”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
トランプ大統領支持率急低下!米国株投資家はどうするべき?
米国人が選ぶ米国ETF TOP10! ベストは何だ?データベースあり

米国株大歓喜!GAFAが決算予想をクリア!マーケット心理を変えるか?

f:id:stepping:20200731063708j:plain
米国株は本日オープン時は下落しました。。ダウ-0.85% ナス+0.43% SP500-0.38% ラッセル-0.37% 自分-0.8%。最初は全ての指数が下落したのですが、途中からナスダックがプラスに転じています。

 

そしてナスダックがプラスに転じたことが示唆したかのようにGAFAがアフターの決算で4社とも予想を上回ってアフターで噴き上げています。(昨日のGAFA公聴会はこれに対しての楔だったかとも思ってしまいます。)米国株のハイテクは本当に強いですね。。しみじみ感じます。

 

オープン時はトランプ大統領が選挙を先延ばししたいと発言したり(もちろん大統領にその権限はありません)、薬価の引き下げをすると発言したり、マーケット心理を冷やしましたが、アフターで逆転現象が発生しています。

 

では米国株投資家もみあげの「米国株大歓喜!GAFAが決算予想をクリア!マーケット心理を変えるか?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数が▲1.08%

・大豆油指数が▲1.79%

・原油価格41.29→40.16ドル/バレル(一時38.77まで下落)

・ゴールド1969→1954 *過去最高値は2011年9月の1920

一時1939まで下落。利確が入ったのが原因と思われます。

・10年債0.580→0.541

・VIX指数▲5.27%→+4.11%(一時28.29まで最終的には25.09まで下落)

 

オープン時のリスクオフへのふれ方は酷かったです。そして徐々にクローズ近くになってきて、正常な状況に戻った形ですね。オープン時は一斉に売りが入ったと思われます。マーケットの不安感を象徴するような形でした。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

 

 

4日前の出来高 

 10日平均 70,613,748 vs 1日73,666,365

3日前の出来高 

 10日平均 72,235,371 vs 1日45,526,198

2日前の出来高 

 10日平均 66,764,919 vs 1日56,813,999

1日前の出来高 

 10日平均 63,148,722 vs 1日48,083,358

本日の出来高

10日平均 59,274,486vs 1日61,396,528

 

SPYの出来高が急激に上昇しています。実は今日が直近の底だったのではないか?という疑惑さえ浮かんでくるような急激な出来高上昇になっています。 

 


QQQ出来高

 

4日前の出来高 

 10日平均 47,176,190 vs 1日53,982,363(VOO2,849,538)

3日前の出来高 

 10日平均 49,293,114 vs 1日35,809,082(VOO2,215,779)

2日前の出来高 

 10日平均 46,526,879 vs 1日30,896,800(VOO2,215,779)

1日前の出来高 

10日平均 42,434,067 vs 1日27,276,414(VOO2,363,235)

本日の出来高

 10日平均 39,737,369 vs 1日40,957,293(VOO2,936,070)

 

QQQもVOOも出来高急上昇です。SPYの出来高も考えると一気に資金が戻ってきた感じはします。朝一にマーケットを冷やして一度ショートを焼いてから、一気に株価を上昇気流に乗せたいと言った思惑があったのかと勘ぐってしまいますね。

 

GAFA決算で大歓喜(スーパーポジティブ)

時間外で遂に米国株投資家が不安と期待で待ち望んでいたGAFAの決算が発表されました。なんとGAFA4社とも決算予想をビートしています!

【FB】Facebook

Q2 EPS $1.80 vs. $1.39 Est.

Q2 Revs. $18.69B vs. $17.40B Est.

-- MONTHLY ACTIVE USERS: 2.70B (EXP 2.63B)

-- DAILY ACTIVE USERS: 1.79B (EXP 1.74B)

EPS・売上とも大きく予想を上回ってきました。

月間アクティブユーザーも上昇、デイリーアクティブユーザーも上昇。400社以上の広告停止もありましたが、ベースの強さを見せつけた形になります。

これによって、時間外は7%近くの爆上げです!


【AMZN】Amazon

Q2 EPS $10.30 vs. $1.46 Est.

Q2 Revs. $88.91B vs. $81.56B Est

特にESPの上昇が凄まじい事になっています。コロナウィルス対策でコスト増になると前回の決算では報告していましたが、コスト増になってもそれ以上の利益を稼ぎだす力があるという事です。時間外は6%近くの爆上げ!

