”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株の展望】バイデン大統領就任に注目!火曜日の需給が最重要

f:id:stepping:20210119062955j:plain

 

先週は1月最初の週が上昇傾向だったのですが、その反動ともいえる調整の週だったと言えそうです。とはいえ大きな調整ではなかったです。ただしEV関係やクリーンエネルギー関係は大きな下落が発生していました。

 

国債入札が堅調だったにも関わらず、逆に金利が下落していたのが印象的でした。(むしろ金利不安が無くなって金利が上昇してもおかしくないと考えていました。)

 

米国の3連休もあって、木曜日・金曜日において全体的に売り先行になって、金曜日は調整といった形でおわりました。そんなな中で今週はどうなるかのポイントを整理しておきたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株の展望】バイデン大統領就任に注目!火曜日の需給が最重要」をお楽しみください! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

 

先週の各指数

f:id:stepping:20210119060317p:plain

今週の騰落率を見るとナスダックが最も調子が悪かったですね。金利が下落でハイテク有利という状況とはもう状況が変わっていますので、その点は頭を切り替えていった方がいいです。

 

というのが金利水準は国債入札が堅調だったことによって、金利不安が一旦は納まったので、逆にGAFAMへの規制懸念や成長性不安が先に来てしまって、機関・大口が頻繁に売買を繰り返してリスクヘッジをしてる状況が見えてくるからです。

 

最も調子がいいのはラッセルですね。こちらは個人投資家の積極性もありつつ、バイデン政策は中小企業への支援をメインにしているからだと思います。この傾向が続くかも要チェックです。

注目トピック

 

1月20日のバイデン大統領就任式で大統領令が発動される予定になっています。日経の後藤さんからの情報です。(ツイッターフォローは必須かと)

https://twitter.com/goto_nikkei/status/1350898184151846914?s=20

f:id:stepping:20210118060244p:plain

特に影響を受けそうなのが、パリ協定復帰です。これはクリエネにポジティブな可能性がありますね。ただ元々織り込まれてた事なはずなので、市場の動きがどうなるか。。

 

 今週の決算予定としてはNETFLIXは注目だと思います。前回の決算においてNETFLIXが決算に負けた事によって、ハイテクに関しては少し不安感が広がっていました。今回は決算を綺麗にクリアできるか注目したいと思います。

f:id:stepping:20210118055508p:plain



 

米国市場状況(1月第2週)

1月第2週ヒートマップ

 

今週最も上昇したのはエネルギーでした。ただ金曜日は大きな調整が入ってました。週間で安定したのは不動産といった所になるでしょうか。エネルギーはXOMが不正会計疑惑が入ったのも大きかったです。


最も大きな調整が入ったのがハイテクです。売りフローが落ち着いたように見えたのですが、金利は下落したにも関わらずこの下落は特に大口がバイデン政権の規制を警戒してる状況であることが見えてきています。


今週は総括すると堅調な国債入札による金利低下・1.9兆ドルの追加政策プランが発表されたにもかかわらずちぐはぐ感はありますね。全体的にsell the fact になった気がします。

f:id:stepping:20210118055903p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec&st=w1

 


1月第1週

f:id:stepping:20210111024050p:plain

 

コロナ状況(好転)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移

コロナ新規感染者数は1週間平均はやっと減少傾向に転じてきたと言えそうです。

f:id:stepping:20210119051624p:plain

 


米国コロナ死者数推移

 

1週間平均グラフ

f:id:stepping:20210119051811p:plain



https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

今後の注目イベント

 

1月20日大統領就任

1月26・27日FOMC

この2つのイベントは非常に注目です。これによって今後の方向性がほとんど固まってくるので、今週は準備しておくのも手だと思っています。

 

また1月26・27日はGAFAMのグーグル以外の決算、そしてテスラの決算も予定されています。そうなると今週よりは来週の方がリスクが大きいと考えられそうです。今週は火曜日が先週金曜日の調整から需給が回復すれば、比較的緩やかになりそうな気もしています。

 

まとめ 

では「【米国株の展望】バイデン大統領就任に注目!火曜日の需給が最重要」をまとめていきますね!

 

先週は出来高も増えて調整がはいったので、もし火曜日に戻しがはいったとしたら、大統領就任式後の軟調は今週はそこまで気にするレベルじゃないかもしれません。逆に来週の方がリスクが大きいイベントが沢山存在しています。

 

また最近米国株投資においてはハイボラティリティの銘柄も人気ですが、投機筋がショートスクイーズを発生させてイナゴを集めて、一気に上昇させてるという背景も見えています。銘柄選定の際はそういったリスクもしっかり頭に入れておきたいですね。

 

 

今週もがんばっていきましょう!

 

先週のコメントです。備忘録

先週みたいな大きな動きがあると精神的に疲れる投資家も多いとは思うのですが、今週は少し緩やかになる可能性があります。但しニオとテスラが両輪で先週は大きく上昇しました。ニオデーを見越してですね。

 

そのニオデーが週末に終わりました。これがsell the factになる場合はテスラも影響を受けることが予想されます。テスラは今後の米国株市場の調子を左右する可能性があるので注意必要ですね。

 

また来週以降のビッグイベントを考慮してポートフォリオなどを整理する週としてもいいかもしれませんね。

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版!既に重版も決定で10月17日発売!今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。