”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【米国株投資】初心者用セクターリスト付き!一目でわかる特徴・代表銘柄・組入れ方法

ジョンソンエンドジョンソンにオピオイド問題再発!株価下落は投資チャンス!

f:id:stepping:20191129061130j:plain

オピオイド問題に関して新しいニュースが入ってきました。その報道に【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンが含まれています。これはまたジョンソンエンドジョンソンにとって大きな問題になるのでしょうか?

 

報道内容としては米連邦検察は、医薬品会社がオピオイド(麻薬性鎮痛薬)を意図的にまん延させた可能性について、通常は麻薬取引に適用する物質管理法に基づいて捜査を開始した。

 

これによって、少なくとも6社が大陪審から召喚状をうけています。その6社の中にジョンソンエンドジョンソンが含まれているんです。

オピオイド危機、米検察が捜査開始 6社に召喚状 - WSJ

 

今回の召喚状にはジョンソンエンドジョンソンが含まれていますが、それほど大きなリスクにはならないと考えています。その理由をお伝えしたいと思います。むしろ株価下落すれば投資チャンスだと余計に感じています。

 

ではもみあげ米国株投資家の「ジョンソンエンドジョンソンにオピオイド問題再発!株価下落は投資チャンス!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

【JNJ】ジョンソンエンドジョンソン

【JNJ】ジョンソンエンドジョンソン

株価:137.75

PER:26.15

予想PER:15.82

配当率:2.77%

連続増配:56年

創業1887年・ニュー・ジャージー州 ニューブランズウィック

時価総額 3300憶ドル(世界12位) ヘルスケア部門では世界1位です。正にヘルスケアの巨頭。

 高い営業利益率、優秀な財務力、S&P500格付けがAAAと文句ないピカピカの優良銘柄といえると思います。

 

召喚内容

米連邦検察当局はオピオイド系鎮痛剤の使用を意図的にまん延させた疑いで複数の医薬品会社の刑事捜査に着手したと、ダウ・ジョーンズ(DJ)通信が報じた。
 
今回対象になった6社はテバファーマスーティカル・インダストリーズ、マリンクロット、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、アムニール・ファーマシューティカルズ、アメリソースバーゲン、マッケソンです。
 
特に米国株投資家として注目したいのはジョンソンエンドジョンソン以外には、アメリソースバーゲンとマッケソンです。
 
卸売り仲介業者の処方箋薬品を扱う業者として【ABC】アメリソースバーゲンはWBA、【MCK】マッケソンはWMTと協力関係や株式共有などの提携を結んでいるからです。
 
ジョンソンエンドジョンソンとこの2社の株価の動きをチェックしておきます。ジョンソンエンドジョンソン以外は大きく下落していますね。

f:id:stepping:20191128092039p:plain

*Bloomberg(S&P500はオレンジ)

 

逆にジョンソンエンドジョンソンがほぼ無風なのが気になるところです。今回の件も含めてジョンソンエンドジョンソンへの投資判断を再度まとめておきます。

 

ジョンソンエンドジョンソン投資判断

オピオイド問題の今までのジョンソンエンドジョンソンの経緯をおさらいしながらジョンソンエンドジョンソンの投資判断をまとめたいと思います。

 


 

オピオイド問題

 

オピオイド問題は米国で大きな問題になっています。米国ではオピオイド系鎮痛薬の乱用・中毒による死亡者の急増が大きな社会問題となっていて、それによるオピオイド訴訟が発生しています。最大で1600億ドルになる可能性があるとのこと。日本円で17兆円!

 

こちらの問題が根深いのは、オピオイドをどの分野が責任をもって提供したかということなんです。訴訟の争点はこのオピオイド処方箋薬を販売したのはどこに責任があるか?という事。製造業者、流通会社、薬局の3者の誰かです。

 

訴訟はまだまだ続きそうですが、すでにジョンソンエンドジョンソンは訴訟金額に関しても減額の交渉が成功しつつあります。

 

さらに今後予想される和解金も4000億円ほど準備済み。株価には4000億円の準備金は含まれていることになります。

www.bloomberg.co.jp

 

更に直近ではオピオイド中毒をめぐる訴訟金で600億円を請求されていましたが、ジョンソンエンドジョンソンはその訴訟金に関しても5億7200万ドルから4億6500万ドルまで19%減額されることに成功しています。

米J&Jに600億円の制裁金、オピオイド中毒めぐる訴訟で - BBCニュース

モーニングスター 米国株式情報

 


投資判断

今回の報道に関してもジョンソンエンドジョンソンの対応は早かったです。即時にジョンソンエンドジョンソンだけ「召喚状は業界全体に対する捜査の一環と受け止めていると述べた。」このような声明を発表しています。

 

この対応の速さと誠実さがジョンソンエンドジョンソンの強さじゃないでしょうか?実際にチャートを見ていても今回の報道で少し下がったようにみえますが、ほぼ無風ですね。

f:id:stepping:20191128103031p:plain

 *Bloomberg(S&P500はオレンジ)

 

オピオイド問題に関しても裁判をうまく調整して減額もしつつ、和解金の準備も整っている。簡単には訴訟は終わらないと思いますので今後もリスクはあると思うのですが、これまでと同じように下落するタイミングがあれば積極的に追加投資します!

 

まとめ

いかがでしたか?「ジョンソンエンドジョンソンにオピオイド問題再発!株価下落は投資チャンス!」を記事にしました。

 

【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンに関しては直近の資料に基づいて銘柄分析記事も作成済みです。よかったらどうぞ。

www.momiage.work

 

【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンのオピオイド問題ですが、おそらく今回みたいな告訴関係は継続してニュースになると思います。ただ毎回思うのは対応が早く、他の会社と比較しても段違いに安定してると感じます。

 

もし少しでも株価が下がるようなら、今までと同じように積極的に追加投資していくのがもみあげの投資方針です。

 

では皆さんの米国株投資による明るい資産運用を願って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

【ABBV】アッヴィもヘルスケアセクターの高配当で有名な銘柄になります。銘柄分析記事です。

www.momiage.work


【UNH】もみあげはユナイテッドヘルスのホルダーです。こちらも政策リスクで割安になってると思うので、投資検討の余地はあるとは考えます。

www.momiage.work