”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株の最重要イベント!大統領選挙状況を解説!

f:id:stepping:20201004065848j:plain
今回は大統領選挙の状況をしっかりと確認していこうと思うよ!やっぱり米国株投資にとって大統領選挙は最大・最重要イベント。状況を理解しておけば投資戦略も立てやすいしね。

 

トランプ大統領がコロナウィルスに陽性になっちゃってますます選挙状況が読みづらくなっちゃった。本当に混沌としてきてると思う。

 

大統領選挙で最も注目した方がいい部分を明確にしながら、その状況を数字から分析していきたいとおもう!今回は基礎編としてまずはどうやって確認するかをベースに開設するよ!

 

大統領選挙は柔軟に対応できるPF構築中。よろしくね!

 

長期で成長を信じれる銘柄ガチホールドのモアです!(笑) 

 

では米国株投資家もみあげとモアの「米国株の最重要イベント!大統領選挙状況を解説!」をお楽しみください!

 

 

大統領選挙

 大統領選挙はメディアの報道だけでは非常に判断がしずらい状況だと思ってるよ。2016年で多くの人がクリントン民主党候補が選挙に勝つとおもっていたら、最終的にはトランプ大統領が当選したことが記憶に新しいと思う。

 

そうなんですよ。日本のメディアだけ見ててもどうしようも状況わからなくて、、、それに現実的にどこを見れば選挙状況を正確に把握できるか謎が多い!

 

ってなるよね!だからできるだけ信用できる米国のサイトと、どのポイントを見ればいいのかを今回はお伝えしようと思う。できれば毎週状況を更新していきたいよね。 

 

大統領選挙チェックサイト

 大統領選挙でチェックしておきたいサイトを2つ今回紹介するね。どちらも非常に分かりやすく大統領選の状況をバイアス無しにまとめてくれているので、是非とも活用して欲しい。

 


REAL CLEAR : こちらは公式の選挙戦略でも使われてるサイト。

www.realclearpolitics.com

 

2020 Election Forecast : こちらのサイトも凄く使いやすいし、ニュートラルに分析してると思う。視覚的に分かりやすいのが特徴です。

projects.fivethirtyeight.com

 

大統領選挙現状

 大統領選挙の現状を確認してみます。このマップの見方としては青色が濃い方がバイデン候補寄り、赤色の濃い方がトランプ大統領寄りです。

 

よって、現状として確実に選挙人が読めるのはバイデン候補が226人、トランプ大統領が125人になっている。(先週はバイデン候補が222人でした。バイデン有利に傾いてる。)

f:id:stepping:20201003015258p:plain

 Toss Upsの州で残り187人分あるので、この187人をどちらがより多く取れるかどうかで大統領選挙の状況が決まると言っていいよ。

 

なるほど・・すでに共和党・民主党寄りの州はほぼ確定していて、いってみればどちらにつくかわからない州をどちらが寄り多く取れるかどうかで大統領選挙が決まると考えればいいのかー。

 

Toss Ups(最重要)

 絶対に注目したいのがこのToss Upsという州の選挙人をどちらが獲得できるかだと思うよ。Toss Upsの状況が今どうなっているのかを詳しく説明していくよ!

 

Toss Ups州状況

f:id:stepping:20201003015900p:plain

 全部で12の州がToss Upsの州になるよ。州の横の数字が選挙人の数、その横のバイデン・トランプの数字がどちらの支持率が高いかという数字になるんだよ。

 

なるほど!となるとこれみちゃったらバイデンさんがほぼ有利でトランプさんはテキサス州でしか勝てないって事になっちゃう。。。。バイデンさんで決まり?

 

実はそうとはならないんだよ。FOUR YEARS AGO のヘッダーを見てもらったらわかるように2016年もクリントさんがトランプさんをかなり突き放してたんだよ。でも結果としてトランプさんがほとんど勝っちゃった。

 

あーー確かに、そうやってみればいいのかー。なんでこんなことが起こるんだろう?

 

それがトランプさんがいってるサイレントマジョリティって奴だと思うよ。それにこういったアンケートに回答する人が選挙に行くとは限らなくて、むしろアンケートに答えない人の方がToss Upsの州では選挙する可能性が高い。だからバイデンさんはこれらのToss Upsの州でトランプさんをクリントンさんの時より大きく突き放す必要があるかもしれないんだよ。

 

だからこの前のTV討論会でバイデンさんはしきりと「選挙に行こう!選挙に行こう!」と発言を繰り返していたのかー。凄く納得!

  

まとめ

 「米国株の最重要イベント!大統領選挙状況を解説!」をまとめていきますね!

 

今回は大統領選挙をどう見ればいいのか基本的な部分を解説してみました。次回からはできれば週間でもみ・モアで状況を解説していきたいと思う。

 

週間で状況変わってくるし、来週10月7日には共和党・民主党の副大統領候補のTV討論会もあるからそこでまた状況が変わってくることが予想されるしね!

 

ポイント! 

・大統領選挙はバイアスがかかってないサイトでチェック!

・Toss Upsの州の状況が最も重要!

 

 

「もみ・モアシリーズはブログカテゴリーで”米国株シナリオ”にまとめていきます」

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

応援ポチっとモアの笑顔満開です💛↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【モアイメージソング】

www.youtube.com

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されることになりました!電子書籍も発売予定です。10月中旬発売になる予定ですが、今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com

 

 

 【つみたてNISAに最適・投資信託も楽天ポイントで可能】

 

【FX・CFD・先物取引に便利なIG証券】*これらの商品はリスクも大きいので十分検討してから取り扱ってください。