”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株はオールド優勢!金利1.6超えも引けに戻し

f:id:stepping:20210313075057j:plain

米国株はオールド優勢!ダウ+0.9% ナス-0.59% SP500+0.1% ラッセル+0.61% もみ+2.1% 。なんともピリッとしないマーケットでした。出来高を見るとショートカバーがメインなのが分かります。

 

朝一は昨日の反動で金利上昇、そこからナスダック売りとショート、ダウが上昇だったのですが、ナスダックはショートカバーされるも、午後からはマーケットが静寂につつまれるまた方向性がないただのローテーションだったと思います。セクターローテーションが続いてます。

 

米国株投資家もみあげの「米国株はオールド優勢!金利1.6超えも引けに戻し」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数▲0.39%(194.54→193.79)

・原油価格66.04→65.59ドル/バレル

・ゴールド1723.3→1727.45(+0.31%)

・5年債0.757→0.838(+6.67%)+8.1bp

・10年債1.530→1.626(+5.58%)+9.6bp(1bp=0.01%)

・実質金利 1日前▲0.07→本日0.07

*長期実質金利平均。長期実質金利平均:長期実質金利平均は、残存期間が 10 年以上のすべての発行済み TIPS の買値実質利回りの非加重平均であり、長期実質金利の代理として使用することを意図している。

・VIX指数▲3.24%(21.83)→▲5.57%(20.69)

・HYG+0.36%→▲0.28% (炭鉱のカナリアとして、目安とて▲1%が発生したら警戒)

 

金利上昇が急激に発生しているのですが、マーケットはもう織り込んでいますね。確かにナスダックは下落しましたが、一旦ニュートラルに戻っただけと見ることができます。

 

但しVIX指数が下降しすぎているので、月曜日に全面安も十分考えられると思います。相変わらず全く方向性が見えないので注意が必要です。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

f:id:stepping:20210313071123p:plain

SPYの出来高は下落です。SP500は酷いのが、引けにショートカバーをしてプラスで終わらせてるところです。別に買いが入ってるわけじゃないので注意です。寧ろ出来高がここまで下がるのは不安になります。

 


QQQ・VOO出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

f:id:stepping:20210313071242p:plain
QQQの出来高は出来高が上昇です。でも下落しています。要はショートカバーからショート、利確などとにかくナスダックに積極的に資金を入れるのはストップされていますね。

 

f:id:stepping:20210313071558p:plain
VOOの出来高は上昇です。個人はどこ吹く風で淡々と資金を入れて言ってる状況だと思います。


中小株出来高

f:id:stepping:20210313071644p:plain

ラッセルは出来高は多少下落です。ショートカバーもありますが、一部バリュー株は買われていたと思います。

 

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター)

上昇セクターはオールド全般です。但し決して出来高が高いというよりは、ショートカバーで出た利益をオールドにいれておくという流れだった気もします。投資家は慎重に動いてるのを感じます。

 

下落セクター)

今日はハイテク系は売られています。ただ寄り天が底で、そこからはショートカバーでじわじわとあがっていきました。こちらも積極的な買いではないので、注意した方がいいですね。

f:id:stepping:20210313071950p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: パフォ(本日▲0.76% 1日前+1.65% )

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

f:id:stepping:20210313073201p:plain

→出来高は下落です。アップルは本当にショートカバーははいりますが、買いが続かないです。見ていてもどんどん垂れて行ってます。

 

AMZN:パフォ(本日▲0.77% 1日前+1.83%)

機関投資家比率 本日57% 1日前57%

f:id:stepping:20210313073433p:plain

→出来高は昨日より下落です。こちらもショート→ショートカバーメインで買いは強くは入ってないです。

 

TSLA: パフォ(本日▲0.84% 1日前+4.72%)

機関投資家比率  本日40% 1日前40%

f:id:stepping:20210313073634p:plain

→出来高は昨日より下落です。テスラもアップルと同じ状態です。上昇してもすぐショートカバーで、その後ショートが続いて、買いが入らないです。引けにはある程度ショートカバーされましたが、終了間際にまたショートがはいってました。。。

 

まとめ 

では「米国株はオールド優勢!金利1.6超えも引けに戻し」をまとめていきますね!

 

今週はボラティリティも高かったですが、何よりも日替わり弁当みたいにナスダックとダウが入れ替わるという本当に忙しい1週間でした。要は全くマーケットが方向性が見えてないとも解釈できます。

 

ポジションを持ちたくないので、リスクを避けながら毎日ローテーションをしていく状況。更にショートカバーがメインで、積極的な買いにもつながってないナスダック。来週はイベントも更に多いので、本当に要注意です。(別で纏めます。)

 

まずは週末ゆっくり休んでくださいね。

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】