”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株は上昇幅調整か!?追加経済政策は選挙前の合意はなし?

f:id:stepping:20201015061143j:plain

米国株は今日は全指数が下落です!ダウ-0.58% ナス-0.8% SP500-0.66% ラッセル-0.93% 自分-1.1%となっています。今日は上昇幅の調整と追加経済政策の失望と考えられそうです。

 

久しぶりに普通の日だったんじゃないでしょうか?大きなボラティリティも発生せずにただ不安定なので積極的な買いも出てこないといった状況だったと思います。

 

トランプ政権のムニューチンさんも選挙前に合意は厳しいと語っていました。

 

今日は全面的にマイナスだったのですが、それほど心配する必要もないかと。下落した理由は追加経済政策期待が遠のいたとなるのでしょうが、恐らくマーケット関係者はもう選挙前の合意はほとんど信じてないと思います。

 

米国株投資家もみあげの「米国株は上昇幅調整か!?追加経済政策は選挙前の合意はなし?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数が+0.75%(150.38→151.51)

・大豆油指数が+0.80%(33.59→33.89)

・原油価格40.20→41.03ドル/バレル

・ゴールド1891→1900(+0.41%)

ドル安・ユーロ安で置きどころがなくてフラフラしてる印象です。

・10年債0.724→0.721(▲0.45%)▲0.3bp

・VIX指数+3.99% (26.07)→+1.00% (26.32)

→今日はiVIX指数も大きな動きなしです。多少ネガティブになってますけど、気にする程度じゃないと思います。

 

原油関係もくずれていないですし、半導体も上昇していました。金利は少し低下です。株価は下落していますが、総じて指数関係はポジティブだったといってもいいかと。ただ為替がドル安・ユーロ安になっていて、その不安定さが株式への資金を集まりにくさせてる感じもします。

 


 

 SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 73,891,955 vs 1日37,979,737

3日前の出来高

 10日平均 70,748,069 vs 1日55,429,963

2日前の出来高

 10日平均 69,593,987 vs 1日73,765,068

1日前の出来高

 10日平均 71,174,379 vs 1日67,840,128

本日の出来高

 10日平均 73,346,771 vs 1日50,672,404

 

SPYの出来高は昨日より下落しています。今日は動きは少なかったと思います。アップル除いたGAFAMも下落しています。売りが先行した出来高ですね。

 


QQQ出来高 

QQQは機関投資家よりも個人の動向をチェックするためにも使っています。後はハイテクの動向ですね。VOOも個人の動向チェックだと考えてください。

 

 

4日前の出来高

 10日平均 44,662,977 vs 1日 28,023,301(VOO2,763,793)

3日前の出来高

 10日平均 42,158,853 vs 1日 78,173,004(VOO2,172,503)

2日前の出来高

 10日平均 42,158,853 vs 1日 78,173,004(VOO2,172,503)

1日前の出来高

 10日平均 44,252,091 vs 1日 56,352,084(VOO2,219,928)

本日の出来高

 10日平均 47,958,202 vs 1日 35,997,485(VOO1,894,511)

 

QQQは出来高は40%程減少です。ナスダックにも資金は今日は集まっていません。本当に動きが少ない日だったと思います。

 

 

マーケット状況

セクター状況 

 

上昇セクター

 上昇セクターとしては今日は資本財が好調でした。後はまちまちです。アップルは昨日の下落の反動といった感じになりそうです。テスラ・クリーエネルギーも1部上昇でした。小型だと中国のEV企業の【NIO】がJPMのポジティブコメントで22%も上昇していました。

 

 

下落セクター

ワクチン期待が交代でオールドエコノミーが特に売られています。またアップルはイベントによってsell the fact が発生しています。この状況だとナスダックが好調になる傾向になるかもしれません。

f:id:stepping:20201015045245p:plain



 


主要銘柄の状況

 

AAPL: 10日平均145,463,988 vs 本日148,095,555(1日前260,681,665)

パフォ(本日+0.15% 1日前▲2.65%)

機関投資家比率 本日60% 1日前60%

→出来高は昨日の半分近くです。という事は昨日過熱した分は売られた可能性があります。一旦の調整しながら株価を固めていく可能性があります。決算までにじっくりと上昇していけば、決算も怖くないかもしれないです。(10月29日決算)

 

 

TSLA: 10日平均 44,991,537 vs 本日47,389,984(1日前34,138,102)

パフォ(本日+3.25% 1日前+0.98%)

機関投資家比率  本日44% 1日前44%

→出来高は1日前より上昇しています。ただ過熱感がある上昇とは感じないです。現状でどこに資金を入れた方がいいかと投資家が迷って、テスラに資金が集まった気がします。

 

AMZN:10日平均 5,084,363 vs 本日5,737,144(1日前5,708,209)

(本日▲2.36% 1日前+0.02%)

機関投資家比率 本日58% 1日前58%

→出来高は1日前とほぼ変わらずです。直近アマゾンは大きく上昇してきたので、それの調整とも見ることができます。アマゾンプライムデーの結果待ちともいえそうです。

 

コロナ状況(ニュートラル)

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。


米国コロナ感染者数推移

今日は感染者増加数は増加しました。この上昇がグラフ左側の上昇より上にくると増加傾向です。感染者数は注視した方がいいです。(withコロナ懸念もあるので、資金の流れに関係しそうです。)

f:id:stepping:20201015044406p:plain



 


米国コロナ死者数推移

 

9月30日928人増 vs 本日817人増です。今日は死者数の推移には変動がありませんでした。様子見状況です。

 

9月24日201,909人(前日対比1102人増)

9月25日202,810人(前日対比901人増)

9月26日203,774人(前日対比964人増)

9月27日204,497人(前日対比723人増)

9月28日204,756人(前日対比259人増)

9月29日205,070人(前日対比314人増)

9月30日205,998人(前日対比928人増)

10月1日206,928人(前日対比930人増)

10月2日207,808人(前日対比880人増)

10月3日208,716人(前日対比908人増)

10月4日209,394人(前日対比678人増)

10月5日209,794人(前日対比400人増)

10月6日210,192人(前日対比398人増)

10月7日210,909人(前日対比717人増)

10月8日211,801人(前日対比892人増)

10月9日212,773人(前日対比972人増)

10月10日214,377人(前日対比1014人増)

10月11日213,787人(前日対比590人増)

10月12日214,771人(前日対比394人増)

10月13日215,085人(前日対比314人増)

10月14日215,902人(前日対比817人増)

f:id:stepping:20201015044854p:plain

https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

 

まとめ 

では「米国株は上昇幅調整か!?追加経済政策は選挙前の合意はなし?」をまとめていきますね!

 

今日は先物・金利も悪くは無いと思うのですが、積極的に買われる材料がありませんでした。更に追加経済政策も選挙前に合意は期待できそうもありません。(マーケット関係者は選挙前は既に無理だと織り込んでる気もしますが、、、、)

 

また本日アフターでハイテクグロースの大手である【FSLY】が決算ガイダンスが悪くて30%近く下落しています。そろそろ大口が買い場を作る為に仕掛けてくるようにも見えます。

 

状況が不安定なのでこういった材料で大きくマーケット心理が揺れ動く可能性があります。もし自分がその手の銘柄を所有している場合は一度深呼吸して、マーケットの雰囲気に流されないように冷静になる必要もあると思います。

 

 

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されることになりました!電子書籍も発売予定です。10月中旬発売になる予定ですが、今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。