”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

米国株の今後の展望は!?アナリスト予想を参考に考える!

f:id:stepping:20200927071141j:plain

今回は米国株アナリストの今後のマーケット評価がどのようになってるかをちょっとまとめてみたので、それを参考に中期的な展望を見てみたいと思うよ!

 

まずアナリストとかの基本的な展望などを知っておくと、彼らが何を根拠に株価を想定するかの考え方の参考にはなると思う。アナリスト予想は外れる事も多いけど、やっぱりベースは知っておかないとね。

 

基本はコツコツ長期投資の米国株投資家もみあげです。よろしくね!

 

個別株大好きな長期投資家モアです!(笑) 

 

では米国株投資家もみあげとモアの「米国株の今後の展望は!?アナリスト予想を参考に考える!」をお楽しみください!

 

 

アナリスト評価サマリー

 アナリスト評価リスト 

f:id:stepping:20200914113601p:plain

https://www.barrons.com/articles/stocks-will-rise-slightly-this-fall-but-gain-15-through-2021-51599871245


アナリスト評価サマリー

 

・2020年12月までのS&P500の上昇は小幅にとどまる

・潜在的な経済的・政治的変化、

・成長株からバリュー株への転換の可能性

・ゼロ金利の世界での投資に固有の課題 

 

ただ大前提条件としてアナリストも予想を結構外す。だからこれはあくまで参考程度に考えて欲しいんだ。アナリスト予想を鵜呑みにして、その通り投資をしても結果は出ないと思う。

 

S&P500の予想

 S&P500

 

f:id:stepping:20200921020801p:plain

 

バロンズが最近調査したウォール街のストラテジスト6人の中で、S&P500の年初来高値が現在の水準から大きく乖離していると考える人は一人もいませんでした。ストラテジストの平均的な年末のS&P500の目標値は3492 (現在値は3298)なので、2020年はそんなに強気ではない気がするね。

 

2021年の目標を発表している4人のストラテジストは、来年のS&Pは3800または3850に落ち着くと予想してる。このレンジの中間点を基準にすると、2021年にはベンチマーク指数はここから約15%上昇する可能性だよ。

 

2021年が凄く強気な気がする!15%も上昇したら、とんでもない気がするんだけど、金融相場が継続するっていう見込みなのかなー。

 


 S&P500 EPS

 

アナリスト平均予想

2020年 128ドル(2019年EPS161ドルから26%下落)

2021年 161ドル(26%上昇)

 

EPS予想は2019年から2020年は下落で、2020年に下落した分を2021年に取り返すみたいな考えなんだなー。 

 

10年債

 

f:id:stepping:20200921020905p:plain

10年債=実質金利は結構意見がバラバラだなー。。2020年は1%程度で推移するといった見込みが多い。

 

1%と言ったら今から0.4%位上昇するっていう事。最近金利の変動でも株価が大きく変わってたから、この見込みだと株式市場のボラティリティは高いままって可能性があると考えれちゃうかもしれないねー。

 

金価格

 

f:id:stepping:20200921020943p:plain

ゴールドの価格は凄くポジティブなのがゴールドマンサックスで、バンクオブアメリカとかは今より下落すると考えてるのがわかる。

 

結構アナリストでもこれは評価が分かれてるんだなー。ゴールドは実質金利の上昇次第ともいえそうー。

 

ただアナリスト4名の内3名は今よりゴールド価格は大きく上昇を見込んでるのが注目だと思うよ! 

 

GDP成長率

 

f:id:stepping:20200921021009p:plain

GDP成長率は2020年は-5%予測が凄く多い。ただFEDの2020年予測が-3.7%だったのでアナリスト予想は少し悲観的な気もするねー。

 

逆に2021年は凄く幅があるー!S&P500が15%も上昇するって予想、となると大体3.5%から4%位が妥当な所って感じなのかなー。

 

みたいだね。ちなみにFEDのGDP成長率の予想も4%だった。だとするとS&P500が何もイレギュラーがなければ15%上昇するというのも間違いではない可能性があるね。

 

まとめ

 「米国株の今後の展望は!?アナリスト予想を参考に考える!」をまとめていきますね!

 

 まとめとしては、FRBも2021年は現在より状況が良くなると想定しているし、アナリストも同じ考え。株価は確かに経済が2020年より良くなるなら上昇は期待できるというのは理屈は通っている気がするんだよねー。

 

ただ、それもこれも全て大統領選挙次第な気がしている。大統領選挙でトランプ・バイデンどちらが当選するか、このベースの考え方を覚えておいて、今度はまた再検討する必要がありそうだよね!

 

ポイント! 

・2021年は経済が回復する可能性は高い

・金利も上昇、株価も上昇→但し大統領によってかわる可能性を考慮する

 

 

「もみ・モアシリーズはブログカテゴリーで”米国株シナリオ”にまとめていきます」

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

応援ポチっとモアの笑顔満開です💛↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【モアイメージソング】

www.youtube.com

 

<書籍出版>

ソーテック社さんから書籍が出版されることになりました!電子書籍も発売予定です。10月中旬発売になる予定ですが、今までの自分の知識を結集して全て自分で書き下ろしたので是非読んでみてください!


もみあげ流 米国株投資講座

 

<メルマガ創刊>

週刊で月曜日に配信です。「米国株のコツ」として週間展望や読者様からの質問コーナーを設けて、ブログとは違う自分自身の主観も含めていきたいと思います!1か月購読継続で1か月無料期間もあります。月間1100円です。

foomii.com