”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株投資をオススメの絶対的理由を簡単解説!

f:id:stepping:20200624151814j:plain

今回は改めて米国株投資をオススメする理由を具体的に説明するよ!それは株式投資をするなら経済成長が見込める国に投資するというシンプルな理由。

 

そして米国はどのように経済成長してきたか、そして今後も経済成長を期待できるかという2つの根拠を説明していくね。

 

解説は米国株投資家もみあげです。よろしくね!

 

改めてモアの紹介!危うく”もみこ”にされそうに。。。。モアでよかった。リケ女なのでデータには厳しいですよ!

 

f:id:stepping:20200622104919p:plain

*イメージソングを聞かれたので、ブログの最後に紹介してます。 

 

では米国株投資家もみあげとモアの「米国株投資をオススメの絶対的理由を簡単解説!」をお楽しみください!

 

 

株式投資をするなら経済成長する国

 

株式投資をするなら長期的に成長し続ける市場に投資をしたいよね。じゃあ成長し続ける市場ってなんだろう?って話になるんだけど。

 

投資する先の国がどのような産業構造を理解しておくと長期的に成長が見込めるか予想できるよね。投資先候補の日本と米国はその産業構造が内需型産業だよ、という話なんだ。

 

内需型と外需型の産業構造があるって聞いた事はあるけど、、そういえば内需型産業って深くは考えたことなかったかも・・・・

 

OK。その点も含めて経済成長という点をシンプルに説明していこう!

成長市場に投資しよう!

 ではここでいきなりクイズた~~~~いむ!!!次の2つのグラフの内、経済が成長してるのはどちらのグラフになるかわかりますかー?

 
グラフA)

f:id:stepping:20200622110314p:plain

グラフB)

f:id:stepping:20200622110347p:plain

実はこのグラフは、1988年からの株価推移で、Aが日本株(日経TOPIX)の成長を表すグラフ、Bが米国株(S&P500)の成長を表してるんですー。Bの方が成長してるグラフです。正解した人は流石です!(モアも正解しましたよ。エッヘン!)

 

株式の成長はその国の成長とも言えると思う。Bの米国株のグラフは途中下がったりしながらも、しっかり株価が上昇し成長している。そして長期投資の基本はこのように成長している市場に投資をしてプラスサムゲームの恩恵を受ける!のが大前提だと考えてるよ。

プラスサムゲーム

 ここでプラスサムゲームの補足です。プラスサムゲームは経済成長と共にその経済成長に参加したゲーム参加者の誰もが大なり小なりプラスを出せるゲームの事を言います。

 

このプラスサムゲームが成立するには絶対的に「長期的・継続的に経済成長する」事が最大の条件となると考えられます。

f:id:stepping:20200622114205p:plain

 

米国も日本も内需型産業

 

その国がどのように経済成長をしてるかは、産業構造の理解が必須という観点から、最もシンプルに内需か外需の違いの説明と日本と米国の内需と外需の比率を紹介するね。

 


外需と内需の違い
・外需とは貿易によって国が稼ぐ事
・内需とは国内の消費によって国が稼ぐ事

 

日本も米国も内需型産業

・日本は内需60%(アベノミクス前はなんと内需75%だった!)

・米国は内需70%


 

なるほど!日本も米国も国内の需要が増えれば増えるほど、国が成長するっていう事か。という事は国内の消費を増やすためには。。。。。あ!そういう事か。

 

そう。予想がついてくるよね!実は経済成長には両国とも次に説明する人口成長率が凄く大切なんだよ。

 

人口増加国に投資しよう!

じゃーここで日本と米国の人口予想のグラフをみていこう!最初にこれを見た時、流石に唖然としたけどね。。

 


日本)

f:id:stepping:20200622113942p:plain

 

米国) 

f:id:stepping:20200622114006p:plain

日本の人口 

2019年1億2500万人

2040年1億1400万人

2060年1億1000万人

 

米国の人口

2019年3億3000万人

2040年3億7400万人

2060年4億3500万人


 

流石にこれは辛い、、少子高齢化と言われてるから人口が減少するのは分かっていたけど、日本と米国の人口差は40年後には4倍にまで広がるのか。。。しかも日本は人口が1500万人も減少しちゃう。

 

逆に米国は人口増加すれば、今の内需型70%の産業構造を活かしてどんどん成長できるってことになるんですよねー。

 

両国とも内需型産業、確かに産業構造が変化する可能性もあるかもしれないけど、米国の今のGAFAMなどのハイテクの強さと比較して日本がある分野で他を圧倒できる事が今は想像できないんだよね。

 

ここまでお伝えしてきて、「じゃーなんでもっと成長できるかもしれない中国とかインドとか新興国に投資をするって話にならないのか?」って疑問もあるかもしれないねー。

 

でも中国は共産国だから香港暴動みたいな状況が起こり得る、人口ボーナスも「一人っ子政策」で今後は期待できなくなる。インドも他の新興国も証券取引所がまだまだ安定してないから現時点ではオススメできないんだよねー。

 

まとめ

 「米国株投資をオススメの絶対的理由を簡単解説!」をまとめていきますね!

 

 米国株投資のオススメ絶対的理由は経済成長でした。株価と経済成長は時に乖離しますが、長期的にみれば経済成長を続けるマーケットに資金を預けるのが最適解になると考えられます。ポイントをおさらい!

ポイント! ① 株式投資をするなら長期的・継続的に経済成長が見込める国
② 米国は長期的・継続的に経済成長してきた
③ 米国は内需70%の国
④ 米国は内需70%を活かす長期的な人口増加が見込める
⑤ プラスサムゲームの株式投資は①-④が揃って初めて成立する

 

 そしてまだまだ米国株投資をオススメする理由は他にもあります。別シナリオでは更に株主にとってどれだけ米国株投資が恵まれてる環境にあるかなどをお伝えしますよー!

 

次のシナリオを楽しみにしててくださいねー! 

 

「このお話しは、以前YouTube動画になったシナリオをブログに書き直した内容になります。ブログカテゴリーで”米国株シナリオ”にまとめていきます」

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

応援ポチっとモアの笑顔満開です💛↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【モアイメージソング】

www.youtube.com

 

<あわせて読みたい!>

現在おそらく最強の米国ETFといえば【QQQ】になると思います。その最強たる理由をシンプルにわかりやすく説明。初心者にもオススメの鉄板ETFの強さとは?

www.momiage.work

 

トレーディングビューは登録するだけの無料コンテンツが非常に使いやすいです。チャートでのMACD、ボリューム、RSIでチャート分析。またセクターでのトレンド分析で非常に使いやすいので、是非とも活用してみてください。