”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株はラッセル急上昇!FOMCは無風と中国株反発

f:id:stepping:20210729073109j:plain

米国株はラッセル急上昇!ダウ-0.36% ナス+0.7% SP500-0.02% ラッセル+1.51% もみ+0.4%。今日は特徴的な動きをしていたと思います。中国株です。

 

中国株は昨日までが総悲観の状況でしたが、今日は暴落から大きく反発してる状況でした。(実は昨日の時点で反発しそうな動きもしていたのですが。。。)、また中小株に資金が集まっていました。注目されたFOMCは今日は殆ど何も影響を与えなかったといえそうです。

 

米国株投資家もみあげの「米国株はラッセル急上昇!FOMCは無風に」をお楽しみください! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

FOMC内容

 FOMC内容は様々なメディアで載っているので気になった物を抜粋。

FED'S POWELL: THERE IS REALLY JUST A HANDFUL OF THINGS THAT ACCOUNT FOR THE OVERSHOOT ON INFLATION.

FED'S POWELL: THESE VARIABLES HAVE NO LONG-TERM REPERCUSSIONS FOR INFLATION OR THE ECONOMY.

インフレ率のオーバーシュートが起こってるかどうか、経済に影響を与えるとは考えていない。

 

FED'S POWELL: TREASURY BONDS AND MBS HAVE COMPARABLE EFFECTS ON FINANCIAL CIRCUMSTANCES.
FED'S POWELL: MBS AND TAPERING WERE BROUGHT UP BY A NUMBER OF FED PARTICIPANTS.
FED'S POWELL: THERE IS LITTLE SUPPORT FOR MBS BEING TAPERED BEFORE TREASURIES, I THINK WE WILL TAPER THEM SIMULTANEOUSLY.

国債とMBSは金利に同程度の影響を与える。よってMBSと国債の縮小は同時期に開始することを検討。

 

テーパリングの時期は相変わらず明言はしてないです。

 

www.marketwatch.com

各種指標の動き

 各種指標

 

コモディティ)

下記がコモディティ関係の全体の動きです。ほぼすべて上昇していますが、銅が今日は大きく下落しています。

f:id:stepping:20210729064934p:plain



金利)

10年債は▲0.6BPSです。金利はFOMC前は上昇したのですが、FOMC後は再度買われていました。

f:id:stepping:20210729064853p:plain

・実質金利 1日前-0.47→本日-0.47

*長期実質金利平均。長期実質金利平均:長期実質金利平均は、残存期間が 10 年以上のすべての発行済み TIPS の買値実質利回りの非加重平均であり、長期実質金利の代理として使用することを意図している。

・VIX指数▲5.42%(18.31)

・HYG▲0.08% (炭鉱のカナリアとして、目安として▲1%が発生したら警戒)

 

各種指数の動き

 チャート

 

各種ETF(指標の動き)です。DIAはダウ、IXICはナスダック、IWMはラッセル、SPYはS&P500、ARKKはアークとしてみてください。最終値ではなくて1日の動きです。

f:id:stepping:20210729065100p:plain

オープン時はラッセルは大きく下落しましたが、10時前から反転して急上昇。アークはずっと上昇。ナスダックも堅調だったのが分かります。


各種サイズの変動率

 

各種サイズ・分野の変動率です。こちらで今日の好調・不調がわかると思います。

f:id:stepping:20210729065123p:plain

今日もラッセルが好調になっています。特にグロースです。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

f:id:stepping:20210729070011p:plain

SPYの出来高は下落です。今日は大型はそれほど動いてないです。

 


QQQ・出来高 

QQQはハイテクの出来高動向をチェックするために使います。

f:id:stepping:20210729070023p:plain

QQQの出来高は下落です。GAFAMは売り買い交錯、特に中小ハイテクが強かったです。


中小株出来高

f:id:stepping:20210729070037p:plain

ラッセルは序盤売られて、そこから大きく戻してるので、出来高は殆ど昨日と変わらずです。

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター)

中国株が好調だったのが非常によくわかります。またEV系・EVチャージングなどはインフラ案に含まれてる事がヘッドラインででたのもあって好調です。

f:id:stepping:20210729065226p:plain

 

下落セクター)

今日はエネルギーを除いたシクリカルや、アップルなどが弱かったです。FBも場中好調も時間外の決算後売られています。

f:id:stepping:20210729065313p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: パフォ(本日▲1.22% 1日前▲1.49%)

f:id:stepping:20210729070230p:plain

→アップル出来高は大きいです。序盤上げてそこから売られています。売り買い交錯っです。

 

AMZN:パフォ(本日+0.11% 1日前▲1.98%)

f:id:stepping:20210729070303p:plain

→アマゾンは出来高減少です。今日は穏やかな動きです。

 

TSLA: パフォ(本日+0.34% 1日前▲1.95%)

f:id:stepping:20210729070352p:plain

→テスラはダンプ・パンプですね。売り買い交錯です。昨日の極端な売りから少し落ち着いています。

 

まとめ 

では「米国株はラッセル急上昇!FOMCは無風に」をまとめていきますね!

 

昨日まとめで記載しておきましたが、中国株は反発しました。あまりにも売られたので、流石にショートがカバーされてました。ただ今日でそれが全て終わったというのはまた別の話だと思うので、引き続き注視です。

 

FOMCは場中はほぼ無風でしたが、これからその影響度が出てくる可能性があります。残るは月末リバランスで債券売りが加速するかどうか。などポジションの調整には備えておきたいところです。

 

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】