”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株の週間展望】雇用統計からFOMCへ

f:id:stepping:20210830070132j:plain

 

先週は終わってみればジャクソンホールはハト派のパウエル議長発言で警戒感が解かれて終了したといった状況だったと思います。またマーケットが警戒して動けない状況でラッセルが大きく上昇した週でした。(特に低位株)

 

マーケットは皆さんも想像がつくように今度は雇用統計と9月のFOMCに向けて様々な思惑が入ってくると思います。そんな中で今週の展望や経済指標をまとめて行きたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株の週間展望】雇用統計からFOMCへ」をお楽しみください! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

先週の各指数

f:id:stepping:20210830061519p:plain

 

指数を総括するとラッセルが圧倒的に上昇しています。マーケットが方向性が見えないときに、資金も動かせないそんな状況が利用されて中小株がパンプされていたことが想像されます。特に低位株は一気にパンプされていた銘柄が沢山ありました。

 

次にナスダックです。アップルとマイクロソフトは不調ですが、GAFAMのそれ以外、テスラなども上昇で終わっています。グロース系が今週は全般的に強かったのもナスダックを押し上げた要因です。

 

逆にダウが最も弱かったです。とはいえセクターではエネルギーや金融が非常に好調だったので、ヘルスケアが足を引っ張ったとも言えそうです。

ジャクソンホールでのパウエル議長発言後にヘッジのポジションがアンワインドされたので、また現状時点では中立に戻ったと考えられるかもしれません。

 

先週の各指標

f:id:stepping:20210830061533p:plain
参考までに各指標をまとめておきました。

 

米国市場状況(8月27日まで)

8月27日までヒートマップ

 

今週を総括してみるとエネルギーが最も強かったです。次に素材・金融・中国株。半導体も銅も強かったことを考えると少しコストインフレ再燃、更に正常化も意識されたとも言えそうですが。。。中国株は一旦のやり切りの可能性も頭に入れてもよさそうです。

とはいえGAFAMのグーグル・アマゾン・FB、それにテスラも上昇していたりと、こちらは弱気のポジションが一旦解消されたと考えてもよさそうです。
最も弱かったのが公益と生活必需品、リスクオフではないですが少し弱き局面からは脱しているという認識でこちらは売られていました。後はヘルスケアは先週までに上昇しすぎた調整とも言えそうです。

 

改めてセクターを見てると様々な思惑が動いていた週だったと総括できそうです。

f:id:stepping:20210830044009p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec&st=w1

 


先週

f:id:stepping:20210823050628p:plain

今週の決算スケジュール

f:id:stepping:20210830044137p:plain

 

 

今週の経済指標

9月1日(水)21時15分
ADP雇用者数 08月 予想65万人 先月33万人

23時 ISM製造業景気指数 08月 予想58.6 前回59.5

9月1日(金)21時30分 予想75万人 前回94.3万人
失業率 予想5.2% 前回5.4%

 

雇用統計はマーケットは最大限注視してくるとは思いますが、その前のADPも先月の状況を見てるとインパクトがあるかもしれません。 

まとめ 

では「【米国株の週間展望】ジャクソンホールがやってくる!!」をまとめていきますね!

 

今週は雇用統計がやってきます。もちろんマーケットは注視してくると考えられます。また少し出来高が停滞するかもしれません。ただ雇用統計はもちろん重要なのですが、それによってFOMCまでのある程度の流れが決まってくることの方が大切かもしれません。

 

そして今月は四半期末・更に3か月に1回の株価指数先物取引・株価指数オプション取引・個別株先物取引・個別株オプション取引のSQもあります。そういった全体的なスケジュールも考えながら投資していきたいところです。自分なりに道筋をイメージする作業が大切な気がします。中国株や中小株の低位株の上下にも警戒したいですね。

 

*9月6日(月)はマーケットはレイバーデイでお休みです。となるとその前の金曜日はポジション偏り調整が起こりやすくなります。またレイバーデイ明けは市場が急変することも多いので気を付けてください。(アノマリー的にですが。。。。)

 

 

先週のコメントです。備忘録

金曜日のラッセル中心の反発。中国株の絶不調など。決して安定してるとは言えないと思います。GAFAMなどの質への逃避が継続する可能性も考えられると思います。中国株から抜けた資金が今は米国株の質、もしくは債券に向かってる気がします。リスクを取る投資はほどほどにが良さそうです。

 

注目のジャクソンホール。意外と警戒されてると何もない可能性もあるのですが、ただマーケットも大型はシクリカル除いてパンパンに膨れ上がっているので、資金の逃げ場がシクリカルになる可能性も考慮はしておきたいですが。。。どうなるか。

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版!既に重版も決定で10月17日発売!今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】