”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

バブルの崩壊は二番底の序章か!?米国株市場は何をみてる?

f:id:stepping:20200502065748j:plain

今日で2日連続の下落となりました。米国株がバブルの状態にある事は何度か別記事でお伝えしてきたのですが、雲行きが怪しくなってきています。

 

もし現状が本当にバブルなら崩壊する時は一気に暴落するリスクを含んでる事は皆さんも想像できると思います。二番底だってあり得ます。

 

2日連続で下落した理由はいくつかの要素が関係してると思われるので、その要素をまとめつつ、では今後どう考えればいいかのヒントをお伝えできればと考えています。

 

色々注目点はあると思いますが、トランプ大統領の支持率低下からの米中関係悪化懸念による実態経済と株価の更なる乖離が一番のポイントだと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「バブルの崩壊は二番底の序章か!?米国株市場は何をみてる?」をお楽しみください。

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

バブル状態

 

4月29日において特に注目点がありました。それは株価が循環してる事が明らかにわかった点です。今まで徹底的に売られてきて出遅れをしていた、航空・レジャー・ホテル・不動産関係に資金が集中していたんです。

米国株が本格的にバブル相場か!?米GDPはリセッション入り - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-


4月30日に久しぶりの下落となりました。

米国株最強か!?4月株価上昇率が1987年以来の最高記録を達成! - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

この時はバブルからちょっと調整程度かなといった感じでいた。4月30日4月のS&P 500は第二次世界大戦以来3番目に大きな月間上昇率を記録し、12.7%の急上昇となりました。また、1ヶ月間の上昇幅としては1987年以来最大となっていたからです。


そして本日5月1日、本当に久しぶりの2日連続の下落です。下落理由はいくつかあると考えられるためにその点を整理していきます。

 

大きく潮目が変わってしまった可能性がある事象もあるので、注意深く見守る必要があります。

 

暴落の序章か?

下落理由はいくつかの要素が絡み合っていると考えています。以下3点の中では特に米中関係の悪化が大きな理由になってると想像しています。

 

中国に関税を発動するといった経済状況をまたもやおかしくする発言をトランプ大統領が行ってるからです。今の状況でそれをやられたら本当に経済は死にますね。


決算

一つは大型ハイテク株の決算が少し不透明だった事です。

 

特にアマゾンとアップルですね。アマゾンは今回の決算は悪くはなかったと思うのですが、コロナ対策として現状の利益をコストに利用するというガイダンスを出しています。4月~6月期は赤字になる可能性も生じています。

 

アップルに関しては4月~6月期はガイダンスを出すことが難しい状況になっています。それほど先が読めないと考えてもいいかと。


イレギュラー

次にこれまたアマゾンとテスラーなんですが、アマゾンが不正行為に関して議会から招集がかかってしまっています。これでアマゾンは更に下落しています。7%近く下落しています。

アマゾンCEOに米下院委が証言要求 PB商品巡るWSJ報道受け - WSJ

 

そしてテスラーですが、CEOのイーロンマスクがツイッターにて「テスラの株価高すぎるよ」といった発言をして急落しています。10%近く下落しました。


米中貿易関係の悪化

トランプ大統領の支持率が非常に苦戦しています。経済対策は迅速に行ったが、民主党からはそもそもトランプ大統領の初動のまずさをやり玉に挙げられている状況なんです。

新型コロナ:米、コロナで中国に報復論 トランプ氏「関税上げも」 (写真=ロイター) :日本経済新聞

そのせいか、トランプ政権は矛先を中国に向けて仮想敵国の中国と経済戦争をまたもや吹っ掛ける可能性が懸念されています。

 

・中国が初期対応を誤った結果、新型コロナウイルスが世界に拡散したとして、同国に報復措置を検討している→初動のまずさを中国のせいにしてるという事です。

・トランプ政権がいくつかの工作機械を輸入禁止に動いてるとの事。

 

 

まとめ 

では「バブルの崩壊は二番底の序章か!?米国株市場は何をみてる?」をまとめていきますね!

 

今後の動向は自分の予想では、トランプ大統領の支持率低下からの米中関係悪化懸念による実態経済と株価の更なる乖離が最も注目点だと思っています。

 

正直自分は二番底は来ても来なくても構わない派でした。どちらにしても米国株に投資は続けていくつもりなので、それは米国経済の右肩上がりの成長を信じているからです。

 

ただ今の米国株の株価と実態経済の乖離をみていると、実態経済は既に半分死んでるような状況において、株価だけ上がっても誰が得すんの?としか思わなくなっています。ここから二番底が来ても何も心は痛まないと思います。

 

本日ギリアドのレムデシビルのFDAからの緊急承認がありましたが、マーケットの反応は冷ややかでした。来週月曜日も下落したら3日連続の下落です。そうなってくるといよいよ本格的な下落の可能性があります。

 

もしかしたらここからは実態経済が株価に本当に追いつけるか?そこしか見ない可能性がありますね。来週は雇用統計もあります。注意深く投資を継続していきたいと思います。

 

では皆さんの米国株投資による長期的な資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

見通しとは違っていましたが、もし本日の下落がきっかけで二番底が来てしまったら、動画通りとなってしまいます。どちらに転んでもしっかり対応できる投資を心がけていきたいですね。