”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株は軟調!UKでコロナワクチン承認でローテーション中!

f:id:stepping:20201203064358j:plain

米国株は軟調もローテーション!ダウ+0.2% ナス-0.05% SP500+0.18% ラッセル+0.11% もみ-0.9%となっています。UKワクチン承認で全面高になると思われましたが、マーケットはワクチン承認を織り込んでたという事になりそうです。

 

 ローテーションが発生しています。但しこれはセクター間でもありますが、どちらかというとセクター内でも需給面で上昇できそうな銘柄と弱い銘柄が分かれてきている気がします。朝一で下落していても需給面で大きく切り返す銘柄などもあります。

 

今日はそういった面も注目して1日を振り返ります。

 

米国株投資家もみあげの「米国株は軟調!UKでコロナワクチン承認でローテーション中!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

 

今日の注目2トピック

 

ファイザー&ビンテックスのワクチンが初のUKでの承認

 

米国のファイザー社とドイツのバイオンテック社が開発したコビド19ワクチンの緊急使用承認を欧米諸国で初めて取得し、数日以内に限定的に配布される予定となっています。

 

西欧諸国で初めてワクチンを取得した英国の出現は、同国の医薬品・医療製品規制庁による迅速な作業の結果

www.wsj.com

 


 

9000億ドルの追加経済刺激策案

 

民主党と共和党の議会指導者は、水曜日に彼らが新しいコロナウイルス法案の妥協のための可能性を見たと言った、ナンシーペロシとチャックシューマーは$9080億ドルの超党派のフレームワークが交渉の基礎となるべきであることを述べた。

 

www.wsj.com

 

2つともどちらかというと金利を上昇させてダウに有利に働きそうですが、既にマーケットは織り込んでいたんじゃないかという本日の動きになっています。今後はオールド・ハイテクといった区分けじゃなくて需給などをみて強い銘柄を選別する力が必要になりそうです。

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数+0.3%(158.94→159.42)

・大豆油指数▲0.16%(37.06→36.95)

・原油価格44.56→45.14ドル/バレル

・ゴールド1814→1828(+0.79%)

・10年債0.929→0.943(+2.70%)+1.4bp(1bp=0.01%)

・VIX指数+0.97% (20.77)→+1.83% (21.15)

・HYG▲0.14% →+0.28% (炭鉱のカナリアとして、目安として▲1%が発生したら警戒です。)

 

ワクチン承認・9000億ドルの刺激策が報道されたのですが、金利に過熱感は正直無いと思います。ワクチン承認はほぼ織り込んでるんじゃないでしょうか。VIXも上昇しているくらいなのでショートもそれなりに入ってると考えられます。原油は底堅いですね。

 

ゴールドも本来の形として正常化してきてる気がします。社債周りにも今の所不安はない気がします。

 

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 65,696,981 vs 1日 40,113,183

3日前の出来高

 10日平均 64,365,165 vs 1日 26,588,951

2日前の出来高

 10日平均 60,404,716 vs 1日 80,464,351

1日前の出来高

 10日平均 62,496,044 vs 1日 67,259,242

本日の出来高

 10日平均 62,492,427 vs 1日 38,224,362

 

SPYの出来高は昨日よりは下落です。指数はそれほど変われておらず特定銘柄への資金が入ってる状況です。よって本日の状況を見てどの指数が強いとは断定できそうもないですね。

 


QQQ出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 27,559,989 vs 1日23,034,773(VOO2,239,873)

3日前の出来高

 10日平均 26,282,379 vs 1日15,970,186(VOO965,624)

2日前の出来高

 10日平均 24,547,008 vs 1日26,700,020(VOO4,139,143)

1日前の出来高

 10日平均 24,842,573 vs 1日26,500,303(VOO3,179,245)

本日の出来高

 10日平均 24,590,000 vs 1日22,292,361(VOO2,250,828)

 

QQQの出来高は減少していますが、出来高は過熱感も無く安定してきてる状況に見えます。VOOは大きく減少しています。個人は相変わらずローテーションに合わせて機動的に動いてる気がしますね。

