”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【米国株投資】初心者用セクターリスト付き!一目でわかる特徴・代表銘柄・組入れ方法

【米国株】米大手保険会社ユナイテッドヘルス株価爆上げ!その理由とは?

f:id:stepping:20191016141008j:plain

米大手保険会社のユナイテッドヘルスが決算後に8%近く爆上げしました。このことは単純に決算がよかったからだけではないと考えています。なぜならばQ1の決算はQ3の決算よりよかったにも関わらず、Q1決算後は逆に株価が下がったからです。

 

だからこそ今回の決算後の上昇は、この銘柄への投資に投資家たちが不安を抱いてたのが一気に不安解消されたから。これに尽きると思います。

 

もみあげは現在ヘルスケア全体に関して割安でおかれてると考えています。8%近く爆上げした【UNH】ユナイテッドヘルスもまだまだ割安だという判断です。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株】米大手保険会社ユナイテッドヘルス株価爆上げ!その理由とは?」をお楽しみください。

 

*投資判断はあくまで自己責任で

【UNH】ユナイテッドヘルス

 

【UNH】ユナイテッドヘルス

予想PER : 14.8

配当率    : 1.96%

連続増配 : 9年

創業1974年・ミネソタ州

米国最大手の保険会社です。業界的に3-4社で独占されているので、寡占性が非常に高いです。


10年間チャート

10年間のチャートを見ると2018年に大きな下落をしてから、訴訟問題と政策リスクもあって、株価は停滞しているように見えますね。

 


Q3決算内容

Q3の決算はユナイテッドヘルスは売上、EPSとも予想を上回りました。特に傘下の米国3大PBM(注釈あり)の1つであるOptumが順調に2桁成長を継続してるとの事です。とはいえQ1の決算よりは良くないですからね。それでもこれだけ上昇したんです。

 

 

*PBMとは医薬品のコストをおさえたい保険会社や雇用者側から契約をとり、代わりに製薬メーカーと価格交渉し、規模の強みを活かして値引きを引き出し、調剤保険適用の管理を行い、薬局とネットワーク契約する、しいて言えば医薬品を安く仕入れ広くさばく中間業者・仲介ビジネス。

 

リスク要因

 

オピオイド訴訟問題

米国ではオピオイド系鎮痛薬の乱用・中毒による死亡者の急増が大きな社会問題となっていて、それによるオピオイド訴訟が発生しています。最大で1600億ドルになる可能性があるとのこと。日本円で17兆円!

 

こちらの問題が根深いのは、オピオイドをどの分野が責任をもって提供したかということなんです。訴訟の争点はこのオピオイド処方箋薬を販売したのはどこに責任があるか?という事。製造業者、流通会社、薬局の3者の誰かです。

米J&Jに600億円の制裁金、オピオイド中毒めぐる訴訟で - BBCニュース

 

保険は関係なさそうなのですが、実はオピオイドに関しての訴訟額が大きくなればなるほど保険保証額が大きくなる可能性があるためにリスクになっているんです。

 


 

政策リスク

医療費が常に問題になる米国の政策リスクは大きくなります。

現在の共和党と民主党候補の医療費に対する対策の影響を考えると

 

共和党:薬価価格引き下げ案→UNHのPBM部門の収益が下がる

民主党ウォーレン&サンダース:メディケアフォーオール(民間保険廃止によって、日本と同じように国民総医療保険制度にする)→これは保険部門が壊滅的

民主党バイデン:オバマケア(低所得者層に補助金を提供して、保険加入率を向上させる)→リスクではなく、逆に株価が爆上げ


コミュ力不足

45年ほどの歴史の会社ですが、どうもCEOが対外交渉が下手クソなイメージがあります。特に声明を出すときなどにこれは顕著に現れます。下記3つがいい例です。

 

・Q1決算にも記載がありましたが、Q1決算後にコンセンサスに不安があると漏らし、株価が逆に下落。

・民主党ウォーレン候補に対して決算発表の電話会議でメディケア・フォー・オール(国民皆保険制度)の影響について軽く触れてしまう。ヘルスケアセクター全体の株価下落。セクター全体の株価を下落させたと非難された。

・さらにその後「どのようにして皆保険を実現するかに関する国民的な議論が再燃することを歓迎する」と述べている。といったように煽るなど

 

本当にわざわざ火中の栗を拾いに行く必要があるのか?といった内容が多くて、コミュニケーション能力が本当に低いんじゃないかと。

 


 

リスク要因まとめ

オピオイド訴訟問題と政策リスクに関してはどうしようもないと思うんです。これは企業として粛々と対応していくしかないかと。ただ最後のコミュ力不足だけは本当に余計だと思っています。

 

業界全体からクレームが入る位の声明を出してしまう企業です。そりゃ更に政府から何かしらの規制が入ったり、経営的に問題が生じるんじゃないかと投資家に不安がられてもしょうがないかと思います。

 

こういったことがあるために、ヘルスケア業界全体が割安な上に、更にユナイテッドヘルスは割安でおかれてしまっていたんだと思います。

余計な事いうのだけはやめてくれ。。。。

まとめ

いかがでしたか?「【米国株】米大手保険会社ユナイテッドヘルス株価爆上げ!その理由とは?」を記事にしました。

 

個別銘柄への投資って、単純に決算だけを見てればいいわけじゃないから難しくもあり、楽しくもあると思うんです。今回の【UNH】ユナイテッドヘルスみたいに、訴訟問題や政策リスクだけでなく、まさかコミュ力不足までリスクになるとは自分も思ってもみませんでした。

 

ただ、決算も重要でそういった不安要素をかき消すのは間違いないです。こういったリスク要因を考慮しながら、割安の銘柄をつかんでおけたら個別株投資はもっと楽しいかもしれないですね。

 

では皆さんの米国株投資による明るい資産運用を願って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

【ABBV】アッヴィもヘルスケアセクターの高配当で有名な銘柄になります。銘柄分析記事です。

www.momiage.work

 


米国ヘルスケア業界の分析記事になります。業界構造もわかりやすく記載していますので、是非とも読んでみてください。

www.momiage.work