”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【米国株】ETFは初心者にオススメ!3種類のETFを簡単紹介!
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【ブログ】年間100万PVの記事をランキング!アクセスUPのコツも公開!

不思議な米国株・米中関係の悪化でも上昇する理由とは?

f:id:stepping:20200523065755j:plain

 本日は米中関係の悪化や地政学リスクの高まり、そして原油価格の下落などがあってオープン前には下落が予想されましたが、結果的にはダウ-0.04% ナス+0.43% SP500+0.24% ラッセル+0.59%と少し上昇して終わっています。

 

米国は5月25日がメモリアルデイの為に、米国市場もお休みになります。よって米国は3連休に入ります。本来であれば米中関係のリスクがあるので、3連休前は利確が多く、米国株は下落するはずだと思ったのですが、そうはなりませんでした。

 

何故なのか?不思議な状況ですけど、その点に少しスポットを当ててお話ししてみたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「不思議な米国株・米中関係の悪化でも上昇する理由とは?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

米中関係の変化

米中関係の悪化が予想されましたが、全国人民代表大会においてのポイントがいくつかあるので、そちらを整理しておきたいと思います。


香港治安法制(マイナス要素)

中国の全人代において香港治安法制が議論されるという事です。中国国内での国家統制法と同じ内容の強力な統制力を持つ法案だという事です。

 

これは香港を支配下に置くことで実質的に、一帯一路のエリア確保に繋がり、東アジア方面の広い海域を中国が物理的に干渉できることを意味します。

 

 


中国企業の締め出し(マイナス要素)

外国政府の支配下にないことを証明するよう求めるほか、米規制当局による会計監査状況の検査を義務付ける。3年間、検査を拒否した場合は上場廃止となる。法案が上院で可決されています。

中国企業、検査拒否なら米上場廃止 上院が法案可決 (写真=ロイター) :日本経済新聞

 

これによって中国上海市場が5%近くの暴落が発生してました。更に中国企業の代表株の【BABA】アリババなどは6%程の下落が発生しています。

 

本格的に中国企業の締め出しが進んでいます。今後の展開は要注目だと思います。

 


経済成長の数値目標発表せず(プラス要素)

 

実はこれが非常に大きかったんじゃないかと思います。中国が自ら今後の経済成長が読めないと内外に発表するとは思いませんでした。それほどコロナパンデミックによる経済被害が大きいという事になるかと思います。

中国全人代開幕 経済成長率の数値目標発表せず コロナ影響 | NHKニュース

 

よっていってみれば、今の状況で本気で米国と関係性を悪化させることはできない。今は国内の経済回復に集中するといったメッセージにもなるかもしれません。

 

香港の問題で摩擦は増えるとは思います。ただそれ以上のアクションを中国は現在とることができないとマーケットは判断したかもしれません。

ファウチさん発言(プラス要素)

上記米中関係の変化があった共に、やはり米国における感染症対策をリードしてるファウチさんのワクチンなどに対しての好意的な意見がマーケットを安定させるのにも貢献してる気がします。

(米中関係が昨夜悪化したので、おそらく今日はこういったメディアでの発表があると思ってました。)

 

他にはCNNなどでもインタビューに答えて、我慢は必要だけど一つずつ進歩はしてるといったポジティブな発言をファウチさんはしていますね。

 

 

 

まとめ 

では「不思議な米国株・米中関係の悪化でも上昇する理由とは?」をまとめていきますね!

 

他には4点ほど気になる事が

・領空開放条約から脱退表明で地政学リスクが高まったり

 

領空開放条約から脱退表明 米政権、ロシアの違反理由に:時事ドットコム

・原油価格が米中での需要悪化で下落したり、のちに中東で減産合意報道あり

・トランプ大統領が各州に教会への集会を許可するように呼び掛けたり(意外と重要な気がします。)

・バイデン民主党候補までが中国を批判したり(中国を庇う事は今は米国ではタブー化しつつあるかもしれません。)

 

 

前回の記事で米中はプロレスをしてるようだと思ったのですが、どうもその流れが強そうです。本気で潰し合う事はできない。むしろ中国側としては今は衝突したくないというのが本音じゃないでしょうか。

www.momiage.work

もしかしたらこのままマーケットは小康状態がつづくかもしれないですね。しばらくのんびりできるかと思うと大歓迎です。

 

では皆さんの米国株投資による中・長期の資産運用の成功を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

バブル・二番底で関係なしに注目したい銘柄を紹介しています!地政学リスクや世界の軍事費増大など、銘柄だけでなく世界をしれますよ!