”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

月間ブログ人気ランキング もみあげ″イチオシ”記事も紹介!
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

【MCD】マクドナルド株価4%下落!ウエンディーズ朝食全米展開とApprente買収報道

f:id:stepping:20190911020636j:plain

【MCD】マクドナルド株価が本日ウエンディーズ(Wendy's) の朝食メニュー全米展開報道とApprente買収報道で一時4%近く下落しました。

 

今回はこの二つの報道の詳細とマクドナルド4%下落に関してもみあげの投資判断をまとめています。

 

ではもみあげ米国株投資家の「【MCD】マクドナルドが一時4%下落!ウエンディズ朝食全米展開とApprente買収報道 」

 

*投資判断はあくまで自己責任で

【MCD】マクドナルド

【MCD】マクドナルド

株価 : 209.68(前日215.43)

予想PER : 27.09

配当率    : 2.14%

連続増配 : 42年

創業1940年・アメリカ合衆国 イリノイ州オークブルック

シカゴが本拠地ですね。創業者レイクロックとマクドナルド兄弟によって、全世界にハンバーガーファーストチェーン店として一気に展開。マクドナルド帝国とも言われる。

 

詳しい分析は是非こちらをマクドナルドを詳細に分析してる記事です。

www.momiage.work

 

 

ウエンディーズ朝食全米展開

 ウエンディーズが2020年から朝食メニューを全米中でスタートさせるという事です。但しこれによって、ウエンディーズは10%近く株価が下落しています。

www.cnn.com

 

これによって、マクドナルド含めて米国外食企業各社の株価は大きく下落。朝食メニューの売上が各社にとって非常に重要で、Taco Bell の前社長のBraian Niccolさんはこの朝食メニューの導入で成功してチポトーレでも朝食メニューを加えてる位です。

Starbucks (SBUX 91.26, -2.90, -3.1%), Dunkin Donuts (DNKN 77.76, -2.53, -3.1%) and even Taco Bell (YUM 114.41, -3.40, -2.9%) boosting their breakfast offering. In fact, breakfast success is a big reason why former Taco Bell CEO Brian Niccol got the top job at Chipotle (CMG) in 2018, which is also looking to add breakfast now.

 *Briefing.com

ウエンディーズは現在朝食メニューを300店舗で行っていますが、これを全米の約7000店舗において全て展開するという事です。これによって20000人の従業員を追加で雇用することになるそうです。このコストと更に2020年まで時間がかかる事が、株価を大きく下げた原因ですね。

 

ちなみにアメリカにおける店舗数はスタバが14600、マクドナルドが14000店舗です

www.msn.com

 

ではマクドナルドやがウエンディーズの朝食メニューによって、大きな売上減になるのでしょうか?もみあげはそこまで悲観していません。元々マクドナルドはこのような競争を予想しているはずですし、その対策も立ててきてるはずです。

 

確かに多少の売上への影響は発生するとは思いますが、ウエンディーズ7000店舗vsマクドナルド14000店舗の比率で売り上げが落ち込むなどは絶対にありえないと考えます。

【MCD】マクドナルドApprente買収

上記ウエンディーズの朝食メニューの全米展開の報道があったからこそ余計に今回のApprente買収報道が重要になってきますね。

 

もみあげ的には今回の買収は凄くポジティブです。というのはこれによって更にマクドナルドのハイテクが強化 されると思えるし、買収金額自体も大きくはならない、よって財務的な負担はほとんどないと予想するからです。

 

元々マクドナルドは330億円でのダイナミックイールド買収から始まり、更にハイテク分野を強化することを表明していました。直近のマクドナルドの好調を支えるのは、ハイテクの融合であることは間違いありません。

www.bloomberg.co.jp

 

マクドナルドにとってハイテク化を進めるのは必須事項です。なぜならばドライブスルーでの売上が米国におけるマクドナルドの70%以上の売上を占め、ドライブスルーの売上向上が米国マクドナルドにおける業績に直結するからです。

 

特に朝食においてキーになるのはもちろんクォリティもですが、スピードも非常に重要です。音声認識システムによってのマニュアル化(人員削減)、スピード化を実現する為にもこの買収は重要ですよね。

 

音声認識ドライブスルーのテストを繰り返してきていました。この技術が成功すれば、他国への展開も容易になります。(例えば中国とか)

jp.wsj.com

 

 今回の買収によって、Apprenteのco-founder Itamar ArelはシリコンバレーのマクドナルドテックラボのVice presidentになるそうです。Apprente自体が約5億円のベンチャー企業なので、買収にプレミアがのっても、大きな金額にはならずに財務負担にならなさそうですよね。

techcrunch.com

 

まとめ

全米で7000店舗近くの店舗数を誇るウエンディーズが朝食メニューを全米展開する報道を受けて、外食産業各社の株価が軒並み下落しました。それと同時にマクドナルドはApparent買収も発表しています。

 

これによってマクドナルドは株価が一時4%近く下落したように思えます。ではもみあげはどうするのか?

 

朝食メニューに関しては外食産業各社が米国においてはしのぎを削っています。但しマクドナルドは米国以外も大きな売り上げを占めています。

 

更に今回のApparente買収によってドライブスルーの自動音声対応などが進めば、雇用人数を削減できて、コストの負担も減らすことが出来ると考えます。また米国外の売上も更に伸ばすことができます。

 

今回の2つの報道を受けてもみあげはむしろマクドナルドを割安で購入できるチャンスだと思っています。

 

 

*投資判断はあくまで自己責任で

I'm Lovin' It!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

むしろ今回の報道でダメージが大きいのはスターバックスの様な気がします。直近で通年売り上げの予想を下方修正し、米国の直営店化を進めていた状況だったので。分析記事です。

www.momiage.work

 

スタバは今日で5%近く下落しましたね。直近の売上予想の下方修正をチンギスハンさんがまとめてらっしゃいます。是非記事読んで見てね。

www.tingisuhan.com