”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
トランプ大統領支持率急低下!米国株投資家はどうするべき?
米国人が選ぶ米国ETF TOP10! ベストは何だ?データベースあり

米国株は滑り込み急上昇!ストレステストで金融安心か!?

f:id:stepping:20200626063208j:plain

本日米国株は滑り込み急上昇しました。ダウ+1.18% ナス+1.09% SP500+1.1% ラッセル+1.7% my pf+1.26%となっています。マーケットクローズ1時間前から急激に株価が上昇した結果となっています。約1%位は上昇してました。

 

本日もコロナ感染拡大のニュースは続いています。一部州では経済活動再開フェーズをストップさせることも発表しています。本当に深刻な状況になってきました。

 

そして本日引け1時間前に発生した内容に関しても注目です。ストレステストに関して、そしてFEDの国債買い取りに関して、金融面の話は要チェックです。 

 

 

では米国株投資家もみあげの「米国株は滑り込み上昇!ストレステストで金融安心か!?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

 

 

各指数関係の動き

 各指数

・CRB指数が▲0.09%

・大豆油指数が▲0.54%

・原油価格38→39ドル/バレル

・ゴールド1766→1764*過去最高値は2011年9月の1920

・10年債0.678→0.683

・VIX指数+7.87%→▲4.79%

VIX指数が下落しています。少しマーケットに安心感がでています。午前中は後述のコロナ報道が非常にネガティブだったのですが、本日はストレステストへの期待もあったのか、金融セクターが買われてマーケットを支えたと思われます。


新規失業保険申請件数


結果148万人
予想135万人

継続失業保険受給者数
1952.2万人(76.7万人減少)

現状だとコロナの感染拡大もあり、更に失業保険手当が手厚い為上記数字が改善されるのは7月中旬位までは厳しいんじゃないかと想像しています。

 

 


SPY出来高

S&P500で最も出来高が多い【SPY】を確認してみます。SPYがVOOの出来高の約20倍なのでマーケット動向をチェックするには非常に役立ちます。

昨日の出来高

10日平均121,523,129vs 1日132,469,538

本日の出来高

10日平均125,304,402vs 1日87,981,311

 

出来高は途中までは非常に少なかったです。ただ引け1時間前から急激に出来高が上昇しました。これは次の説明するストレステストの結果の影響かと思われます。  

 

ストレステスト(大プラス)

 

米連邦準備制度理事会(FRB)が主要銀行のストレステスト結果を発表することに投資家が注目したため、主要銀行の株式は取引の最終時間にその日の最高値に跳ね上がりました。

これが本日上昇した最大の理由となります。金融株が大きく上昇しているのはそのためです。結果は本日マーケット後に発表されるという事です。

 

ストレステストの結果は米国で営業している大手金融機関を対象とするストレステスト(健全性審査)と包括的資本分析(CCAR)の結果を含みます。

 

バンク・オブ・アメリカ、JPMorgan Chase、シティグループ、ウェルズ・ファーゴはいずれも3%以上上昇しました。モルガン・スタンレーが3.9%上昇したのに対し、ゴールドマン・サックスも4.6%上昇しました。

Stock market today: Dow closes nearly 300 points higher after late-day surge, banks jump

 


国債買い取りベース維持

フォロワーさんが本日のFED買い取り更新情報まとめてくださっています。

国債買い取りベースは1200億ドル/月が維持されています。

 これによってマーケットの資金流動性が確保されることになり、マーケットの安心感につながっています。

 

国債の価値が破綻しないので非常に重要ですね。ただ経済状況が好転しているとしたらこの買い取り額も減少する可能性があったのですが、FEDの判断ではまだまだ危機状態であるという事を示しているともいえるかと思います。

 

コロナ感染拡大(大マイナス)

本日のコロナ報道

コロナウィルスは29州において増加したとの事です。 

 

・カリフォルニア州のコロナ患者数は5149人増加(前日が7149人)

・フロリダが1週間平均の感染率が4%から4.6%まで拡大(増加数5000人) 

・アリゾナ州は前日1795人増加に対して本日3056人増加(Total63030人)

1週間平均の感染率が2.3%から5.1%まで拡大

・テキサス州が経済再開への次のフェーズに進むことストップした

テキサス州知事、病院のキャパシティ拡大のため4郡で選択手術の停止命令を出す

ヒューストンエリアのICU病床が満床との事です。

 


コロナ状況グラフ

コロナ感染者数のグラフです。折角ずっと減らしてきたのに、ここにきて最悪時と同レベルになってしまっています。本当に深刻です。

f:id:stepping:20200626055131p:plain

https://www.cnbc.com/2020/06/25/coronavirus-live-updates.html

 

まとめ 

では「米国株は滑り込み上昇!ストレステストで金融安心か!?」をまとめていきますね!

 

出来高は相変わらず少なく、昨日お伝えした株式を債券に移動させる大口機関投資家の動きもあり、更にここにきてコロナ状況が非常に深刻になってきています。

 

本日は金融セクターへの資金流入やFED買い取りベースが維持されてる事で金融セクターの健全性への安心感も広がったかもしれませんが、引け前まではマイナス圏に何度も落ち込んでるので油断できません。

 

では皆さんの米国株投資による長期的な素晴らしい資産形成を祈って! 

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your fingers crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせて読みたい!みたい!>

米国人が選ぶ米国ETFトップ10を調べてみました。データベースもあります。是非とも活用してご自身のETF投資に活用してみてください!

www.momiage.work

 

トレーディングビューは登録するだけの無料コンテンツが非常に使いやすいです。チャートでのMACD、ボリューム、RSIでチャート分析。またセクターでのトレンド分析で非常に使いやすいので、是非とも活用してみてください。