 

*但しクラウドビジネスの成長が気になる人は後ほど決算におけるAWSの成長率はしっかり確認した方がいいと思います。

 


【GOOGL】Google

Q2 EPS $10.13 vs. $8.21 Est

Q2 Revs. $38.30B vs. $37.37B Est

EPS・売上とも予想を上回ってきました。ただグーグルは今後の方針がまだ定まっていないのかガイダンスが弱めに設定されたこともあり、時間外は1%弱の上昇にとどまっています。

 


【AAPL】Apple

*APPLE 3Q EPS $2.58, EST. $2.07
*APPLE 3Q REV. $59.69B, EST. $52.30B

*APPLE 3Q IPHONE REVENUE $26.42B, EST. $21.31B

 EPS・売上ともこちらも上回ってきました。Iphoneの出荷台数も予想を上回っています。そして株式が4分の1に分割されることも同時に発表されています。現在株価が400ドル近いので100ドル程度で投資家は投資できるという事ですね。

時間外はこちらも5%近くの爆上げ!になります。

 

経済指標

 

 経済指標としては2点あって、どちらも非常に良くない数字でした。ただこの指標ですが、冷静に見ていくと思ったほどではないかもしれません。GDPと新規失業保険申請件数になります。

 

GDP

GDPの下げ率としては4半期で考えると過去5番目の酷さだという事です。2000年代としは史上最低レベルですね。というと逆によくぞこれだけ経済を復調の方向にもってきてるとも見えます。このような指標がでてくると今の米国だと財政政策とFRBの金融政策が更に強化されるんですよね。。。

 

f:id:stepping:20200731061936p:plain


新規失業者保険申請件数

 

新規失業保険申請件数(07/19 - 07/25)21:30
結果 143.4万件
予想 144.5万件 前回 141.6万件(前週比)

アメリカ経済指標【新規失業保険申請件数】 - 2020年07月30日21:40|為替ニュース|みんかぶFX

US Initial Jobless Claims Jul 25: 1434K (est 1445K; prevR 1422K; prev 1416K)
US Continuing Claims Jul 18: 17018K (est 16200K; prevR 16151K; prev 16197K)

→上記の継続保険申請件数が非常にネガティブに働いたと思います。予想より100マン人以上も継続してる状況である事がマーケットの心理を不安にさせました。

 

*そしておそらくこの数字があったせいで、本日上院において週間200ドルの失業保険手当が否決されています。この人数だと200ドルじゃ足りないという判断にいたったのではないでしょうか?

 

コロナ感染状況 

米国コロナ死者数推移

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。

 

やはりコロナ死者数は増加傾向にあるのは間違いなさそうです。2週間前が953人増でしたが、本日は1457人増です。この傾向が続くなら死者数が右肩上がりになってしまうので、死者数の動向は必ずチェックしていきたいですね。

 

7月15日136,397人(前日対比861人増)

7月16日137,419人(前日対比953人増)

7月17日138,358人(前日対比939人増)

7月18日139,266人(前日対比908人増)

7月19日140,119人(前日対比853人増)     

7月20日140,534人(前日対比415人増)

7月21日140,906人(前日対比372人増)

7月22日142,066人(前日対比1160人増)

7月23日143,190人(前日対比1124人増)

7月24日144,242人(前日対比1052人増)

7月25日145,546人(前日対比1304人増)

7月26日146,460人(前日対比914人増)

7月27日146,935人(前日対比475人増)

7月28日148,011人(前日対比1076人増)

7月29日149,256人(前日対比1245人増)

7月30日150,713人(前日対比1457人増)

f:id:stepping:20200731050244p:plain



https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

まとめ 

では「米国株大歓喜!GAFAが決算予想をクリア!マーケット心理を変えるか?」をまとめていきますね!

 

改めて感じますけど、マイクロソフト含めてGAFAMはこのコロナ暴落の状況においてもしっかり結果を残してくるあたり、米国株の恐ろしさを感じました。

 

もちろんこれからも複雑な状況には変わりませんし、アフターで噴き上げても翌日は下落してる事も多々あるので、油断はできません。

 

 

ただ先週から続いた今回の不安な状況において、しっかりGAFAMをホールドできた投資家には心からお祝いしたいと思います。ひとまずおめでとうございます!

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせて読みたい!みたい!>

米国株投資家も米国民も待望の追加経済対策がここまで時間がかかってしまったのは、下記ブログに纏めてる内容になります。よかったら状況を再度確認してみてください。

www.momiage.work

 

トレーディングビューは登録するだけの無料コンテンツが非常に使いやすいです。チャートでのMACD、ボリューム、RSIでチャート分析。またセクターでのトレンド分析で非常に使いやすいので、是非とも活用してみてください。