”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株の週間展望】FOMC前週に考えたい事

f:id:stepping:20210913070137j:plain

先週は結果的には全指数が下落した週でした。ECBの状況・コストインフレなど米国だけじゃない経済状況に左右もされていたと思います。日本への資金流入も関係あった気もします。

今までマーケットをけん引してきたGAFAMに弱さが見えてきたのも気になる点です。アップルはAPP課金の件で大きく下げていますが、その前から高値圏でレンジ感を出していたとも思います。

 

今週の展望をまとめていきます。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株の週間展望】FOMC前週に考えたい事」をお楽しみください! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

先週の各指数

f:id:stepping:20210911072116p:plain

今週はラッセルが大きくマイナスになっています。その次はダウですね。素材系の価格上昇が目立っていて、その価格転嫁ができない可能性が織り込まれた気がします。また単純にラッセルからは金曜日には資金抜けが見られています。

 

ナスダックが最も堅調だったのですが、こちらもアップルが直近で1日最大の下落の3.3%のマイナスが発生するなど決して見た目ほど堅調だったとは言えないと思います。

 

マーケットは警戒しすぎまだまだ大丈夫といった楽観的な意見もありますが、今週のスケジュールを考えると先週よりリスクが高い週だとも思うので、その辺は頭に入れて投資をしてもいいかと思います。

 

先週の各指標

f:id:stepping:20210911072130p:plain

参考までに各指標をまとめておきました。

 

米国市場状況(9月10日まで)

9月10日までヒートマップ

 

全セクターは下落しています。特に大きい下落が不動産セクターですね。住宅価格は高騰していますし、弱さも見られないのですが、逆に既にセクター的には織り込みが終わり、一旦のバリュエーション調整が入ったと言えそうです。


次にヘルスケアも直近までは好調だったのですが、こちらもバリュエーション調整。後は米国の財政方針が決まってない状況で、ヘルスケアセクターの今後に関しての不安感も出てる気がします。資本財は素材高騰でのコスト増による下落圧力によってと考えられると思います。

 

ハイテクはアップルの大きな下落に引っ張られた気もします。APP課金の件ですが、今後の展望も気になりますが、マーケットが不安定な状況だとしばらく需給的に弱くなる可能性はありそうです。

www.nikkei.com

 

一般消費財は一部価格転嫁できそうな企業が堅調だったこともあって、下落が最も穏やかでした。一般消費財のなかでも今後は勝者と敗者が出てきそうな気がします。

 

f:id:stepping:20210913065424p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec&st=w1

 


先週

f:id:stepping:20210906082324p:plain

今週の決算スケジュール

今週は決算よりもここからブラックアウト期間に入る方が大切だと思います。業界カンファレンスによる1か月後の決算織り込み、更に自社株買いができ無くなる期間に入る事を意識して、投資をした方がいいと思います。

 

今週の経済指標

9月14日(火)21時30分 消費者物価指数 08月
前月比予想0.4% 前回0.5%
9月16日(木)21時30分 小売売上高 08月
前月比予想-0.8% 前回-1.1%
コア前月比予想-0.1% 前回-0.4% 

 

そして金曜日はクアドラプルSQです。株価指数先物取引・株価指数オプション取引・個別株先物取引・個別株オプション取引の締め日です。


まとめ 

では「【米国株の週間展望】FOMC前週に考えたい事」をまとめていきますね!

 

今週はFOMC前週になります。もちろんFOMCが最も注目のイベントになる事は間違いないのですが、それ以外にもマーケットへ大きな影響を与えそうな指標発表もあります。

 

誰かが9月は下落するとかではなく、普通に考えてマーケットが不安になる要素が盛り沢山です。CPI・クアドラプルSQ・ブラックアウト期間、そこからのFOMC。更に9月・10月は米国の財政案も煮詰まってきます。FOMCまでは大丈夫と考えるのではなく、FOMC以外にもリスク要素は沢山あると考えて冷静に投資していきたいですね。

 

先週のコメントです。備忘録

フィンテックのMVPですが、マスターとビザはBNPLの勢いに押されています。PYPLは投資用のプラットフォーム発表が追い風。モデルナはFDAの承認とブースターワクチン接種が追い風です。この辺の動きにも今週は注目したいところです。

 

今週はただでさえ、4日間の短縮期間です。また薄い出来高が継続する可能性があります。国債の入札がダイレクトにマーケットにインパクトを与える事も警戒しておきたいですね。

 

FOMCまで2週間ですが、その前の週には実はイベント盛り沢山なので、スケジュール感を大切に投資を継続していきたいところです。(その内容は来週纏めます。)

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版!既に重版も決定で10月17日発売!今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】