”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株は微調整!ADP雇用統計?個人投資家?

f:id:stepping:20210604071307j:plain

米国株は微調整!ダウ-0.07% ナス-1.03% SP500-0.36% ラッセル-0.81% もみ-2.66%。オープン時は大きな下落が発生していますが、最終的には微調整程度で終わっています。

 

とはいえ、何か大きな戻しがあったようにも見えず、大きな流れもあったようにも見えず、ADP雇用統計の内容で緩和が終わる可能性といわれてますが、それなら機関投資家がもっと動きそうな気もするのですが。。。どうもそうも見えません。

 

米国株投資家もみあげの「米国株は微調整!ADP雇用統計?個人投資家?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

ADP雇用統計とISM非製造業

 ADP雇用者数(5月)
結果 97.8万人
予想 65.0万人 前回 65.4万人(74.2万人から修正)(前月比)

 

ISM非製造業景気指数(5月)詳細 
総合   64.0(62.7)
事業活動 66.2(62.7)
新規受注 63.9(63.2)
雇用   55.3(58.8)
入荷水準 70.4(66.1)

仕入価格 80.6(76.8)
輸出   60.0(58.6)
輸入   50.4(55.7)

()は前回

 

詳細は割愛なんですが、数字上はADPは予想より上、ISM非製造業は雇用は低下。単純に数字だけみたらどっちつかずとも言えそうです。

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数▲0.87%(209.28→207.47)

・原油価格68.77→68.95ドル/バレル

・ゴールド1908.45→1870.7(▲1.97%)

・5年債0.792→0.841(+6.28%)+4.9bp

・10年債1.589→1.628(+2.47%)+2.9bp(1bp=0.01%)

・実質金利 1日前-0.18→本日-0.15

*長期実質金利平均。長期実質金利平均:長期実質金利平均は、残存期間が 10 年以上のすべての発行済み TIPS の買値実質利回りの非加重平均であり、長期実質金利の代理として使用することを意図している。

・VIX指数▲2.35%(17.48)→+3.2%(18.04)

・HYG▲0.03% →▲0.21% (炭鉱のカナリアとして、目安として▲1%が発生したら警戒)

 

国債は売りで金利上昇。リスクオンではなく、債券のポジション調整になりそうです。では株式はかわれているかというと売られています。全体として出来高は売り買い交錯になっていますが、資金が抜けてるようにも感じます。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

f:id:stepping:20210604062955p:plain

SPYの出来高は増加です。オープン時に大きな売りがあったのですが、その後は多少買い戻されてるとも言えそうです。

 


QQQ・VOO出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

f:id:stepping:20210604065134p:plain
QQQの出来高は大きく増加です。ナスダック系は最初売られて、買戻し、そして最後はもう1度売られる形でした。

 

f:id:stepping:20210604065212p:plain
VOOの出来高はほぼ変わらずです。


中小株出来高

f:id:stepping:20210604065232p:plain

ラッセルの出来高は増加です。こちらもほとんどナスダックと同じ動き、売られて、買い戻されて、また売られるといった形でした。

 

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター)

上昇セクターはエネルギー・公益・ヘルス・生活といったところですが、強い傾向があるわけではない気がします。具体的な分野は下記になります。

 

 

f:id:stepping:20210604064152p:plain

 

 

下落セクター)

ハイテク系は全体的に下落です。テスラは最後に大きく売られています。正常化においてハイテク関係がもっともポジション削減しやすかったとも言えそうです。

f:id:stepping:20210604064217p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: パフォ(本日▲1.22% 1日前+0.63%)

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

f:id:stepping:20210604064324p:plain

→アップルは出来高は増加です。売り買い交錯しています。

 

AMZN:パフォ(本日▲1.45% 1日前+0.48%)

機関投資家比率 本日57% 1日前57%

f:id:stepping:20210604065536p:plain

→アマゾンは出来高は増加です。アップル程激しくないですが、売り買い交錯です。

 

TSLA: パフォ(本日▲5.33% 1日前▲3.01%)

機関投資家比率  本日44% 1日前44%

f:id:stepping:20210604065609p:plain

→テスラは出来高は増加です。中国の受注台数が4月対比で半分になった事が報道されて、その瞬間に更に大きく売られました。

 

まとめ 

では「米国株は微調整!ADP雇用統計?個人投資家?」をまとめていきますね!

 

機関投資家は特にそこまで積極的に動こうとしてる感じではないと感じました。どちらかというと個人やヘッジファンドが動転して動いたような気がします。債券が売られてるのも気になります。

 

ただ株式のポジションを減らすならナスダックやラッセルのグロースからという動きもちょっと見えた気がします。環境やEVもマーケットが状況が悪化したら、そこから資金が流出しそうな動きも見えました。

 

とはいえ、まだ大きな動きが確定してるようには見えないので、かなり難しい状況下と思います。

 

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】