”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【米国株】ETFは初心者にオススメ!3種類のETFを簡単紹介!
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【ブログ】年間100万PVの記事をランキング!アクセスUPのコツも公開!

かんぽ生命と日本郵便に保険販売停止命令!一方で米国保険会社は株価40%爆上げ中!

f:id:stepping:20191218005313j:plain

かんぽ生命と日本郵便に保険販売の業務停止命令が金融庁から発生されるというニュースが入りました。顧客に不利益を与えた不正な契約が18万3000件も追加で見つかったことが原因。

 

上記は立ち入り検査の結果、顧客保護のためには厳しい対応が不可欠と判断された為だという事です。

かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ 金融庁 両社の調査以外で不正 - 毎日新聞

 

と日本では保険販売に関してのモラル・コンプライアンスが問われています。では米国の保険会社はどうなんでしょうか?正直米国の保険会社の方がよっぽど悪い事をやってるような気がします。

 

その代表格であり、そして株価も40%爆上げ中の銘柄を今回は投資ブログイベント「ベストバイストック2019」最も思い出に残った銘柄としてご紹介したいと思います。

 

それが【UNH】ユナイテッドヘルスです。この会社の風評や、いち投資家としての心理状況をリアルにお伝えしながら、保険って本当に悪いの?っていう世の中の流れに疑問を投げかける記事になっています。

 

ではもみあげ米国株投資家の「かんぽ生命と日本郵便に保険販売停止命令!一方で米国保険会社は株価40%爆上げ中!」をお楽しみください!

 

ベストバイストックとは?

企画されたのは「氷河期ブログ」管理人のななしさんです。投資ブログ繋がりでTwitter上で今年で最も印象に残ってる銘柄を毎日日替わりで25日間紹介を続けようという企画になります。

 

投資という事を身近に感じてもらうための企画でもありますね!全部で25名のブロガーが参加していますよ!

hyougaki.xyz

 

自分の前日は米国株投資家に高配当で大人気の銘柄アルトリアをこトリさんがコミカルに紹介してる記事です!とっても面白いですよ。

www.smallbird.work

 

もみあげの後にはシータさんという初心者から幅広く始められる節約術や、投資の導入から実施までの簡潔な道筋を作ってくれるサイトを運営してるブロガーさんに続きます。是非覗いてみてくださいね!

crypto-theta.com

 

保険会社は因果な商売

 

保険会社は因果な商売だと思いませんか?販売側も売上成績を上げるために、あの手この手で契約を結ばせようとする。

 

今年で一番問題になったのは外貨建て保険販売の問題でしょう。契約者への外貨建て保険の説明不足が主要な原因だと思います。

www.sankei.com

 

それ以外では年金2000万円不足問題で将来を不安視した消費者に金融機関が積極的に積立型の保険を販売したという事もあり保険は更にいい意味でも悪い意味でも注目されてしまっていますよね。

 

では保険って本当に悪い商売なんでしょうか?もし本当に病気になったり子供が小さく将来を危惧した場合には、適切に保険に入れば将来のリスクヘッジにもなり得ますよね。終身や養老は薦められませんが、自分は掛け捨て保険を適切に加入するのは肯定派です。

 

米国保険会社

 では米国の保険会社はどうでしょうか?日本とは比べ物にならないくらい理不尽極まりないと思いますよ。

 

そもそも保険は個人と保険会社が直接契約を結ぶなんてことはできず、その間にブローカーが存在しています。そのブローカーと大手の保険会社が契約を結んで、その大手保険会社の下に何千という保険会社がぶら下がってるような状況なんです。

 

その仕組みの複雑さときたら、とてもじゃないけど一般消費者が完全に理解できるレベルを超えてると思います。

 

その大手保険会社の大ボスが【UNH】ユナイテッドヘルスなんです。ユナイテッドヘルスも含めて、米国人の保険会社へのイメージは最悪です。医療費がバカ高いアメリカですから、保険会社もあの手この手で支払わないように策をめぐらせます。

 

医療費が年間で300兆円も発生する世界1医療費が大きい米国ですから、そりゃ保険会社も儲かるに決まっています。更にオバマケアで民間保険に入ることを推進されたんですから、保険会社なんてぼろもうけの商売に決まってるんです。

 

それで最も甘い汁を吸ったのが【UNH】ユナイテッドヘルスです。

 

 

【UNH】ユナイテッドヘルス

【UNH】ユナイテッドヘルス

株価:292

PER:20.77

予想PER:19.49

配当率:1.51

連続増配:9年

創業1974年・ミネソタ州

米国最大手の保険会社です。業界的に3-4社で独占されているので、寡占性が非常に高いです。

 また今年のQ1からQ3の決算は全て予想に対して売上・EPSが上回っています。財務的にも非常に優秀で、事業内容も政策リスクや・訴訟リスクがない限りは盤石の保険会社といえると思います。

 

特に傘下の米国3大PBM(注釈あり)の1つであるOptumが順調に2桁成長を継続中。

 

*PBMとは医薬品のコストをおさえたい保険会社や雇用者側から契約をとり、代わりに製薬メーカーと価格交渉し、規模の強みを活かして値引きを引き出し、調剤保険適用の管理を行い、薬局とネットワーク契約する、しいて言えば医薬品を安く仕入れ広くさばく中間業者・仲介ビジネス。

