”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株の週間展望】スーパーイベント週!ボラに要注意!

f:id:stepping:20210726035727j:plain

先週も終わってみれば指数は全て上昇した週でした。月曜日は一旦マーケットが不安定になりかけますが、景気後退懸念・デルタ株などのネガティブ情報は全て緩和継続期待にすげ変わって寧ろ特定銘柄は上下に大きく動かされて場中のボラティリティは相当高くなっていました。

 

そんな中で今週はスーパーイベント週です。あらゆる動きを想定しておいて損はないと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株の週間展望】スーパーイベント週!ボラに要注意!」をお楽しみください! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

先週の各指数

f:id:stepping:20210726034422p:plain

今週も米国マーケットの強さが際立った形になります。何かネガティブなニュースがあっても、それを押し目と対応して、セクターや分野を変化させながら資金が入っていた形になります。


ナスダックが最も堅調でした。金利が揺れ動いてる中で少しマーケットが不安感に陥ると質が高いGAFAMに資金が逃げるという最近の傾向が続いてるからだと思います。

 

ラッセルは先週はかなり大きく調整しましたが、今週はとりあえず落ち着いてる形になります。ダウは少し景気不安が影響してる為に、シクリカル分野が多いダウは最も上昇率が低いという結果になっています。

 

来週はFOMCもあるために、金利変動がまた大きくなる可能性があります。ただ今まで盤石だったGAFAMも決算跨ぎで傾向が変わる可能性があるのでその点は注意ですね。

 

先週の各指標

f:id:stepping:20210726034404p:plain
参考までに各指標をまとめておきました。

 

米国市場状況(7月23日まで)

7月23日までヒートマップ

 

一般消費財が今週最も上昇した事になります。耐久消費財には設備投資に少し陰りがみえていますが、物流などを見ていると消費は相変わらず強いのがわかるのでそういった意味で、一般消費財が強い部分があると思います。

 

逆に先週は堅調だった公益は今週は売られています。シクリカルも弱めです。

 

ハイテクはボラが高い状況になると資金がGAFAMに自然と集まってる流れになっているので、それがハイテク全体を押し上げてる形になってると思います。SNAPの好決算などもこの分野の後押しになっていそうです。

 

上記には表示されていませんが、今週最も不調だったのは環境と中国株になると思います。この分野は大型の堅調な銘柄に資金が入る代わりに、資金抜けが明確にあった形になると思います。

f:id:stepping:20210726033229p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec&st=w1

 


先週

f:id:stepping:20210719050127p:plain

今週の決算スケジュール

 

f:id:stepping:20210726034011p:plain

 

もう見てわかる通りとんでもない決算だらけです。一点だけ気を付けて欲しいのが、決算発表後の直ぐの動きはその企業の将来の可能性を決めるわけではなく、マーケットの需給状況に大きく左右される可能性が高いという事です。

 

よって発表された後のEPS・売上だけをみてきめるのではなく、よく読み込んでからポジションを判断した方がいいです。

 

今週の経済指標

7月26日月 23時 新築住宅販売件数 06月

7月27日火 21時半 耐久財受注(速報値) 06月

7月27日火 23時 コンファレンスボード消費者信頼感指数 07月

7月29日木 3時 FRB政策金利(FOMC) 07月

fx.minkabu.jp

まとめ 

では「【米国株の週間展望】スーパーイベント週!ボラに要注意!」をまとめていきますね!

 

イベントをざっくりまとめます。ボラティリティがどれだけ高くなってもおかしくはないと考えられます。

・GAFAM+TSLA決算

・FOMC

・月末リバランス

 

先週時点でマーケットが用心して場中のやる気がなければよかったのですが、先週も場中は超ハイボラで、指数上昇した意味は頭に入れておきたいです。どちらにも容易に動けるという事です。

 

先週のコメントです。備忘録

先週は結果的に金利の悪い動きが先々週からあって、それが景気後退懸念に繋がった週だったと思います。この景気後退懸念が一時的なのかをしっかり見ないと投資判断を間違えそうです。

 

またGAFAMはオプションが清算されて一度中立、決算まで上下どちらに動くのか?中小株もかなり下落させられているので、ショートが溜ってる銘柄などバリュエーション判断も含めて投資したいところです。

 

インデックスの人は極端な動きは取らない方がいいかと、暴落とか今の状況で簡単に起こらないとは思いますよ。

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版!既に重版も決定で10月17日発売!今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】