”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株のIPO・SPACブームはバブルか?SPACを知ろう!

f:id:stepping:20201213074334j:plain

 先週は特にIPOラッシュになったと思う。上場して直ぐに株価が初期設定の2-3倍まで上昇するのが続いて、企業も投機家も大儲けできたのが先週だった気がする。

 

元々IPOバブルの可能性は警鐘されてきたんだけど、これほどまでにIPOに資金が集まるようになったのはSPACの存在が非常に大きいと言える。そのSPACを今回は簡単に説明していきたいと思うよ。

 

AIに投資して直ぐに逃げたもみあげですよろしくね!

 

絶対についていけない!怖すぎると思ってるモアです。(笑) 

 

では米国株投資家もみあげとモアの「米国株のIPO・SPACブームはバブルか?SPACを知ろう!」をお楽しみください!

 

 

SPACとは?

SPACとは

 

英語のSpecial Purpose Acquisition Companyの略。特別買収目的会社。自らは事業を営んでおらず、未公開会社や他社の事業を買収することのみを目的として株式を公開する企業。

 

買収先を見つけると、その会社と合併する。事業を営む買収先が存続会社となって、上場会社となる。2年程度で買収先を見つけられなければ、投資家に資金を返す仕組みになっていることが多い。投資家はSPACの運営者の目利きを信頼して投資する。

 


SPACの仕組み

 

SPACが上場を目指す企業を買収する。SPACマネージャーの目利きを信じて投資家は投資することになる。上場後はSPACは基本的に表に出てこない。

 

 

◆メリット◆  

・価格の不確実性が排除

・短期間で上場

・通常のIPOと比較して膨大な資料などを企業が準備する必要がなく、企業側も積極的に利用。

・投資家のオプトアウトが可能で、提案されたターゲット会社に対する株主投票をめぐり、株式を償還できる上、利子を受け取れるということだ。→現在は反対投票なしにオプトアウトが可能。

 

需要が高い状況なら、企業・SPAC・投資家のすべてにとってwin-win-winの状況になる。(現在のような状況ですね。)

 

 

◆デメリット◆  

・低金利で資金が集まりやすい状況なので、SPAC側も企業側も上場を焦っているとは思うので、今の株価が適正値になる事は難しい状況。

・SPAC側が上場した場合に株式の20%位は取得するので、その分株価は引き上げられる。投資家が投資した場合には通常のIPOより更に割高で投資することになる。

 

通常のIPOより高値になりやすいって事かー。更に状況を味方につけれるっていう部分が今年のSPACのブームを助長してるって事ね。

 

SPAC件数の推移

 SPACのIPO件数の推移

f:id:stepping:20201213062144p:plain

リーマンショック前も60件近くのSPCA利用があったのか、そして2019年からまた急増してる!2020年なんて凄い事になっている。

 

この件数の増加から1999年のテックバブルにも似てるって言われる位だしね。そういわれても仕方がないような過熱感は確かにあるよ。

 


SPACの2019年・2020年比較

f:id:stepping:20201212073742p:plain

SPACの件数は2019年と比較するとなんと3倍近くの件数になっているんだよ。更に金額としては5倍近くになっている。IPOバブルだといわれるのはこういったデータからだよね。

 

直近のIPO結果

 

◆IPO3社データ◆  

・シースリーエーアイ【AI】  AIアプリケーションのソフトウェア開発

公募 $42 →初日高値 $115、2日目に40%近く上昇($131)

・ドアダッシュ【DASH】 アプリを利用した食事宅配サービス

公募$102→初日高値 $195

評価額の650憶ドル

 

・エアビーアンドビー【ABNB】 民泊プラットフォーム

公募 $56 and $60→初日高値 $165

評価額の970億ドルは全米のホテル企業の市場価格とほぼ同額

 

どの企業も2倍近くになってるー!!っていうかAIなんて3倍以上。これは公募時点で投資していた投資家や企業にとってはとんでもない資金効率を達成した事なんだな。。。

 

そして今年のIPO企業で特徴的なのは、ある程度株価が安定した後はその後公募を実施するっていう事だね。そういった意味でロックアップが終わった後や公募が終わった後に本当の意味で長期投資を狙うのも有効だと思う。

