”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株はフラッシュクラッシュ!出来高急増で不安感強く

f:id:stepping:20210126070134j:plain

米国株はフラッシュクラッシュ!発生ですダウ-0.12% ナス+0.69% SP500+0.36% ラッセル-0.25% もみ-0.54%。終わってみればナスダックは堅調に上昇しているように見えます。但し場中の動きは超ハイボラティリティでした。

 

今日もとんでもない状況が発生していました。朝一はダウ以外は全面高になっていたのですが、大口の利確→VIX指数が急上昇→個人も利確→さらにロビンフッドアプリが不具合からのフラッシュクラッシュで全体が急降下しています。 

 

 

米国株投資家もみあげの「米国株はフラッシュクラッシュ!出来高急増で不安感強く」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

フラッシュクラッシュ

今日のフラッシュクラッシュを象徴するのがGME(GameStop株)だったと思います。VIXの急激な上昇(大口の利確が発端)で、個人も利確→ロビンフッドアプリ停止で大混乱からの145%高→6%安となっています。売買代金はなんと150億ドルとアップルの190億ドルにせまる勢いです。

フラッシュクラッシュは、非常に短い期間内に発生する、非常に急速で、深刻で、不安定なセキュリティ価格の下落です。フラッシュクラッシュは、多くの場合、ブラックボックストレーディングと高頻度のトレーディングを組み合わせた取引によって発生します。株式市場だとVIX指数が契機になる事が多いので2018年12月末も同じでした。これは覚えておいた方がいいですね。

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数+0.92%(172.85→174.44)

・大豆油指数+1.77%(42.15→43.02)

・原油価格52.12→52.77ドル/バレル

・ゴールド1853→1855(+0.05%)

・10年債1.086→1.030(▲0.52%)▲5.6bp(1bp=0.01%)

→リスクオフで一気に国債が買われて金利低下です。

・実質金利 1日前▲0.43→本日▲0.45

*長期実質金利平均。長期実質金利平均:長期実質金利平均は、残存期間が 10 年以上のすべての発行済み TIPS の買値実質利回りの非加重平均であり、長期実質金利の代理として使用することを意図している。

・VIX指数+2.53% (21.90)→+5.84% (23.19)

→22.21から26.63まで一気に21%上昇(フラッシュクラッシュ)、その後低下

・HYG▲0.19% →+0.02% (炭鉱のカナリアとして、目安として▲1%が発生したら警戒です。)

 

今日は終わってみればなんてことがないマーケットに見えるのが逆にマーケットの力強さかもしれません。場中でフラッシュクラッシュが発生して全面安が進もうとしました。そこから再度押し目の買い直しが入っています。リスクオフになっためたに10年債は買われて金利が低下してるのでよくわかると思います。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

f:id:stepping:20210126063806p:plain

SPYの出来高は金曜日より上昇です。フラッシュクラッシュで売買が頻繁になり出来高は上昇しました。とはいえ大型はそこまで売られてなかった気もします。


QQQ・VOO出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

f:id:stepping:20210126063902p:plain
QQQの出来高は金曜日の約2倍です。GAFAM関係は売られもしましたが、しっかり買われてる状況でもある事がわかります。

 

f:id:stepping:20210126063953p:plain
VOOの出来高も急上昇です。これが一番分かりやすいです。個人投資家がどれ位狼狽したのか。GMやCATなども大量に売られていたみたいです。

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター)

今日は結果的にはGAFAMとテスラ・小売り・公益・ヘルスケアが好調となりました。大口の利確がはいりましたが、これらの大型は堅調に推移したと言っていいと思います。

 

下落セクター)

今日はフラッシュクラッシュによって個人投資家の好む銘柄が特にやられています。中小株・モメンタム銘柄などは一部を除いて大きく売られています。(クリエネ・中国株も)10%以上のボラティリティの銘柄も複数存在しています。

f:id:stepping:20210126054736p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: パフォ(本日+2.77% 1日前+1.61%)

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

f:id:stepping:20210126064246p:plain

→出来高は30%程上昇しています。利確もありましたがアップルは決算が好調が予想され上昇していますね。買いもしっかり入っています。

 

AMZN:パフォ(本日+0.03% 1日前-0.45% )

機関投資家比率 本日57% 1日前57%

f:id:stepping:20210126064417p:plain

→出来高は昨日より下落です。小売り関係は今日は堅調に上がっていました。というか直近が落ちていたので反動が少なかったです。

 

TSLA: パフォ(本日+4.04% 1日前+0.20% )

機関投資家比率  本日40% 1日前40%

f:id:stepping:20210126064614p:plain

→出来高は倍以上です。個人投資家がテスラに殺到していましたね。中小株に不安を感じて一気にテスラに流れ込んだ状態でもあるのが見えてきます。

 

コロナ状況(不安アリ)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移(1週間平均)

1週間平均がやっと下落方向に向かっています。アストラゼネカのワクチンが失敗。他のワクチンにも供給遅れ懸念がありますが、このまま下落傾向に向かって欲しい所です。

f:id:stepping:20210126065632p:plain



 


米国コロナ死者数推移(1週間平均)

コロナ死者数の減少傾向が止まってしまっています。これが問題ですね。バイデン大統領も深刻に受け止めています。

f:id:stepping:20210126065737p:plain



 

https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

  

まとめ 

では「米国株はフラッシュクラッシュ!出来高急増で不安感強く」をまとめていきますね!

 

今回紹介した内容以外には、共和党マコーネルさんが追加救済案の内容にケチをつけたり、米中関係に不安感が漂ったり、コロナウィルスの死者に深刻な発言をバイデン大統領がしたりと、不安感を煽る情報も今日は多かったのが特徴です。

 

ただもし今日フラッシュクラッシュが場中発生しなかったら、過熱感が一気に上がってしまった可能性もあります。逆に一旦落ち着かせる意味でももしかしたらよかったかもしれないです。明日戻せるかどうかにまた注目です。

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。