”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株の展望】転換点の見極め!国債入札にも注意

f:id:stepping:20210308070350j:plain

 

先週もグロース株投資家にとっては地獄の様な週だったと思います。コロナ暴落が可愛く見える位の下落率を記録した投資家も多いかと感じます。

 

ただ指数系を見ていくとほとんど指数は変動はなく、中身がローテーションされたリバランスという表現が正しいかと思います。

 

投資家の間でも金曜日に底打ちした、まだ調整は続くと意見が割れてるところです。流石に予想はできないので、注意点を記載しながら今週の展望を見ていきたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株の展望】転換点の見極め!国債入札にも注意」をお楽しみください! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

先週の各指数

f:id:stepping:20210308061800j:plain

ご覧になるとわかるように指数には全く変動がないです。ダウが最も調子がいいですね。ナスダックが最も大きな下落です。ラッセルも調整されていますが、バリュー分野は上昇していたのでほぼ相殺されています。

 

この極端な調整が今回の調整に関しての判断を難しくしていると思います。僕自身のPFはグロースやEVメインだったために、下落が大きかったです。よって投資家にとって感じ方も違ってきたと考えます。

 

指数では見えない、バリュエーションの調整が大きく実施されたのが先週であったというのが適切な表現だと考えています。

先週の各指標

f:id:stepping:20210308061839j:plain
参考までに各指標をまとめておきました。

 

米国市場状況(3月第一週)

3月第一週ヒートマップ

 

セクターとしては明確に分かれています。アフターコロナを意識したセクターが全て上昇して、そうではないセクターが下落するといった形になっています。特に好調ななのがエネルギーと金融です。

 

逆に考えると上記2セクターはかなり織り込んでしまったとも考えられるので、ここからポジティブ要素がないとしばらくは停滞する可能性も考慮できると思います。

 

注目したいのはこれだけ上昇セクターが多いとしたら、指数はもっと上昇してもいいと思うのですが、ハイテクや一般消費財セクターはGAFAMやテスラを組み入れてるので、それだけ影響が大きいという事になります。

 

この点も指数に投資してる投資家と個別株投資家では全くイメージが違う相場なために判断を難しくさせてる要因だと思います。

 

 

f:id:stepping:20210308062006p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec&st=w1

 


2月第四週

f:id:stepping:20210301023949p:plain

 

転換点

転換点は現状考えると3つの可能性があると思います。

 

・先週の金曜日に既に底打ちした。(財政織り込みはあったと思いますが、ほぼ可決されそうで、調整目線が変わった可能性)

 

・国債入札:金利の変動に落ち着き
9日(火)
3年債(580億ドル)
10日(水)
10年債(380億ドル)
11日(木)
30年債(240億ドル)
総額1200億ドル
*特に水曜日の10年債入札が重要です。

 

・FOMC:今後の金利水準やバランスシートに関しての発言

3月16日を予定

 

 

まとめ 

では「【米国株の展望】転換点の見極め!国債入札にも注意」をまとめていきますね!

 

今週もまた投資家にとって難しい週になりそうです。転換点を見極めながらの投資になるので、金利によるボラティリティを常に注意しながら投資するという神経を使う投資になりそうです。

 

間違いなくバリュエーションは調整されてるので、投資するにしてもバリュエーションチェックは必要ですし、もし今週下落してしまうと暴落という言葉も出てきそうですが、アフターコロナに向けて正常な調整が行われてるという認識は忘れないでいたいですね。

 

 

今週も慎重に慎重に投資を継続していきましょう!では今週もがんばっていきましょう!

 

先週のコメントです。備忘録

経済指標の発表が続きます。ISMは大きく変化が無ければそれほどマーケットに影響を与えない気がします。雇用統計もサプライズがない限りは大丈夫かと。

 

財政支援の1.9兆ドルは下院可決は織り込んでいるとは思うので、大きなポジティブにはならずに、マーケットは中旬までの可決を下支えにする気がします。J&JのFDA承認もアフターコロナにも追い風になると思います。

 

気になるのは金利ですが、金利水準も一度急上昇をマーケットが味わって慣れた可能性もありますね。そしてハイテクとオールドのどちらに偏るか。この辺りも気になります。シーキングαの記事でバリューとグロースの記事がありました。一度チェックしてみてもいいと思います。

https://seekingalpha.com/article/4408902-how-do-investors-navigate-value-and-growth-rotations

 

今の段階では何も言えないですが、月曜日の動きをみて、特に金利とハイテク・オールドのローテをチェックして投資をしていきたいところです。ボラが落ち着いてきて欲しい所です。

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版!既に重版も決定で10月17日発売!今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】