”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株はNY学校閉鎖で下落!ワクチンはポジティブニュースも

f:id:stepping:20201119064729j:plain

米国株はプラスからのマイナスへ!ダウ-1.16% ナス-0.82% SP500-1.16% ラッセル-1.26% もみ+0.6%となっています。NY学校閉鎖報道が無ければプラスになりそうだったのですが、そのヘッドラインで一気にマイナスに転換です。

 

現在相変わらず機関投資家の大きな買いは入ってないと思います。GAFAMに資金が入らずインデックス系の出来高が非常に低いのが特徴です。その代わり個人は積極的に資金を動かしています。

 

つまり1つのヘッドラインでマーケットが一変してしまうんです。今日のヘッドラインの反応が非常に分かりやすかったです。ZM(ズーム)などは一時マイナス2%近くから一気にプラス4%まで上昇するという極端さです。

 

ではそんな米国株市場をまとめていきます。

 

米国株投資家もみあげの「米国株はNY学校閉鎖で下落!ワクチンはポジティブニュースも」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

注目トピック

 

1.ファイザーワクチンの高い治験効果(PFE+0.78%, BNTX+4.04%)

PFIZER社とバイオテック社、フェーズ3試験の最終的な有効性解析においてCOVID-19 VACCINEは95%の有効性を示したと発表

*Pfizer社、BioNTech社のCovid-19ワクチンは6,000人の第3相臨床試験の被験者で良好な忍容性を示したが、完全な分析は保留中であると各社が発表

*Pfizer社とBioNTech社、2回目の投与から2ヶ月後の19,000人の第3相臨床試験被験者の安全性データを解析中

→12月にはデータに関しての公開討論会を検討しているという事です。モデルナに強烈な対抗意識を燃やしてますね。 (MRNA▲4.56%)

 

2.ボーイング復活か?(BA▲3.21%)

ボーイング社の737 MAXが米国連邦航空局から飛行再開の承認を得ました。

AALは乗客が不安がるなら即時採用はやめておく(AAL+0.31%)

UALは2021年上半期から採用予定(UAL+1.11%)

といった内容になっています。

ボーイングは上記報道でアナリスト判断は上ですが、NYヘッドラインで下落です。

 

3.NYが学校を一時的に閉鎖することが発表されました。2020年中は閉鎖という事です。

 

この1.2はポジティブながらも3をみたらわかるように、コロナ被害の深刻化のヘッドラインで全指数下落しています。ズームなどは逆にマイナスからプラス圏に転換していました。

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数+0.78%(154.52→155.78)

・大豆油指数+2.53%(37.48→38.45)

・原油価格41.63→41.84ドル/バレル

・ゴールド1881→1870(▲0.61%)

・10年債0.870→0.870(0.00%)▲0.0bp(1bp=0.01%)

10年債は動きなしになりました。

・VIX指数+1.11% (22.72)→+4.98% (23.84)

・HYG+0.12%→▲0.19% (炭鉱のカナリアとして、目安として▲1%が発生したら警戒です。)

 

先物関係は堅調ですが、逆にVIX指数やHYGは下落しています。今日のNYの件を先物は織り込んでいくのか、それとも下落基調になるのかこの点が明日のマーケット状況を決める気がします。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 105,933,182 vs 1日 53,927,429

3日前の出来高

 10日平均 96,840,743 vs 1日 62,117,253

2日前の出来高

 10日平均 91,091,818 vs 1日 66,730,103

1日前の出来高

 10日平均 89,939,102 vs 1日 60,057,773

本日の出来高

 10日平均 87,220,783 vs 1日 59,713,569

 

SPYの出来高は殆ど変わっていません。指数はGAFAMに買いが入らないと動かないですね。機関・大口は相変わらず資金は多くはいれてないと推測できます。

 


QQQ出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 55,318,079 vs 1日 33,234,551 (VOO2,482,892)

3日前の出来高

 10日平均 54,445,131 vs 1日 24,559,170 (VOO1,977,558)

2日前の出来高

 10日平均 50,339,600 vs 1日28,174,625 (VOO2,980,324)

