”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株の週間展望】新局面の可能性!雇用統計

f:id:stepping:20210601064746j:plain

 

先週は先々週のリバランス後に、機関投資家の資金流出も落ち着いて、個人投資家がマーケットを動かしてるような状況になっていました。

 

AMCなどがとんでもない上昇を記録していました。大型は毎日リバランスのローテーションが行われていたような気がします。6月の新しい局面に準備したような終わり方が印象的でした。そんな中で今週の展望をまとめて行きたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株の週間展望】新しい局面の可能性!雇用統計」をお楽しみください! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

先週の各指数

f:id:stepping:20210531151404p:plain

今週の指数状況をみて少し驚く人もいるかもしれないです。ナスダックとラッセルが最も調子が良かった結果になりました。理由としてはオールド関係が少しアンダーバリューになり、今までアンダーバリューだったナスダックやラッセルに少し資金が流れたからだと想定されます。


また5月最終週は出来高も低く、機関投資家の動きが盛んじゃ無かったです。個人投資家の勢いも強くそれもあって、今まで下落していた銘柄達がショートカバーも併用しながら資金が集まって急上昇したからだと考えられます。

 

逆に特にアップルが調子が悪かったのが最も大きくナスダックのウエイトを占める銘柄には機関投資家の資金が入ってない、ポジション削減の影響だとも考えられそうです。

 

先週の各指標

f:id:stepping:20210531151418p:plain
参考までに各指標をまとめておきました。コモディティ関係が全て上昇している事は見逃したくないポイントだと思います。

 

米国市場状況(5月28日まで)

5月28日までヒートマップ

 

セクターで注目したいのが、新興国が大きく上昇している事です。これはコモディティ関係が上昇している事も関係していると思います。

 

逆にエネルギーはあまり上昇していないです。このギャップをどう考えるか、先物の上昇によって今週から上昇に転じるのか、逆に下落に転じるのか注目していいかもしれないです。

 

一般消費財は価格転嫁が可能な面でバリュエーション的に魅力が増してると判断されてる可能性があります。足元のコストインフレ懸念からコストを価格転嫁しやすいtoCの企業が買われたと判断できそうです。

 

資本財は個人消費支出価格指数(PCE)発表で上昇した側面もありそうです。ただその後は調整もされていました。

総括していくと、様々な思惑が動いて準備されたのが先週だと思います。個人投資家の動きも大きくショートカバーで大きく上がった銘柄も多かったので、見失いそうですけど、セクターを見ていくと理由は見えてくる感じがします。

f:id:stepping:20210531152213p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec&st=w1

 


先週

f:id:stepping:20210524061950p:plain

今週の重要イベント

 今週の経済指標は超重要だと思います。
日本時間)
6月1日火 23時 ISM製造業景気指数 05月
6月3日木 23時 ISM非製造業景気指数 05月
https://www.ismworld.org/supply-management-news-and-reports/reports/ism-report-on-business/


6月4日金 21時半 雇用統計
https://www.bls.gov/ces/

 

雇用統計次第では、緩和継続かそうではないかの議論、そしてコストインフレが本格的経済成長を鈍化させているかそうではないかが、ある程度判断される可能性があるからです。

 

マーケットがそれを実際に恐れて慎重ならいいのですが、指数も最高値を更新してる状況なので、リスクもある状況だとも思います。

 

まとめ 

では「【米国株の週間展望】新しい局面の可能性!雇用統計」をまとめていきますね!

 

先週の状況を見ると、資金の流れなどを見ても決して強い状況というよりは単に鬼のいぬまになんとやらであった可能性も懸念してしまいます。とはいえ過度に恐れすぎるのも必要はないと思うのですが、今週の経済指標は直近で最も大切な指標になる可能性もあります。

 

ちょっと周りを見てみるとまた米国株最強やS&P500は積み立て貯金といった言葉も目立ってきています。こういう時は危険な兆候でもあるので、リスク管理をしっかりとしていきたいところです。

 

 

先週のコメントです。備忘録

月曜日から投資家にとっては肝を冷やす場面が出てきそうです。仮想通貨がこれだけ週末に暴落してどのような影響を与えるか。(恐らく時間外は株価は下がるかと。)(後おわかりだと思うのですが、テスラやアーク系は今は避けた方が賢明そうです。特にテスラはショートも溜まってないので、急上昇するのが難しそうです)

 

更に今週も需給相場になりそうです。オールドがこのままリバランスされるのか、もしくはまたハイテクが下げられるのか、こればっかりは機関投資家の動き次第で嫁いないので、決め打ちはまだやめた方がいい気がします。あくまで慎重にだと思います。

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版!既に重版も決定で10月17日発売!今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】