 

【UNH】投資家心理

 

【UNH】ユナイテッドヘルスに投資する時のもみあげの投資家心理を今回は正直にお伝えします。投資家の気持ちってこういうもんだよ。孤独な戦いだったことも伝わるといいです。

 

そして企業の将来性は時に周りの評価などは関係なく、社会悪だと思われてもそれが利益につながる可能性があるのをユナイテッドヘルスはよく表してると思います。


邪な気持ち

もみあげは投資始めて1年ちょっとしか経っていません。野心あふれる投資家ですから(笑)1年目で高いパフォーマンスを出したいってずっと欲望まみれで銘柄を色々選んでいたんです。

 

かといってSaasやIPO銘柄には手を出したくない、それじゃ長期じゃなくなる。長期的に投資を継続出来る大型株でなおかつ株価が割安でおかれてる銘柄はないか?

 

米国に駐在していますから、特に米国をメインの事業にしてる銘柄の力強さは肌感覚でわかってました。その中で白羽の矢がたっていたのが、【UNH】ユナイテッドヘルス・【HD】ホームデポ・【CMCSA】コムキャストだったんです。

 

特に【UNH】と【CMCSA】はユーザーから全くいい評価を受けてないけど、どうしても必要な存在で寡占性が高い事もなんとなくは感じていました。


【UNH】株価暴落

下記イベントの発生によって、ユナイテッドヘルスは2018年11月に$281の最高値を達成して、12月の暴落から1月末には$270まで回復したにも関わらず、2019年10月までに直近の最安値$208まで暴落します。高値から2019年10月までに35%近くも下落したことになるんです。

 

3年間チャート)

f:id:stepping:20191217083742p:plain

 

株価下落時系列)*2018年12月の暴落は除く

・2月末に民主党が民間保険廃止法案を提唱で、大きく株価下落。

 

・4月Q1決算で【UNH】ユナイテッドヘルスが決算のコンセンサスが弱いという事で株価が大幅下落(思えばこれですら邪悪なこの会社のいじめられてるんですのポーズだとしか思えない。)

 

・更にオピオイド問題でヘルスケア全体が不調に陥り連れ安

 

・次の7月Q2決算ではCEOが不用意な発言を民主党の代表候補で民間保険廃止を提唱してるウォーレン氏との電話面談で挑発的な発言を行って、せっかく上がった株価が台無し

 

・民主党候補の勢いが強くなり民間保険廃止の流れが強くなって、また株価下落

 


鬼のような追加投資

 

35%も下落したら、普通の投資家、そして投資歴1年の投資家ならどうするでしょう?到底投資しようなんて思わないし、中途半端に投資したなら、怖くなって売っちゃいますよね。

 

もみあげは多分異常だったんでしょう。一瞬下落した状況の$245辺りで投資をしてしまって、そこから下がるたびに余剰資金でとにかく鬼のように追加投資しまくりました。

 

誰も周りで投資してる人なんていない、【UNH】ユナイテッドヘルスなんて日本人投資家で話を出す人もいないんです。でもとにかく投資を続けていきました。

 

米国社会的には邪悪と忌み嫌われて、消費者からの評判も最低で、でも米国社会には保険は無くてはならないものだと判断してその判断を信じたからです。

 

表向きが邪悪だろうとも、モラルに反してると叩かれようとも、時に利益を出す企業はこういう企業なんだと完全に割り切っていました。保険って必要なものですよね?(もみあげから見たらタバコ銘柄より保険銘柄の方がよっぽど質が悪いです。)

 

そしてその孤独な戦いが実って、35%下落で$208まで下がった後、10月Q3から2か月ほどで現在$292まで40%以上も爆上げした流れに乗ることができました。

 

今年の4月から【UNH】に投資を始めて、含み益率25%・含み益30万円をもみあげにもたらしてくれています。

 

まとめ

 では「かんぽ生命と日本郵便に保険販売停止命令!一方で米国保険会社は株価40%爆上げ中!」をまとめていきますね!

 

かんぽ生命と日本郵便に保険販売停止命令が下されるという事で、今回はそれとのつながりで米国保険会社【UNH】へなぜもみあげが投資をしているか、投資した時の心情やその投資が大きな恩恵をもたらしてくれたことをお伝えしました。

 

タイミングがたまたま重なったのですが、かんぽ生命と日本郵便の保険販売停止命令が出たといっても保険全体を悪とする風潮になるならそれはちょっとおかしいんじゃないかと思います。

 

保険は家族に何か大事があった時に守る為、リスクヘッジの為、適切に保険を購入できるなら必要な商品です。短絡的に保険会社を悪者にするだけじゃなくて、消費者も保険に対する知識を自分で学んでいく意識も必要じゃないかと思います。

 

だって大切な誰かを守るために必要な商品なんですもん。

 

そして投資は基本的に孤独だという事もこの【UNH】ユナイテッドヘルスは教えてくれました。本当に2019年で最も思い出に残る銘柄です。

 

ベストバイストック2019もまだまだ続きますのでそちらも応援よろしくお願いいたします!

 

 では皆さんの米国株投資による幸せな資産運用を願って!

 

Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

 

もみあげが外貨建て保険を解約した記事です。外貨建て保険より米国株のインデックス投資を選択したシミュレーションも記載しています。

www.momiage.work