”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【米国株投資】初心者用セクターリスト付き!一目でわかる特徴・代表銘柄・組入れ方法

【速報】トランプ大統領が「香港人権法案」に署名!投資家には悲報か?

f:id:stepping:20191128113658j:plain

トランプ大統領が「香港人権法案」に署名したというニュースが入ってきました。この署名によって米中貿易交渉に大きな懸念が発生すると報道されています。

 

マーケットも大きな下落可能性があるのでしょうか?もみあげの判断としては今回の署名だけではマーケットには大きな下落は発生しないのではないかと思っています。事実ドル円の為替相場も大きな動きはでていません。

www3.nhk.or.jp

 

なぜ投資家もみあげとして上記判断をしているのかも今までの背景や今回の人権法案と署名・声明内容を確認しながらお伝えしたいと思います。

 

ではもみあげ米国株投資家の「【速報】トランプ大統領が「香港人権法案」に署名!投資家には悲報か?」をお楽しみください。

 

 

*投資判断はあくまで自己責任で

香港人権法案内容

 

香港人権・民主主義法案(ほんこんじんけん・みんしゅしゅぎほうあん、英語: Hong Kong Human Rights and Democracy Act)は、アメリカ合衆国が香港の逃亡犯条例改正案によるデモ騒動に対し、中国大陸への容疑者引渡しに関する香港政府の主要官員を牽制するため[1] 、2019年6月13日に共和党のマルコ・ルビオ議員とクリス・スミス議員によって提出された審議中の法案である wikipedia

 

上記内容が香港人権法案になります。そして今回の人権法案で注目しておきたかったのは、トランプ大統領が署名しなかったとしても、実は成立していたことなんです。

 

同法案は上下両院で超党派の支持を得て可決されていた。下院では1議員が反対したのみで、上院では全会一致で可決されたため、大統領が仮に拒否権を行使してもそれを覆すだけの賛成を得ていた。

米国の「香港人権法」成立、トランプ氏が署名 - WSJ

 

これは内外に対してのトランプ大統領がイメージを向上させるために、仕方なく署名したと考えられるとも思います。来年の再選に向けてトランプ大統領としても立場的に署名せざるを得なかったかと。

 

マーケット予想

マーケット予想なのですが、この署名によってそれほど大きな下落にはつながらないと思っています。その理由を簡潔に説明します。

 


署名後の声明内容

先ほどお伝えした通りそもそも署名しなかったとしてもこの法案は成立していました。ただ内外への支持率を気にして署名したと予想しています。そして署名後の声明内容が非常に大切です。

 

下記が署名後の声明内容です。

トランプ大統領は27日声明を発表し「習近平国家主席と香港の人々への敬意をこめて署名した。これらの法の成立は、中国や香港の指導者たちが立場の違いを友好的に乗り越え長期的な平和と繁栄につなげられるよう願って行われるものだ。 

 

敬意をこめて、そして中国習近平主席に非常に配慮してる声明内容だとおもいませんか?中国は非常に面子を気にする国です。もちろん主席もそうです。中国に最大限配慮しながら、署名をするしかなかったと告白してるようにも感じます。

 


マーケット取引日程

 

米国市場は明日11月28日はサンクスギビングでお休みです。更に11月29日金曜日は午前中のみの営業になります。ということはマーケットへの影響は最小限に抑えられるんです。

 

絶妙なタイミングでの署名だったと考えられます。


米国景気が大事

この署名ではなく、貿易交渉がどうなってるかが重要だと思います。正直この署名を行う裏にはある程度中国側と忖度したんじゃないかとも思っています。再選に向けて支持率を気にしてるから署名はするけど、中国の面子を立てるよ。

 

それとともに貿易交渉に関してもある程度中国に譲歩するような内容が盛りこむ事を裏では約束したんじゃないかって思ってもいます。

 

とにかくトランプ大統領にとって一番大切な事は米国の景気です。景気悪化につながるのが目に見えてる貿易交渉を悪化させる悪手を何も裏付けがなくて実施するとは思えません。

 

まとめ

いかがでしたか?「【速報】トランプ大統領が「香港人権法案」に署名!投資家には悲報か?」を記事にしました。

 

報道は時に署名したという事実だけで悲観的な意見が広まることがあります。もみあげとしてはその報道内容の裏で何が起こってるのか、そして報道の意味を考えた方が有意義だと思っています。

 

トランプ大統領の今回の署名はあらゆる意味で、大統領自身にとって必要な事だった。そして今後を考えると米中貿易交渉が暗礁に乗り上げるような失態を犯すことはないと考えています。

 

投資家としては米中貿易交渉の進捗を確認しながら、マーケットを今後も冷静に注視していきたいですね。

 

では皆さんの米国株投資による明るい資産運用を願って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

もみあげは米国株投資家として大統領選挙の状況は継続してウォッチしています。マーケットに与える影響も大きいので是非読んでみてください。

www.momiage.work

 

大統領候補者によるセクターに与える影響も分析しています。

www.momiage.work