1日前の出来高

 10日平均 49,357,695 vs 1日21,463,273 (VOO2,907,230)

本日の出来高

 10日平均 47,181,627 vs 1日26,691,940 (VOO2,578,097)

 

QQQは出来高が20%近く上昇。こちらはショートがメインだと思われますVOOは逆に減少です。個人投資家としては指数よりは個別のモメンタム銘柄に群がってると思われます。

 

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター

 

上昇セクターは限られています。テスラは+10%、ズームはNYの件で+3%などモメンタムが意識された銘柄が上昇しています。しかし引け間際には利確が大量に入るなど、短期筋が非常に多く、方向性は相変わらず定まりません。

 

下落セクター

ほぼ全ゼクターといったところでしょうか。NYの件で一気に全セクターがマイナスに沈みました。個人・短期筋が多いので、1つのヘッドラインで急激に転換します。

f:id:stepping:20201119061425p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: 10日平均113,440,739 vs 本日73,696,810 (1日前72,507,007)

パフォ(本日▲1.14% 1日前▲0.78%)

機関投資家比率 本日58% 1日前59%

→出来高は1日前より微増です。少しプラスに行きかけましたが、こちらも急激なマイナスの転換に巻き込まれて出来高も増えてしまっています。

 

AMZN:10日平均 5,081,115 vs 本日2,869,927(1日前3,332,822)

(本日▲0.97% 1日前+0.15%)

機関投資家比率 本日57% 1日前64%

→出来高は1日前より減少です。更に機関投資家比率が減少しています。これは判断しずらいです。機関投資家はアマゾンからも資金を逃がしてる現象といえそうです。

 

 

TSLA: 10日平均 29,253,633 vs 本日76,958,228 (1日前60,812,972 )

パフォ(本日+10.16% 1日前+8.21%)

機関投資家比率  本日40% 1日前41%

→出来高は1日前の1.2倍です。昨日利益確定売りが入りましたが、今日はそれを無視して上昇しました。但し相変わらず短期の利益確定売りも非常に多い状況になっています。

 

コロナ状況(深刻)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移(1週間平均)

新規感染者数推移が1週間平均の表示に変わりました。1週間の傾向なので簡単には傾向は変わらないと思います。1週間平均が現在は15.7万人です。

 

f:id:stepping:20201119032703p:plain

 


米国コロナ死者数推移

 

11月5日1102人増 vs 本日1467人増です。死者数は2週間前を上回っています。相変わらず死者数の増加は継続しています。

 

10月31日229,708人(前日対比1040人増)

11月1日230,556人(前日対比848人増)

11月2日230,996人(前日対比440人増)

11月3日231,551人(前日対比555人増)

11月4日232,627人(前日対比1076人増)

11月5日233,729人(前日対比1102人増)

11月6日234,937人(前日対比1208人増)

11月7日236,099人(前日対比1162人増)

11月8日237,113人(前日対比1014人増)

11月9日237,572人(前日対比459人増)

11月10日238,251人(前日対比679人増)

11月11日239,683人(前日対比1432人増)

11月12日241,800人(前日対比2117人増)

11月13日242,430人(前日対比630人増)

11月14日244,345人(前日対比1915人増)

11月15日245,600人(前日対比1255人増)

11月16日246,214人(前日対比614人増)

11月17日247,220人(前日対比1006人増)

11月18日248,687人(前日対比1467人増)

 

1週間平均グラフ

f:id:stepping:20201119034512p:plain



https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

 

まとめ 

では「米国株はNY学校閉鎖で下落!ワクチンはポジティブニュースも」をまとめていきますね!

 

恐らく3月からのコロナ暴落からなんでも株価が上がる状況に投資家が慣れてしまっている。憧れてしまってる現状があるんでしょう。短期筋がとにかく多く、モメンタム的に上昇する銘柄に直ぐ群がって利確して去っていく現状が見えます。

 

こういう時は安定的に上昇してる銘柄にドッシリ腰を据えてガチャガチャポジションをいじらずに、じっくりと投資した方が賢明だと今日の動きを見てても強く感じました。もしくは短期と長期を完全に分けた方が良さそうですね。 

 

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。