”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株は調整から巻き戻し!超重要なイエレン次期財務長官発言

f:id:stepping:20210120065242j:plain

米国株は調整から巻き戻し!ダウ+0.38% ナス+1.53% SP500+0.81% ラッセル+1.32% もみ+5.76%。今日は出来高は金曜日と比較すると大きく下落していますが、終日買いフローが多くほぼ巻き戻した形になります。

 

出来高が高くなく、オーダーが買い主体だったのは悪くない兆候だと思います。ただまだ調整が続く可能性もあるので、油断はできないです。

 

そして本日はイエレン次期財務長官の上院での公聴会がありました。本当に本当に大切な内容なので是非ともじっくり目を通してください。これによって今後の投資戦略も変わってくると思います。

 

米国株投資家もみあげの「米国株は3連休前の利確で下落!?大きな報道はなく需給悪化」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

イエレン次期財務長官の上院公聴会(超重要)

イエレン次期財務長官の上院公聴会が本日行われました。今後の投資方針を検討するうえで非常に重要な内容を語っていますので、要約します。

日経後藤さんのまとめはまたも非常に分かりやすいので、是非読んでみてください。

 ・中国は重要な戦略的競争相手
・インフラ投資を含む米経済強化パッケージをまもなく提出
・気候変動は脅威。クリーンエネルギー、再生可能エネルギー、電気自動車への投資必要
・ドルの価値は市場によって決定されるべき(トランス政権はドル安を誘導してた)
・商業利益のための為替の目標設定は受け入れない

・50年債の導入も検討しているとの事。金利水準を安定化する効果が期待される。

また2017年の減税以前の水準に法人税を引き上げる事は現在考えていなく、むしろ中小企業中心に救済が必要な事を強調していました。

 

NYが増税検討

現在の州財政が非常に悪化してる状況である事を示すように、NYが増税を検討しています。クオモさんの提案です。

・最高所得税率を8.82%から10.86%に引き上げることを提案

・所得上位層の住民は、市と州を合わせて14.7%と、全米で最も高い税率を支払うことになる

これを見ると州財政はNYは最悪の状況で、更に益々郊外の住宅状況が活況になりそうなイメージが湧いてきます。

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数▲0.23%(175.25→174.85)

・大豆油指数▲0.43%(41.90→41.67)

・原油価格52.22→53.02ドル/バレル

・ゴールド1839→1839(0.00%)

・10年債1.085→1.087(+0.16%)+0.2bp(1bp=0.01%)

→金利は一旦上昇もイエレン発言を受けて、再度国債は買われて金利は下落です。

・実質金利 1日前▲0.39→本日▲0.36

*長期実質金利平均。長期実質金利平均:長期実質金利平均は、残存期間が 10 年以上のすべての発行済み TIPS の買値実質利回りの非加重平均であり、長期実質金利の代理として使用することを意図している。

・VIX指数+4.69% (24.34)→▲4.52% (23.24)

VIXは金曜日上昇分を本日は巻き戻しした形になります。

・HYG▲0.16% →+0.29% (炭鉱のカナリアとして、目安として▲1%が発生したら警戒です。)

 

今日は半導体が+3%近くです。原油も53ドル台に戻してきました。金利に関してはイエレンさんの発言もあって、金利不安が一旦解消された形になり国債が買われて金利は安定しています。リスクオンではなくて、金曜日からの巻き戻しといった形になると思います。

 

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

f:id:stepping:20210120063922p:plain

SPYの出来高は金曜日の半分です。という事は終日フローが良かったという事になります。一旦売り圧力が去って、買い中心に変わったと言えそうです。


QQQ・VOO出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

f:id:stepping:20210120064016p:plain

QQQの出来高も35%位減少しています。それでも上昇してるのは今日のオーダーフローが買い中心だったとみることができます。

 

f:id:stepping:20210120064124p:plain

VOOの出来高はほぼ変わらずです。個人投資家はインデックスは淡々と買ってる状況であると見えてきます。

 

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター)

今日は全体的に金曜日の調整から巻き戻した形です。特に半導体関連やエネルギーは大きく上昇しています。GAFAMにおいてもグーグルとフェイスブックが復調しています。

ペニーストック系(単価が非常に安い)の銘柄は爆上げしてる銘柄も多かったです。

 

下落セクター)

小売り関係が全体的に不調でした。12月の小売実績が不調だったのも尾を引いてると思います。現在の株高の状況だと小売り系はバリュエーションを正当化するのが少し難しいかもしれません。

f:id:stepping:20210120052115p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: パフォ(本日+0.54% 1日前-1.42%)

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

f:id:stepping:20210120064221p:plain

→出来高は金曜日より下落です。とはいえ相変わらず積極的に買われてるわけではなく、軟調な状態が続いています。

 

AMZN:パフォ(本日+0.54% 1日前-0.74% )

機関投資家比率 本日57% 1日前57%

f:id:stepping:20210120064305p:plain

→出来高は昨日より20%程下落です。こちらは金曜日下げた分をほぼ戻したような形になっていますね。

 

TSLA: パフォ(本日+2.23% 1日前-2.23% )

機関投資家比率  本日40% 1日前40%

f:id:stepping:20210120064353p:plain

→出来高は金曜日よりも大きく下落も、金曜日の下落分を全て戻しています。テスラはとにかくオーダーフローがアップル・アマゾンより堅い状況になってる気がします。

 

コロナ状況(改善)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移(1週間平均)

1週間平均がやっと下落方向に向かっています。1200万本のワクチンが米国で接種されたとの報道もあります。このまま下落傾向に向かって欲しい所です。

f:id:stepping:20210120064542p:plain



 


米国コロナ死者数推移(1週間平均)

コロナ死者数もやっと減少傾向になってきました。これが継続して欲しいです。

f:id:stepping:20210120064651p:plain

https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

  

まとめ 

では「米国株は調整から巻き戻し!超重要なイエレン次期財務長官発言」をまとめていきますね!

 

本日は金曜日の調整から一旦の巻き戻しとなっています。とはいえ出来高はまだ低いので恐る恐る買いを中心で入ってきてるといった状態だと思います。 

 

 

明日はいよいよバイデン大統領の就任式です。sell the factも懸念されている状況です。僕は本日の需給状況であればそれほど恐れる事もないような気がしてるんですが、どうなるかは蓋を開けてみないとわからないですね。

 

それよりは本日のイエレンさんの発言をしっかり解釈して今後の米国株投資戦略をしっかり検討した方が有用だと思います。

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。