”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
トランプ大統領支持率急低下!米国株投資家はどうするべき?
米国人が選ぶ米国ETF TOP10! ベストは何だ?データベースあり

米国株は1兆ドル待ち!今週は5つの指標と金曜日に注目!

f:id:stepping:20200803062900j:plain

先週はナスダック不調で始まり、一時期マーケットの雰囲気が下落傾向に傾きかけましたが、木曜日のアフターのGAFAの決算で一気に持ち直した週だったといえます。

 

とはいえまだマーケットが安定してるとは言い難いです。事実金曜日は途中までは下落傾向でしたし、最終的にはラッセルもマイナスになっています。

 

ケープシラーはまだ30以上です。この高い数字を保証するにはトランプ政権からの追加の1兆ドル経済政策がどうしても必要だと思われます。それがないと今の高い株価を裏付けするマーケットの流動性は保てない可能性が高いです。

 

そして今週で特に注目したいのが5つの指標とそして金曜日です。先週の振り返りをしながらそのポイントを解説していきたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「米国株は1兆ドル待ち!今週は5つの指標と金曜日に注目!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

先週の各指数

先週の指数

各種指数の変動

・ダウ:26,469.89→26,428.32(▲0.16%)

・ナスダック:10,363.18→10,745.28(+3.7%)

・SP500:3,215.63→3,271.12(+1.7%)

・ラッセル2000:1,467.56→1,480.43 (+0.9%)

 

ダウ工業30種だけ不調な週になってしまいました。非常に皮肉になりますが、工業30種という名前からわかるようにオールドエコノミーの影響度が大きい指数は不調になる。これがいまの米国株の現実だと思います。逆にナスダックは先週の不調から復活してハイテクがマーケットを牽引してる事が明らかになってしまいました。

 

3つのポイント

 

今週の決算

今週の決算は本当に注目されていました。米国株投資家にとっては大きな分岐点になる決算だったと思います。GAFAが全て好決算を発表したことですね。残念ながらグーグルだけ今後の成長性に疑問符がついて次の日下落しています。【AAPL】の決算などは見事すぎて、翌日に10%も上昇して、時価総額が200兆円近く、サウジアラムコを抜いて時価総額1位に躍り出ています。

 

しかしその裏でダウ工業30種が不調を示すように、【XOM】【CVX】は最悪の決算、【V】【MA】もさえない決算、【BA】は言わずもがなと決算で大きな分岐が発生してしまった週だとも思います。

 


 

来週の決算

来週の決算はある意味で米国株投資家にとっては今週よりも重要な決算が控えていると言えるのではないでしょうか。正にハイテクグロースの決算祭りです。そして水曜日にはバイオ銘柄の注目株の【MRNA】の決算まで控えています。

 

ある意味今週より来週の方が決算としては重要だという米国株投資家は多いと思います。

 

$CLX $BYND $SQ $MRNA $ROKU $FSLY $TSN $ATVI $CHGG $CVS $W $DIS $MELI $GPN $SPCE $TWLO $CMS $LVGO $MCK $AMRN $ETSY $PLUG $NET $BMY $RACE $TTWO $MPC $MPLX $ZNGA $DBX $DDOG $UBER $WIX $KOS $TTD $ENPH $CRON $BP $TEVA $PENN $FVRR $RNG

f:id:stepping:20200802141548p:plain

 


追加支援

土曜日の最新進捗状況は下記内容になっています。

 

・米国のコロナウイルス救済パッケージの否定的な議論は今日で終わり、「以前の議論よりも生産性が高い」 - 民主党指導者シューマー

・シューマー氏、民主党議員団のリーダーとホワイトハウスは合意に「まだ近づいていない」と記者団に話す

→否定的な話し合いは終わったがまだまだ両党のすり合わせは終わってないというイメージだと思います。後述していますが、追加経済策が遅れてる状況で金曜日までダラダラ行くとマーケットが一度崩れる可能性は十分あり得ます。 

 

コロナ状況(ネガティブ)

米国コロナ死者数推移

死者数に関して下記サイトを参照にしながらチェックしていきます。

このデータはイギリス時間の朝11時に米国の前日データを集計しています。

 

数字からもグラフからも分かるように、死者数は2週間前と比較すると増加しています。大きな増加ではないですがジワジワと増加してる状況です。これがそのまま少なくなるのか、増加するのかまだまだ目が離せません。

 

7月15日136,397人(前日対比861人増)

7月16日137,419人(前日対比953人増)

7月17日138,358人(前日対比939人増)

7月18日139,266人(前日対比908人増)

7月19日140,119人(前日対比853人増)

