”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株はリスクオン!理由は現金ばら撒きの可能性か!?

f:id:stepping:20201010065912j:plain

米国株はリスクオン!ダウ+0.57% ナス+1.39% SP500+0.88% ラッセル+0.55% 自分+2.7%となっています。今日は明確にリスクオンだった日です。昨日の凪状態から大きく動いたとも言えます。

 

リスクオンになった理由としては、民主党でも共和党でもいよいよ財政ばら撒きの方向性が見えてきたからかもしれません。まだマーケットは疑心暗鬼だとは思うのですが、ここから過熱感が更に出てくると壮絶なバブルができてしまうので、そこは本当に注意です。

 

またコロナの状況も良くはありません。ただGAFAMに少し力強さが戻って来てる気もするので、その点はポジティブです。

 

 

米国株投資家もみあげの「米国株は上昇!リスクオン理由は現金ばら撒きの可能性拡大か!?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数が+0.35%(151.22→151.74)

・大豆油指数が+3.12%(33.02→34.03)

大豆油の急激な上昇は中国の国慶節が終わる事も影響がありそうです。

・原油価格41.22→40.53ドル/バレル

・ゴールド1893→1928(+1.8%)

ゴールドはドル安が影響してると考えられます。ドル価値の担保ですね。

・10年債0.767→0.770(+0.68%)+0.3bp

→今日は国債が少し売られています。追加経済政策期待+リスクオンが原因だと思います。

・VIX指数▲5.92% (26.40)→▲5.16% (25.00)

→節目の25を下回りそうな状況になってきています。マーケットがリスクオン方向であることがわかると思います。

 

原油以外は全面的にリスクオンになりました。金利は多少上昇していますが、まだそれほど気にするレベルじゃない気もしています。むしろVIXが25以下は楽観状況にも近くなりますので過熱感が出てしまう事の方がリスクです。需給バランスで一気に調整がくるリスクが高くなります。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 80,225,314 vs 1日45,061,359

3日前の出来高

 10日平均 74,851,541 vs 1日88,520,858

2日前の出来高

 10日平均 77,503,219 vs 1日56,400,434

1日前の出来高

 10日平均 73,891,955 vs 1日37,979,737

本日の出来高

 10日平均 70,748,069 vs 1日55,429,963

 

SPYの出来高は昨日より1.5倍程上昇しています。VIX指数の上昇でわかりますが、本日はポジティブに株式に資金が集まった気がします。まだ過熱まではいってないのですが、出来高上昇が継続し続けたら逆に警戒した方がいいです。

 


QQQ出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 53,352,443 vs 1日 27,620,947(VOO2,352,489)

3日前の出来高

 10日平均 50,454,044 vs 1日 48,727,705(VOO3,364,101)

2日前の出来高

 10日平均 51,311,579 vs 1日 27,110,722(VOO1,698,896)

1日前の出来高

 10日平均 49,181,818 vs 1日 23,136,358(VOO1,692,477)

本日の出来高

 10日平均 44,662,977 vs 1日 28,023,301(VOO2,763,793)

 

QQQ・VOOとも出来高上昇です。個人もリスクオンで資金を入れ出してる背景も見えてきます。まだ過熱感はそれほどでもないですが、油断は禁物です。

追加経済政策(ポジティブ)

 追加経済政策の交渉で本日は進展がありました。共和党側が1.8兆ドルの提案を民主党に行ったそうです。これを受けてマーケットはリスクオンに動いてるともいえます。

 

更にトランプ大統領が「"民主党や共和党が提供しているよりも、率直に大きな景気刺激策を見てみたい。" 」といった今までとは真逆の発言をRush Limbaugh showで発言しています。2.4兆ドルよりもおおきな金額って、、

 

要はどちらを読み解いても、財政ばら撒きの方向性に強く振れてる可能性が高いという事です。これはマーケットに過熱感を出してしまうので、むしろ警戒した方がいいです。もし本当に実施されれば壮絶なバブルを形成してしまうので。