 

*ロックアップ:株式等の募集や売出しを実施した後の需給関係を安定させることを目的として、発行者や大株主等と主幹事証券会社との間で、その後一定期間にわたり原則として株式等の新規発行や売却を行わないことについて合意することをいいます。

 

ロブロックス【RBLX】IPO延期

 直近のIPOの過熱感の中でロブロックスの動きは凄く象徴的だなと思ったので、紹介しておくね。僕は逆にロブロックスは今後期待してもいいんじゃないかって思ってしまった。

 

Robloxは今後のIPOを来年まで延期することを決定。理由としては会社の関係者は、今週DoorDash $DASHとAirbnb $ABNBの動きをみて適切な価格になるのがあまりにも困難と判断したという事です。

 

◆Roblox◆  

カリフォルニア州サンマテオで今年初めに約40億ドルと評価された

Roblox社は無料のオンラインプラットフォームを運営しており、同社が提供するツールを使って自社のプレイヤーが何百万ものゲームを作成している。Robuxと呼ばれるユーザーに仮想通貨を販売し、仮想ペットやアバターの外見をカスタマイズするためのアクセサリーなどのゲーム内特典を購入することで収益を上げている。パンデミックの影響でオンラインゲームの需要が急増しているため、同社は恩恵を受けている。

 

なるほどー。逆にこういった慎重な動きを見せる企業もあるのか。確かに企業として今の株価の適正値を保とうとするとこの熱狂的な動きについていかなくてはいけなくなるリスクも出て来るもんなー。

 

参考資料

 

www.wsj.com

 

www.nikkei.com

 

jp.wsj.com

 

jp.wsj.com

 

www.barrons.com

 

 

IPOバブルか?

 うん。はっきり言うとバブルなんだと思う。でもね。バブルだから投資するかしないかは別物だと考えてる。今の株式市場って財政・金融支援が歴史上類を見ないレベル、さらに低金利が継続、個人はお金の行き場を探していて、機関投資家の資金力を凌駕するほどの勢いを持ってる。

 

特にその流れがIPOに対して顕著で、実際にIPO後も一部銘柄には安定した資金が集まっているのが現状。バブルと言い切る事も可能なんだけど、あくまでも短期目線でそれを活用する投資手法は効率が悪いとは思えない。

 

SPACも確かにバブルなんだろうけど、今回の状況を見てると今後も効率的に活用されそうな流れに見えるしなー。。バブルって吐き捨てるのは簡単だし。要は状況を理解して投資判断をしなきゃなんだよなー。。

 

もちろんこれらのIPO銘柄に投資する人は、出口を考えて投資した方がいいとは思うよ。どういったストーリーが発生したらアウトするとか。僕は初日で上手く利益をだせたからさっさとアウトしちゃったしね。そういった個人個人の判断が非常に重要だと思うよ。

 

まとめ

 「米国株のIPO・SPACブームはバブルか?SPACを知ろう!」をまとめていきますね!

 

 ってかもみあげさん!IPOにまで投資したんですか!あれだけ短期は苦手だっていってたのに!よくやる気になったなー。

 

これさ、良く皆に聞かれるんだけど、やらないとわからないし、自分で実践してみないと説得力ないでしょ。特にブログできちんと記事を書こうと思ったら。だからAIで投資してみたんだよ。もちろん基本は中・長期だよ。ただ短期でサクッと抜けるやり方も今は学ぶ機会だと思ってるよ。

 

例えばドアダッシュでサーキットブレーカーが発生して、それが原因で株式市場全体が下がったとかそんな話もある位、需給の動きをみるなら重要だしね。

 

なるほど、、、もみあげさん相変わらず貪欲だなー。IPO・SPACバブルだとは思うけど、自分で実施して雰囲気を感じるのが一番の理解に繋がるもんなー。皆さんも色んな思惑があると思うけど、無理と無茶はしないで!気を付けてくださいねー。

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

応援ポチっとモアの笑顔満開です💛↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【モアイメージソング】

www.youtube.com

  

<書籍出版>

10月17日発売です!単行本・Kindle版両方あるので、是非とも読んでみてね!楽天でもあるよー!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。