7月20日140,534人(前日対比415人増)

7月21日140,906人(前日対比372人増)

7月22日142,066人(前日対比1160人増)

7月23日143,190人(前日対比1124人増)

7月24日144,242人(前日対比1052人増)

7月25日145,546人(前日対比1304人増)

7月26日146,460人(前日対比914人増)

7月27日146,935人(前日対比475人増)

7月28日148,011人(前日対比1076人増)

7月29日149,256人(前日対比1245人増)

7月30日150,713人(前日対比1457人増)

7月31日150,713人(前日対比1357人増)

8月1日151,957人(前日対比1244人増)

8月2日153,090人(前日対比1133人増)

f:id:stepping:20200803062750p:plain

https://ourworldindata.org/coronavirus/country/united-states?country=~USA

 

米国市場状況(8月第1週)

8月第1週ヒートマップ

 

今週を改めて見てみると好決算を出した企業は本当に順調に上昇しています。(GOOGL除く)、e-commerce決算メインのPYPLや半導体のAMD、PGも順調な決算を発表していますしね。これをみているとますます強弱の差が今後はっきりしてきそうです。

 

銘柄選定をするときは少なくとも今しっかり決算で結果を出しているセクターや銘柄を選別することが非常に重要になると思います。

f:id:stepping:20200802141726p:plain


7月第4週ヒートマップ

f:id:stepping:20200726065536p:plain

 

 

注目5ポイント「決戦は金曜日」

 

全て日本時間で統一します。来週の注目指標の発表時間になります。自分としては雇用関係がマーケットに最も大きな影響を及ぼすと考えています。

 

-----------------------------------------------------------------------

8月3日(月)23:00

アメリカ・ISM製造業景気指数 07月

→こちらが悪化してると、航空関係・資本財・素材などが悪化する可能性があるので要注意です。要するにダウがまた下落する可能性があります。

8月5日(水)

21:15

アメリカ・ADP雇用者数 07月

23:00

アメリカ・ISM非製造業景気指数 07月

8月6日(木)21:30

アメリカ・新規失業保険申請件数 07/26 - 08/01

8月7日(金)21:30

アメリカ雇用統計

-----------------------------------------------------------------------

 

この5つに特に注目していきたいです。特に雇用統計が最大の山場になりそうです。この雇用統計までに現在検討中の追加経済刺激策が導入されれば、雇用統計が悪いとしても影響は最小限で済むと思いますが、もし追加経済刺激策がこのポイントまでにまとまっておらず、長期化するようだとマーケットが崩れる可能性は十分あると考えます。

 

まとめ 

では「米国株は1兆ドル待ち!今週は5つの指標と金曜日に注目!」をまとめていきますね!

 

今週は米国株投資家にとって、一部の人には決算は先週より重要です。ハイテクグロースとバイオ銘柄の決算があるからですね。ナスダックにも決算次第では影響を与えそうです。

 

そして重要指標関係が一気に発表される週になります。おそらくトランプ政権もそれは意識してると思います。よってもし週の中頃まで株価が不調だったとしても焦って動くのは辞めた方がいいと思います。

 

1兆ドルの追加財政政策の実施が決定次第にマーケットの雰囲気が一気に変わる可能性もあるからです。投資家にとっては大変ですが、先週と同様に我慢と忍耐の時間があるかもしれません。

 

ただGAFAの決算でわかったように、この状況でも回復・成長してる企業はあります。その点を忘れないで投資を継続していきたいですね。

 

皆さんの米国株による長期的な投資継続を心から応援しています。

 

7月第4週のコメントです。備忘録

来週は水曜日・木曜日が大きな転換点になりそうな理由は伝わったと思います。そのポイント次第で上にも下にも大きく調整される可能性は十分あります。

 

個人的にはコロナ死者数が一番気がかりです。ロックダウンはしないという前提、ただ3月の時もコロナに関して自分は甘く見過ぎていて、その時は感染者でした。今回の死者数増加がどのように影響を与えるかははっきりは言えないですが、少なくとも自分は今は守りながら投資を継続していくと思います。

では皆さんの米国株投資による長期の資産形成を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせて読みたい!みたい!>

米国株投資家も米国民も待望の追加経済対策がここまで時間がかかってしまったのは、下記ブログに纏めてる内容になります。よかったら状況を再度確認してみてください。

www.momiage.work

 

トレーディングビューは登録するだけの無料コンテンツが非常に使いやすいです。チャートでのMACD、ボリューム、RSIでチャート分析。またセクターでのトレンド分析で非常に使いやすいので、是非とも活用してみてください。