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター

 

上昇セクターとしては航空・レジャー銘柄、金融・エネルギー、ヘルスケアの一部が強かったと言えると思います。ハイテクも強弱がついてる状況です。オールドというよりはローテーションしながらセクターを物色した感じでしょうか。

 

下落セクター

一般消費財・不動産・生活必需品が弱かったです。また個人投資家に人気があるモメンタム銘柄のWKHS・CRSR・PLTRなどは10%以上の下落になっています。ハイグロも金利上昇で下落していますが、一部は切り返してました。

f:id:stepping:20201203053431p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 


主要銘柄の状況

 

AAPL: 10日平均96,091,142 vs 本日81,863,263 (1日前125,434,309)

パフォ(本日+0.3% 1日前+3.03%)

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

→出来高は1日前よりは減少です。ただ終日安定していたのでアップルは需給面は改善されてきてる気がしますね。

 

AMZN:10日平均 3,585,454 vs 本日 2,974,947(1日前4,395,213)

(本日▲0.51% 1日前+1.60%)

機関投資家比率 本日57% 1日前57%

→出来高は1日前より下落です。アップルと違ってアマゾンはちょっと重いですね。EC系はどちらかというと新興国系の方が今は強いです。(BABA除く)

 

TSLA: 10日平均 52,840,550 vs 本日45,147,445 (1日前39,046,658)

パフォ(本日▲2.74% 1日前+3.09%)

機関投資家比率  本日40% 1日前40%

→出来高は1日前より上昇です。本日テスラは売られました。こちらはイーロンマスクが株価が高すぎる、コストカットを社員に依頼するなどといった内部事情から安定感を欠いてると思います。(過去にも同様の事があったような気が・・・・)

 

コロナ状況(深刻)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移(1週間平均)

新規感染者数推移が1週間平均の表示に変わりました。1週間の傾向なので簡単には傾向は変わらないと思います。1週間平均が少し下がりました。16.1万人です。

f:id:stepping:20201203054020p:plain

 


米国コロナ死者数推移

 

11月18日1467人増 vs 本日2597人増です。死者数は大きく増加です。2週間傾向だとまた上昇傾向に転じています。

 

11月14日244,345人(前日対比1915人増)

11月15日245,600人(前日対比1255人増)

11月16日246,214人(前日対比614人増)

11月17日247,220人(前日対比1006人増)

11月18日248,687人(前日対比1467人増)

11月19日250,537人(前日対比1850人増)

11月20日252,555人(前日対比2018人増)

11月21日254,413人(前日対比1858人増)

11月22日255,899人(前日対比1486人増)

11月23日256,782人(前日対比883人増)

11月24日257,701人(前日対比919人増)

11月25日259,925人(前日対比2224人増)

11月26日262,266人(前日対比2341人増)

11月27日263,455人(前日対比1189人増)

11月28日264,859人(前日対比1404人増)

11月29日266,063人(前日対比1204人増)

11月30日266,873人(前日対比810人増)

12月1日268,045人(前日対比1172人増)

12月2日270,642人(前日対比2597人増)

 

1週間平均グラフ

f:id:stepping:20201203054124p:plain



https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

 

まとめ 

では「米国株は軟調!UKでコロナワクチン承認でローテーション中!」をまとめていきますね!

 

ローテーションといってセクター間で発生してると思いがちですが、僕は現在は違うと思っています。企業価値が高く需給面が強い銘柄が上昇しそうな傾向が見えてきています。出来高は大きくは無く指数よりはまた個別銘柄に資金が集まってると思います。

 

指数にはショートもそれなりに入ってるような気もします。また難しいマーケットになっていますが、ローテーションが発生しても狼狽だけはしないように気を付けたい状況です。

 

後はワクチン承認は織り込んでると思いますが、米国でもワクチン承認されればコロナ後の世界も本格的に見えてきそうですね。 

 

 

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されています。米国株の基礎、今後の見通し、銘柄選定の方法など、自分がわかる限りの情報をばっちり記載していますので、ご興味がある方は是非どうぞ!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。