”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
トランプ大統領支持率急低下!米国株投資家はどうするべき?
米国人が選ぶ米国ETF TOP10! ベストは何だ?データベースあり

【米国株】ハイテクグロースは盤石か!?潜在市場をチェックしよう!

f:id:stepping:20200706080255j:plain

現在の米国株において最も注目されてる分野はワクチン銘柄とそしてハイテクグロース銘柄じゃないでしょうか?今回はそのハイテクグロース銘柄に関して気になる情報をバロンズの記事で見つけたので、紹介します。

 

ハイテクと一言でいっても、既にインフラ化してる銘柄達、急成長してる銘柄達、もしかしたらバブルかもしれない銘柄があると思います。バロンズにおいて【SHOP】Shopifyが特集されていたので、ピックアップします。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株】ハイテクグロースは盤石か!?潜在市場をチェックしよう!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

 

米国株は2極化

ハイテク4社強すぎ 

ハイテク4社というと皆さんは直ぐにでも想像がつくと思うのですが、【AAPL】アップル、【MSFT】マイクロソフト、【AMZN】アマゾン、【GOOGL】グーグルの4社です。この4社の時価総額合計が約5.6兆ドル(日本円で600兆円!!)になっています。

 

上記IT4社の時価総額は

Facebook、Berkshire Hathaway、Visa、Johnson & Johnson、Walmart、Mastercard、Procter & Gamble、JPMorgan Chase、UnitedHealth、Home Depot、Intel、Nvidia、Verizon Communications、Netflix、AT&T、Adobe、PayPal、Tesla、Walt Disneyの19社の時価総額とほぼ同額になっています。

 


ハイテクの時代

ハイテクがバブルかそうじゃないか、はっきりと断言はできないですが、少なくとも上記4社の株価に関してはバブルとは言えないんじゃないでしょうか。上記4社と【FB】を加えたGAFAMがS&P500を5%も引き上げてしまっているのは事実です。

 

確かにGAFAMは高く見えますが、過熱感はそこまでないんじゃないか?と正直思っています。

f:id:stepping:20200704212819p:plain

 

 

ハイテクグロース強すぎ

 

ではハイテクグロース株はバブルかそうじゃないのか、これは議論の余地があると思います。バロンズの記事においてもその点が注目されていました。

 

ハイテクグロースの強さは、ほとんど周知の事実になってきたと思います。但しこの強さに関して、誰もが一時的なバブル状態なのか、それともある程度見通しがあって堅調な物であるか気になるところだと思います。

 

下記が今期において成績が優秀なハイテクグロース株トップ10です。とんでもない成長率であることがわかります。

f:id:stepping:20200704205614p:plain

米国株投資家は上記10銘柄の内、最近ならどれかは所有しているのじゃないでしょうか。現在最強のETFである【QQQ】に組み込まれてる銘柄もありますし、何かしら関係してる投資家も多いはずです。

 

Shopifyが要注意な理由

【SHOP】Shopify

株価 1029.97

EPS  0.5(2020年予想)

売上 22億ドル(2300億円)

 

・現在の売上高の60倍近くで取引

・バイオテック以外の大資本企業の中で最も評価が高い企業

・EPSは1株辺り50セント

 

世界のeコマースソフトウェア市場は2027年まで年率約16%成長し、206億ドルになると予測されている。仮に2025年までに市場が200億ドルとなる場合、市場価値が1150億ドルであるShopifyは、2025年予想の市場規模の5倍の価値が付けられてる。

 

Shopify の価値は、Target、Walgreens、Kroger を合わせたものとほぼ同じです。この3つの小売業者を合わせた今年の売上高は、Shopifyの20億ドル強に対し、3,500億ドルになる見込みです。

f:id:stepping:20200706075839p:plain

売上は確実に上昇していますが、5年間の売上成長率から考えると株価は37倍まで上昇してるので、流石に株価が上がりすぎな気がします

 

確かにこの分析を見ると、高いとしか考えられなくなってしまうんですよね。いやいや【Shop】はまだまだeコマースソフトウェア市場以外でも様々な可能性があるから、株価は適正だという話もあると思います。

 

ハイテクグロース株に関しては全て共通だと思うのですが、潜在マーケットの規模感はできる限り調査していくようにしておきたいですよね。 

 

まとめ 

では「【米国株】ハイテクグロースは盤石か!?潜在市場をチェックしよう!」をまとめていきますね!

 

 ハイテクグロース株に投資してる米国株投資はいま非常に多いとおもいます。自分もまだまだ分析不足の点があるので、あまり大きな事はいえないですが、投資した銘柄の潜在市場はチェックはしていきたいところです

 

そして個別銘柄への投資が怖いとしたら、【CLOU】といったグロース株へのETFへの投資で少しでもリスクを減らすのも有効な手段だと思います。

 

では皆さんの米国株投資による長期的な素晴らしい資産形成を祈って! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせて読みたい!みたい!>

米国人が選ぶ米国ETFトップ10を調べてみました。データベースもあります。是非とも活用してご自身のETF投資に活用してみてください!

www.momiage.work

 

トレーディングビューは登録するだけの無料コンテンツが非常に使いやすいです。チャートでのMACD、ボリューム、RSIでチャート分析。またセクターでのトレンド分析で非常に使いやすいので、是非とも活用してみてください。