価格の変化はマイクロソフトやアップルの独自チップ開発の影響を受けるかも注視。それによっては今後のトレンドの変化も考慮する。

 

 ・新興国

→ドル安(新興国通貨高)、商品相場(原油・銅)の上昇などにより新興国株高の可能性。経済が好調の時に上がる傾向あり。

 

2021年投資戦略

マイポートフォリオ

 

現在保有銘柄20銘柄

ハイテク(GAFAM)

アップル・マイクロソフト

EV&水素)

テスラ・NIO・PLUG

クリーンエネ)

ENPH・LIT

ヘルスケア)

UNH・TDOC

生活必需品)

PG

EC)

MELI・SE・SQ

ネットワーク)

FSLY・APPS

セキュリティー+AI)

SAIL

自動車+AI)

CRNC

 

ETF)

ARKK・ARKG・LIT・HERO・SCHB(VTI)

 


各テーマの戦略

 

ハイテク・EC・生活必需品・自動車AIは自分の中では固い分野だと思っています。これらは基本的にチャンスがあれば買い増しの路線でいきます。特にCRNC・SQ・SEには積極的に買い増しします。

 

クリーンエネはトレンドもあると思うので、トレンドがしぼむまでは乗り続けると思いますが、無理はしないと思います。よって個別とETFで勝負していきます。

 

ネットワーク系はボラティリティも考慮して、これらはスイング予定

 

これ以外には金利上昇を考慮して、タイミングをみてFASとXを投資して短期的にヘッジをしながらこちらも利確をして現金も増やしていく方向性です。

 

EVと水素は部分利確をしつつ、上昇目線には追加投資で総資産を増やすことに利用していく予定です。 

リスクヘッジに関して

正直な所あらゆる金融資産はリスクヘッジにならないと思っています。ゴールド・ビットコイン・シルバー・債券なども今の状況だと株式市場が落ちたら一緒に連れ安する可能性が高いと思っています。

 

これほどまでに市場に一気にお金が流れ込んでる状況のヘッジは、ガチホ正義(インデックスや一部銘柄を除く)・利確は手数料の無駄とは考え方を変えています。経済状況が安定して・金利も安定してから考え方を変えればいいんです。

 

オプションでヘッジをかける方法もあるのですが、まだ自分が実施できてなくてご紹介できないのがすみません。

 

よって僕の考え方は現金化をしつつ、守りも固めながら成長株に投資していくのが最大のリスクヘッジだと思っています。国債への投資などは金利がある程度の水準(例えば2%を超える辺りから)を超えてからリスクヘッジとして加えていきたいと考えています。  

 

まとめ 

では「米国株2021年マーケット展望・もみあげの米国株投資戦略」をまとめていきますね!

 

僕のざっくりとした投資戦略を今回は簡単にまとめてみました。基本は株価は上目線という前提条件に成り立っていますが、もちろん財政と金融支援の状況が変化したら戦略は随時見直していくと思います。

 

そして先週の急上昇も考慮するとある程度守りながら(利確・損切などの現金化)特にダブルバガー・テンバガーなどを夢見てしまいますが、それよりは資産をとにかく増やすことを主眼において、投資を実施していきたいと思っています。

 

こういった考えにいたった去年のいきさつです。前編と後編です。是非読んでみてください。

www.momiage.work

www.momiage.work

 

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。