”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株はダウ上昇も調整継続!政治・経済・コロナ不安が重しに

f:id:stepping:20201212065200j:plain

米国株はダウ上昇も調整継続!ダウ+0.16% ナス-0.23% SP500-0.13% ラッセル-0.57% もみ-0.6%となっています。総じていうと政治・経済・コロナ不安が少し株価の重しになってるイメージはあります。

 

2日前ダウ-0.36% ナス-1.94% SP500-0.8% ラッセル-0.82%

1日前ダウ-0.23% ナス+0.54% SP500-0.13% ラッセル+1.08%

本日  ダウ+0.16% ナス-0.23% SP500-0.13% ラッセル-0.57% 

3日間で見るとナスダックが最も弱かったといえそうです。ナスダックが弱いのはやはりGAFAMが弱いからといえそうです。テスラもそれなりに売られていますしね。

 

結局下落してから全指数が軟調になって、今週を終えたと言えそうです。指数関係を見ていると政治・経済への先行き不安も影響してる気がしています。

 

米国株投資家もみあげの「米国株はダウ上昇も調整継続!政治・経済・コロナ不安が重しに」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数▲0.09%(161.39→161.25)

・大豆油指数+0.55%(38.08→38.27)

・原油価格46.84→46.61ドル/バレル

・ゴールド1835→1839(+0.19%)

・10年債0.913→0.890(▲2.82%)▲2.5bp(1bp=0.01%)

→2年債も8月7日以来の低水準

・実質金利 2日前▲0.42→1日前▲0.44

→実質金利が相変わらず低い水準です。

*長期実質金利平均。長期実質金利平均:長期実質金利平均は、残存期間が 10 年以上のすべての発行済み TIPS の買値実質利回りの非加重平均であり、長期実質金利の代理として使用することを意図している。

・VIX指数+1.12% (22.52)→+3.86% (23.38)

・HYG+0.18% →▲0.09% (炭鉱のカナリアとして、目安として▲1%が発生したら警戒です。)

 

先物全体が軟調でした。半導体も下落しています。ゴールド・ビットコも下落なので今日はこの程度であれば、御の字といった所じゃないでしょうか。

 

特に深刻だと思うのが、金利ですね。ワクチン承認もほぼ間違いない中で金利が今度は上昇していません。トランプ政権も議会を12月24日にクローズする予定を報じていますし。財政支援が一旦遠のいたのが影響が大きそうです。VIXは少し上昇して楽観ムードが和らぎつつあります。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 58,783,987 vs 1日 42,608,266

3日前の出来高

 10日平均 56,637,225 vs 1日 38,337,770

2日前の出来高

 10日平均 54,560,050 vs 1日 71,051,245

1日前の出来高

 10日平均 55,728,294 vs 1日 55,205,235

本日の出来高

 10日平均 56,968,740 vs 1日 57,155,790

 

SPYの出来高はほぼ変わらずです。今日は指数関係の出来高が大きかった日だと言えそうです。個別株への資金流入が一旦落ち着いて、指数全体への売買が寧ろ入った可能性も考慮できそうです。(押し目もそれなりに拾われてるかも)

 


QQQ出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 23,904,931 vs 1日18,453,975(VOO 1,904,149 )

3日前の出来高

 10日平均 23,399,297 vs 1日17,102,166(VOO 1,865,751 )

2日前の出来高

 10日平均 22,545,885 vs 1日49,171,266(VOO 2,526,873)

1日前の出来高

 10日平均 24,978,136 vs 1日27,380,174(VOO 2,730,248)

本日の出来高

 10日平均 25,397,408 vs 1日26,556,489(VOO 2,382,943)

 

QQQの出来高もVOOの出来高もそれほど変わらないです。指数関係は今日の動きを象徴するように穏やかなんですよね。需給が極端に悪化したというより過熱感があった銘柄が調整されたとみていいかと思います。

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター

 

今日はオールドというよりは、資本財・生活必需品・公益など一部セクターが強かったです。またSaas関係・クリーエネルギーも強かったですね。DISはDIS+の契約者増加で爆上げです。

 

下落セクター

ハイテク全般・金融・エネルギーが弱いという結果になりました。資本財も一部大きく下落しています。傾向を見ていくと、全体的に平たく調整されたように見えても来ます。またテスラ・EV関係は少し売りが先行していますね。

f:id:stepping:20201212062215p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: 10日平均95,583,942 vs 本日86,026,269 (1日前77,922,091)

パフォ(本日▲0.67% 1日前+1.19%)

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

→出来高は1日前より上昇です。売りが先行していますね。とはいえ特に大きな動きでは無かった気がします。

 

AMZN:10日平均 3,310,476 vs 本日 3,052,861(1日前2,966,215)

(本日+0.48% 1日前▲0.11% )

機関投資家比率 本日57% 1日前57%

→出来高は1日前とほぼ同じです。ただ本日は買いフローの方が多かったでしょうか。テスラがマイナスになっているので、その分アマゾンも買いやすくなったともみえます。

 

TSLA: 10日平均 51,962,501 vs 本日45,518,840 (1日前65,714,123)

パフォ(本日▲2.72% 1日前+3.74%)

機関投資家比率  本日40% 1日前40%

→出来高は1日前より30%減少です。全体的に強い動きが発生しなかったのは今日のこの出来高の低さも影響してそうです。やはりテスラの出来高の全体への影響は大きそうです。

 

コロナ状況(深刻)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移(1週間平均)

1週間の傾向なので簡単には傾向は変わらないと思います。1週間平均はどんどん増加しています。21万人です。

f:id:stepping:20201212063936p:plain

 


米国コロナ死者数推移

 

11月27日1189人増 vs 本日2768人増です。死者数は増加です。2週間傾向だと少し増加傾向が緩やかになったかもしれません。

 

11月21日254,413人(前日対比1858人増)

11月22日255,899人(前日対比1486人増)

11月23日256,782人(前日対比883人増)

11月24日257,701人(前日対比919人増)

11月25日259,925人(前日対比2224人増)

11月26日262,266人(前日対比2341人増)

11月27日263,455人(前日対比1189人増)

11月28日264,859人(前日対比1404人増)

11月29日266,063人(前日対比1204人増)

11月30日266,873人(前日対比810人増)

12月1日268,045人(前日対比1172人増)

12月2日270,642人(前日対比2597人増)

12月3日273,446人(前日対比2804人増) 

12月4日276,325人(前日対比2879人増) 

12月5日278,932人(前日対比2607人増) 

12月6日281,186人(前日対比2254人増) 

12月7日282,299人(前日対比1113人増) 

12月8日283,703人(前日対比1404人増) 

12月9日286,249人(前日対比2546人増) 

12月10日289,373人(前日対比3124人増) 

12月11日292,141人(前日対比2768人増) 

 

1週間平均グラフ

f:id:stepping:20201212064041p:plain

https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

 

まとめ 

では「米国株はダウ上昇も調整継続!政治・経済・コロナ不安が重しに」をまとめていきますね!

 

ワクチン承認もほぼ確定しそうな中で、それでも政治的な未確定、経済の上昇力の衰え、そしてコロナ感染拡大の深刻さ、そんな重しが今日はマーケット全体に影響したように感じます。金利の下落幅をみるとこの程度で済んでよかったんじゃないかって思う位です。

 

要は相変わらず需給はそれなりにあると考えてもいいかと、但し銘柄によっては軟調になりそうな銘柄(EV関係・中国関係など)も存在するので来週はそれに注意ですね。

 

来週はまたイベント盛り沢山です。来週の展望で別途まとめますが、しっかり備えていきたいですね。1週間お疲れ様です。

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。