”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株はナスが上昇!出来高が微妙で過熱感はVIXほど無し

f:id:stepping:20210323063843j:plain

米国株はナスが上昇!ダウ+0.31% ナス+1.23% SP500+0.7% ラッセル-0.9% もみ+0.72%。今日はハイテク大手GAFAMが主導したマーケットでした。

 

但しそれほど大きな出来高ではなくGAFAMとテスラも主導したマーケットになっていますが、テスラにいたっては途中まで6%近く上昇したのですが、引け前に2.3%まで下落しています。直ぐに利確がはいるので、マーケットが上昇目線には見えずらいです。

 

米国株投資家もみあげの「米国株はナスが上昇!出来高が微妙で過熱感はVIXほど無し」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

 

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数+0.88%(188.79→189.06)

・原油価格61.45→61.33ドル/バレル

・ゴールド1743.3→1739.7(▲0.32%)

・5年債0.882→0.856(▲3.31%)▲2.6bp

・10年債1.726→1.680(▲2.56%)▲4.6bp(1bp=0.01%)

・実質金利 1日前0.05→本日-0.04

*長期実質金利平均。長期実質金利平均:長期実質金利平均は、残存期間が 10 年以上のすべての発行済み TIPS の買値実質利回りの非加重平均であり、長期実質金利の代理として使用することを意図している。

・VIX指数▲2.9%(20.95)→▲9.8%(18.88)

・HYG+0.38%→+0.02% (炭鉱のカナリアとして、目安とて▲1%が発生したら警戒)

 

金利が1.6後半に落ちたことによって今日はハイテク系が好調という事になったと思います。環境系は3兆ドルプランがNYタイムズで報道されたことも関係ありそうですが、まだ確定情報ではないです。VIXは大きく下がっていますが、VIXほどの過熱感はマーケットからは感じられないです。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

f:id:stepping:20210323055027p:plain

SPYの出来高は大きく減少です。VIXがあれだけ上昇したので、過熱感があるかと思ったのですが、意外なほど出来高は低いです。

 


QQQ・VOO出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

f:id:stepping:20210323055046p:plain
QQQの出来高も大きくはないです。ショートが少なかったと言えるかと思うのですが、しっかりとした買いが入ってるとみるか。判断に迷います。

 

f:id:stepping:20210323055103p:plain
VOOの出来高は減少です。SPYとほぼ同じ理由だと思います。


中小株出来高

f:id:stepping:20210323055153p:plain

ラッセルは出来高は大きく減少です。更に下落しているので売りが優勢になっています。

 

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター)

上昇セクターは大型ハイテク・半導体・テスラヘルスケアと生活必需品といった所になります。また環境系は全体的に好調で、中小株は一部ハイテク系が強かったです。

 

下落セクター)

下落セクターは大型なら金融とエネルギー、また中小株系は一部除いて全体的に不調になっていました。

f:id:stepping:20210323045350p:plain



https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: パフォ(本日+2.83% 1日前▲0.45%)

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

f:id:stepping:20210323060919p:plain

→出来高は金曜日の半分近くです、ショートも少なかったですが、出来高も過熱感はないです。ただここから上昇するには頭打ち感も感じます。

 

AMZN:パフォ(本日+1.17% 1日前+1.55%)

機関投資家比率 本日57% 1日前57%

f:id:stepping:20210323061105p:plain

→出来高はこちらも金曜日よりかなり少ないです。比較的堅調と言えると思います。

 

TSLA: パフォ(本日+2.31% 1日前+0.26% )

機関投資家比率  本日40% 1日前40%

f:id:stepping:20210323061217p:plain

→出来高は金曜日と変わらずです。テスラは引けまでは大きく上昇したにも関わらず最終的には利確されて、ショートも入る。よって出来高が他の銘柄よりも高くなっています。700ドルを超えるのはなかなか厳しそうです。

 

まとめ 

では「米国株はナスが上昇!出来高が微妙で過熱感はVIXほど無し」をまとめていきますね!

 

 

 GAFAMが上昇したことによってVIX指数が下落しています。但しそれほどのマーケットの期待度も感じられず、どうしても引けで大きく利確が入ってしまっています。投資家心理としてはまだホールドするには弱いマーケットという印象がありそうです。

 

またこのまま指数関係だけ上昇していくと、今度は月末のリバランスが大きくなりそうです。どうも見ていてもバランスが悪い気がして安心して投資するには厳しいなと感じもします。ビットコ関係はパウエル議長の不信感が報道されて落ちてもいます。

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】