”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
トランプ大統領支持率急低下!米国株投資家はどうするべき?
米国人が選ぶ米国ETF TOP10! ベストは何だ?データベースあり

コロナワクチンに疑問符?で米国株下落!歪みが進む米国株

f:id:stepping:20200520061335j:plain
昨日とは逆に今度はコロナワクチンの効果に疑問符が生じて米国株は下落をしています。非常に不安定なマーケット状況の象徴だと思います。ダウ-1.59% ナス-0.54% SP500-1.05%となっています。

 

 

モデルナに関してはとにかくデータが足りないという事です。口頭ベースでの成功報道ですし、また株式の公募を出していることから先行きが怪しくなってきた気がします。

 

更に色々調べてみると、ゾンビー企業がS&P500を上回る大躍進をしていたり、本日不安視されていた不動産マーケットにFEDが凄まじい金融政策を発表していたりと、何とも言えない株価への不信感を募らせる状況が続いています。 

 

 

では米国株投資家もみあげの「コロナワクチンに疑問符?で米国株下落!歪みが進む米国株」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

モデルナ効果疑問報道(マイナス要素)

昨日はモデルナ効果で爆上げした米国株でしたが、本日は逆にそのコロナ用のワクチンとして期待されてるモデルナの効果に疑問符の報道が出たことによって、下落することになっています。

Vaccine experts say Moderna's Covid-19 data leave big questions

 

記事によるとモデルナは大々的にフェーズ1の治験成功を公表したが、複数の専門家によるとデータが詳細に開示されておらず、口頭ベースでの発表になるので、その内容には疑問符が生じるという事です。

 

これを受けてマーケットは大きく下落しています。実際【MRNA】も10%以上下落しました。

 

モデルナは株式の公募売り出しも行っています。その影響もあるとは言えるかもしれませんが、どうもきな臭い感じもしますね。どうしても期待値だけ先行していると思ってしまうのは杞憂なのでしょうか?

 

公募売り出し:12億5000万㌦
時価総額 296.98億㌦に対して4.2%

売り出し価格:77.50㌦
主幹事:モルガンスタンレー

 

Moderna Announces Proposed Public Offering of Shares of Common Stock | Business Wire

 

  

ゾンビー企業の躍進

 トランプ政権の経済対策やFRBの金融政策で最も恩恵を受けている企業はなにか?これが明らかになりつつあります。それは財務的には倒産寸前だったゾンビー企業が大躍進しているからです。

 

4月にS&P500を18%程度アウトパフォーム

「ウォーキング・デッド」の好調な時期は5月に入っても続き、5月15日まで10.3%アウトパフォーム

 

1億円以下の資本金を回転させてる企業がメインですが、FRBの発表に伴って株価が上昇し続けていることが非常によくわかります。こんなに歪な経済状況を作り出して、この後米国経済はどこに向かっていくのか不安にもなりますね。

f:id:stepping:20200520055144p:plain

f:id:stepping:20200520055222p:plain

 

FEDの強力金融対策

 

またもやFEDがしれっと5月末から凄まじい強力な金融支援対策を実施しようとしています。メインストリートプログラムの実施です。

www.marketwatch.com

このプログラムは、Paycheck Protection プログラムには規模が大きすぎるが、信用市場にアクセスするには小さすぎる中堅から中小企業を対象としている。

 

ローゼングレン氏によると、これらの企業は米国の労働力の大部分を占めているという。この融資は、昨年末に健全な財務基盤にあり、パンデミックの被害を受けた企業を対象としている。

 

この発表を受けて最も好感しているのはリート関係です。最も労働者が多い範囲をカバーしているために、住宅賃料やオフィス賃借料などの支払いを可能にするからです。

 

但し、ゾンビー企業がS&P500をアウトパフォームしてるように、今度は中企業がS&P500を大きくアウトパフォームするタイミングになるかもしれませんね。対象としたらラッセル2000辺りになるでしょうか。

 

まとめ 

では「コロナワクチンに疑問符?で米国株下落!歪みが進む米国株」をまとめていきますね!

 

もしモデルナのワクチンが効果がないとしても、おそらくトランプ政権は次のバイオ企業に開発を急がせてまた大々的に発表するような気がします。ただ、それが信頼性が高いかの見極めは専門家でも非常に難しいんじゃないでしょうか。

 

おそらく更に情報が錯綜しますし、もし何かしらのクリティカルな情報が出てしまった場合は、米国株は大幅下落する可能性があります。

 

自分は今重要なのは銘柄をしっかり絞り込む事(例えばバイオ株でも大手に限定するなど)、現金余力を自分の資産の中でコントロールする事だと思っています。

 

周りの環境に煽られずに、しっかり地に足を付けて投資を継続していきたいですね。

 

 

では皆さんの米国株投資による中・長期の資産運用の成功を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

米国株の株価がトラップの可能性も考慮しています。出来高に注目していますが、米国株投資家は2つの罠を攻略しよう!