”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
トランプ大統領支持率急低下!米国株投資家はどうするべき?
米国人が選ぶ米国ETF TOP10! ベストは何だ?データベースあり

米国株が更に爆上げ!サプライズ雇用統計が全てか!?

f:id:stepping:20200606064645j:plain

米国株は本日ダウ+3.15% ナス+2.06% SP500+2.62% ラッセル+3.79% myポートフォリオ+1.92%という状況で終わりました。昨日の終わり際は少し不安定でしたが、今日は米国株の力強さを改めて見られたと思います。

 

 

米国株は本日も爆上げしました。これは一つは雇用統計の数字が非常に良かった事。ただ良かっただけではなくて、サプライズになったことも大きかったと思います。

 

そして更にポジティブな報道が続いています。いよいよ一体どこまで米国株が上昇するかわからなくなってきましたが、ただ現在の上昇をみるだけでなく何故上昇したか、何が上昇したかはしっかりチェックしていきたいですね。

 

では米国株投資家もみあげの「米国株が更に爆上げ!サプライズ雇用統計が全てか?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

サプライズ雇用統計(超プラス要素)

本日の雇用統計は正にサプライズ雇用統計になったと思います。というのは6月の失業率に関しては過去最低の20%台というのが大手メディアやエコノミストの予想だったからです。

雇用統計の内容を簡単に紹介します。

民間部門雇用者数
結果 309.4万人
予想 -675.0万人 前回 -1972.4万人

 

製造業雇用者数
結果 22.5万人
予想 -40.0万人 前回 -132.4万人

5月米雇用統計 詳細 労働参加率が60.8%に上昇 - 2020年06月05日21:46|為替ニュース|みんかぶFX

 

そして失業率は4月は14.7%、20%台になる事も予想された中で13%でおさまっています。雇用者数がマイナス予想から全てプラスにふれて、更に失業率まで上昇。

 

"今日の雇用統計は衝撃的な数字であり、今年初めてポジティブ・ショックだった」とIndependent Advisor Allianceの最高投資責任者であるChris Zaccarelli氏は述べています。"失業率は13.3%と依然として非常に高いが、少なくとも低下している」

 

この発言が全てを表わしているかもしれません。本当にサプライズ、ポジティブショックになったんです。米国の雇用の回復の力強さを表してるかもしれません。

 

f:id:stepping:20200606063338p:plain

U.S. Unemployment Rate Fell to 13.3% in May - WSJ

但し上記データをみればわかる通り、依然として歴史的に高い失業率の水準にあるのはかわりありません。今回はサプライズになりましたが、逆にいうとデータが訂正されるので今度は多少のプラスでも下落する可能性があると考えてもいいかもしれないです。

 

 

出遅れ株に出来高集中(ニュートラル)

 

出遅れ銘柄のチャート

 

直近で出来高が非常に高かった出遅れ銘柄のチャートです。いかに今まで株価的に下がっていたのかがわかると思います。青はGE、赤はフォード、緑は航空ETFのJETS、黄色はボーイングです。

 

直近の上げが凄まじいので惑わされがちですが、出遅れて割安だから資金が集まってる。本質的にはまだまだこれらの企業が業績が好調になったわけではない。この辺りは忘れないようにしたいですね。

f:id:stepping:20200606060617p:plain

 

*Bloomberg(オレンジはS&P500)


 

出遅れ銘柄の出来高

 

GE : 20日平均(1億2600万)  本日(1億6700万)

F : 20日平均(9700万)  本日(2億800万)

JETS : 20日平均(700万)  本日(2800万)

BA : 20日平均(3700万)  本日(9900万)

 

航空系は3倍から4倍、フォードも3倍、GEも1.5倍、出来高がを見てるとこれらの出遅れ銘柄にどれだけ資金が集まってたかよくわかると思います。

 

コロナ関係(微プラス要素)

 ファウチさんがコロナに関しての第二波は必然とはならないと発言しています。感染症対策としての第一人者のファウチさんがこういった自信を持った発言をするのはプラス要素になります。

 

但しフロリダやカリフォルニアなどは感染率が上昇しているデータもあります。メディアの発言だけでなく詳細なデータもしっかりチェックしておきたいですね。

 

 

 

追加刺激策1兆ドル(プラス)

トランプ政権の1兆ドルの追加経済刺激策は米国人への現金給付が含まれる可能性を報道されています。これが最も影響するのは中小企業、いわゆるラッセル2000指数になると思います。

 

 

またもう一点はこれによって不動産関係、いわゆるREIT関係が堅調になる可能性があります。雇用も回復しつつあるなら、今まで落ち込んでいたREITも上昇傾向になる可能性がありますね。 

 

まとめ 

では「米国株が更に爆上げ!サプライズ雇用統計が全てか?」をまとめていきますね!

 

今週は上昇相場で怯えながらポジションを我慢した人、大きなリスクをとって航空株に投資をした人にとって大きなボーナスステージになったと思います。

 

ただ何度もお伝えしてますが、出遅れ株に資金が集中した循環相場が1巡した可能性があります。出遅れ株も上昇しましたがまだまだ高値までは遠いです。

 

こういった点を忘れずに来週のマーケットも落ち着いて投資していきたいですね。

 

 

では皆さんの米国株投資によるお金持ちになる資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

自分が何故オススメの米国ETFではなく、個別株投資をメインで行ってるか。読者様の質問に回答する形で記事にしています。是非読んでみてください!

www.momiage.work

 

トレーディングビューは登録するだけの無料コンテンツが非常に使いやすいです。チャートでのMACD、ボリューム、RSIでチャート分析。またセクターでのトレンド分析で非常に使いやすいので、是非とも活用してみてください。