 

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター

 

上昇セクターはエネルギー・資本財を除いた多くのセクターになります。特にEC関係の【AMZN】【MELI】は強かったです。またハイテクグロース関係にも全体的に資金が回っていて好調でした。

 

下落セクター

下落セクターはエネルギー関係が特に原油安で下落。資本財も不調です。それ以外は昨日上昇した銘柄も調整されてるように見えます。プチセクターローテーションが直ぐ終わってます。

f:id:stepping:20201010052930p:plain

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: 10日平均 123,929,017 vs 1日98,918,578(昨日82,230,735)

パフォ(本日+1.74% 昨日▲0.1%)

機関投資家比率 60%

→出来高は昨日より上昇しました。売買のバランスも改善してきてる気がします。10月13日のイベントへの期待値もありそうです。(10月13日iPhone12発表予定)


 

TSLA: 10日平均 57,114,428 vs 1日28,716,965(昨日40,069,262)

パフォ(本日+1.9% 昨日+0.15%)

機関投資家比率 44%

→出来高は昨日より大きく下落しています。テスラはしばらくお休み状況ですが、その状況でも上昇しているという事はショートは多くは入ってないと考えられます

 

AMZN:10日平均 4,652,491 vs 1日4,873,817(昨日3,160,276)

(本日+3.01% 昨日▲0.16%)

→出来高は昨日より大幅上昇です。1.5倍になっています。コロナ感染も拡大+追加経済政策での給付金も期待されて、その効果でEC系に資金が集まってると考えられます。

 

コロナ状況(ネガティブ)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移

グラフを見ていくとこの4日間増加傾向にあるのがわかります。注意が必要です。土日も増加傾向が続くと、またwithコロナ状況に戻ってしまうために、原油関係などが崩れるリスクが高いです。

f:id:stepping:20201010044257p:plain

 


米国コロナ死者数推移

 

9月25日901人増 vs 本日972人増です。うーん。。あんまりいい傾向じゃないです。新規感染者数が増加して、死者数も増加。楽観視できる状況ではないと思います。

 

9月20日199,258人(前日対比669人増)

9月21日199,509人(前日対比251人増)

9月22日199,881人(前日対比372人増)

9月23日200,807人(前日対比926人増)

9月24日201,909人(前日対比1102人増)

9月25日202,810人(前日対比901人増)

9月26日203,774人(前日対比964人増)

9月27日204,497人(前日対比723人増)

9月28日204,756人(前日対比259人増)

9月29日205,070人(前日対比314人増)

9月30日205,998人(前日対比928人増)

10月1日206,928人(前日対比930人増)

10月2日207,808人(前日対比880人増)

10月3日208,716人(前日対比908人増)

10月4日209,394人(前日対比678人増)

10月5日209,794人(前日対比400人増)

10月6日210,192人(前日対比398人増)

10月7日210,909人(前日対比717人増)

10月8日211,801人(前日対比892人増)

10月9日212,773人(前日対比972人増)

f:id:stepping:20201010044402p:plain

https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

 

まとめ 

では「米国株は上昇!リスクオン理由は現金ばら撒きの可能性拡大か!?」をまとめていきますね!

 

凄くマーケットは調子がいいように見えるのですが、全く警戒感を緩める事ができない状況が依然として続いています。財政支援にしても選挙が絡んでしまっているので、本との実体が見えないです。

 

現在は期待値で上昇してるような状況なので、逆に事実で下げる可能性も十分ありえます。

 

コロナ状況も宜しくないです。ワクチン期待もありますが、まだそれを沈静化させるには時間がかかります。よってリスクを取りすぎず投資をすることを忘れない方がいい局面だと思います。

 

また来週の展望に関しては別記事でまとめるようにしますね。本当に1週間お疲れ様でした。

 

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されることになりました!電子書籍も発売予定です。10月中旬発売になる予定ですが、今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。