”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

テスラとS&P500の今後は?12月21日の組入れはどうなる?

f:id:stepping:20201129073900j:plain

今回はテスラ株に関してのアナリストの見解を少し紹介しながらも、GAFAMやS&P500がどのように影響してくるかというのをバロンズから引用して紹介していくよ。

 

一点注意して欲しいのはテスラに凄くポジティブな内容が多いので、買い煽りと勘違いしないで欲しい事。テスラに投資するかどうかはしっかり自分で検討して考えてね。

 

12月21日までにテスラがどうなるか怖くもあるもみあげです!よろしくね!

 

モアは400ドル位で投資した時に、テスラは長期ガチホと決めてました! 

 

では米国株投資家もみあげとモアの「テスラとS&P500の今後は?12月21日の組入れはどうなる?」をお楽しみください!

 

 

 

 

テスラのアナリスト評価

 

アナリストの見解ってそれをそのまま鵜呑みにしては駄目だと思ってるけど、テスラに対しての人気が高まってるのが凄くわかる。アナリスト達が今テスラをどう評価してるか紹介するね!


・過去は分割時にテスラが100ドルになったら買うと言ってたアナリストは19%

→現在はテスラをカバーしてるアナリストの35%が買い判断、600ドルの評価

 

・CFRAのアナリストであるギャレット・ネルソン氏が目標株価を550ドルから650ドルに引き上げ

 

・モルガンスタンレーのアナリストのジョナス氏は、

11月18日に評価基準を中立からオーバーウエイト、22%の上昇で540ドル予想。

→4日後に達成 

強気の株価設定は1068ドル


ジョナスさんの株価設定が1068ドル???って今より更に2倍になるって事かー。流石にそれは言い過ぎじゃっておもうけど、、今までの動きを見てるとあり得るかもって考えれちゃうから怖い。。。。

 

そうだねー。ジョナスさんがどうしてこの強気判断なのかを詳しく見ていこう!

 

 

テスラのブルストーリー

テスラのブルストーリーのご紹介です。テスラホルダーの人は既に理解してる人も多いと思うけど、アナリストが何に期待してるかをしっておくことは意味があるかと!

 


販売台数のストーリー

 

中立:2030年に販売台数が380万台に増加し、営業利益率は12%強

ブルケース:800万台、マージン20%。ジョナス氏がゼネラル・モーターズが2030年に100万台の電気自動車を販売すると予想していることと比較すれば、GMが最近、EV投資の急増を発表した理由がわかる。


EV以外の事業の成長

 

自動車事業がジョナス氏の強気の目標の43%しか占めていない

テスラが最終的には車両自体を販売するよりも、ネットワークサービスや保険を販売した方が、車両1台あたりの利益が大きくなると予想

理由)

テスラの購入者は、完全な自動運転機能のために数千ドルの追加料金を支払ったり、より速い加速のロックを解除したり、古い車のインフォテインメントシステムをアップグレードする。

バッテリー充電のためのサブスクリプションプランの話もある

→アップルの高収益の仕組みと同じサブスクリプションで収益を向上させるモデルケースが成長性をブーストするという理由


米国以外での事業拡大

 

中国:中国におけるEV車の市場において2年後は40%を占める可能性がある。但しそれに伴った米中貿易断絶のリスクも拡大可能性あり。

欧州:二酸化炭素排出量の削減を求める規制の後押しの中で、ヨーロッパでの販売が急増すると予想

GAFAM

・GAFAMの株がここから10%下落し、残りのS&P500のメンバーの株が10%上昇した場合、指数全体では5%の上昇

・GAFAMが下落せずに失速し、残りのメンバーが20%上昇したとすると、指数は16%上昇

 

これもあるために、GAFAMに資金が集まりずらい状況が出ているかもしれないと考えられるよね。テスラの上昇はGAFAMにとってはマイナスに働く事もある。いまGAFAMに投資する旨味があまりないって事になっちゃうしね。

 

そうかテスラがSP500に組み入れられるから余計にSP500に対してのインデックスファンドの考え方が変わってきてるともいえるのかー。 

S&P500の今後(重要)

テスラ株は発表後41%上昇している。テスラ株の時価総額は約5,552億ドルとなり、バークシャー・ハサウェイ(BRK.A)の時価総額5,400億ドルを超えました。これでS&P500に組み入れられた場合は6位になる可能性があるよ。

 

組み入れられていきなり6位??ってそれってS&P500の他の銘柄へのインパクトがでるんじゃ?

 

その通りなんだよ。こんな時価総額の企業が組み入れられるとインデックスファンドが買い入れなきゃいけない株数が増加することが予想される。

 

S&P 500 は時価総額加重型の指数。時価総額は、取引可能な株式の量である「フロート」で調整されている。テスラの組入れが発表された時、S&P 500 の時価総額加重は約 1%でした。最近の上昇により、現在では 1.4%位が予想される。

 

組み入れられていきなり1%以上の加重が見込まれるとか想像がつかない。。。。

 

インデックスは、12月21日前後に700億ドル(多かれ少なかれ)のテスラ株を購入することになる。さらに重要なことは、テスラ株の上昇がS&P500を大きく上回っているため、約200万株を買い増す必要があるという事なんだよ。

 

ここからは僕の予想なんだけど、そうなるとGAFAMには資金が更に集まりづらくなるよね。だってインデックスファンドは資金を準備しておかなきゃいけないんだよ。インデックスに今は積極的に資金を入れられない状況になる。

 

なるほどなー。。機関投資家の動きが鈍いのはこういった背景も影響してるかもしれないのか。。。あくまで予想だけど。

 

そうだねー。テスラがここまでの上昇を成し遂げると多くの人が疑ってたからこそ余計に、対応が遅れてしまってると考えていいと思う。ただ個人投資家でテスラに投資してる人にとっては、凄く強い追い風が吹いてるとも考えられる。

 

 

参考記事

www.barrons.com

 

www.barrons.com

 

 

www.reuters.com

 

www.barrons.com

 

まとめ

 「テスラとS&P500の今後は?12月21日の組入れはどうなる?」をまとめていきますね!

 

今回はテスラのブルストーリーを紹介しながら、12月21日までのS&P500にどんな変化がありそうかを考察してみたよ!最終的にはテスラにもS&P500にもポジティブな可能性が高いね。

 

ただちょっと説明したインデックスファンドの資金負担が大きくなることを考えるとその組入れ前に調整が来てもなにもおかしくないよね。丁度SQも18日にある予定、更にワクチン承認が10日以降に予定されてるから、余計にこの辺りは注意だと思う。

 

こんなに1つの銘柄が与える影響が大きいっていうのが改めて驚いた。。。テスラって今のマーケットの流れを変えてしまうような巨大企業なんだって考えておかないと方向性を間違えちゃいそう。モアはやっぱりガチホールドします!

 

「もみ・モアシリーズはブログカテゴリーで”米国株シナリオ”にまとめていきます」

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

応援ポチっとモアの笑顔満開です💛↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。もちろん今回の大統領選挙を受けてどのような米国株のトレンドになるかも分析しています!是非とも読んでみてください。


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 

【モアイメージソング】

www.youtube.com