”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株】地獄から天国へ!80兆円の社債買付で株価急上昇!

f:id:stepping:20200616060901j:plain

今日の米国株は先物の大きな下落からまたしても暴落も懸念されたのですが、ダウ+0.62% ナス+1.43% SP500+0.83% ラッセル+2.3% myポートフォリオ+1.05%と終わってみれば各指数が上昇しました。正に地獄から天国、スーパーハイボラティリティのマーケットでした。

 

米国株の週末は非常に月曜日を不安視させる状況でした、ダウの先物も3%近く下落してましたし、月曜日の米国株がオープンした時は大幅な下落の可能性も懸念されていたと思います。

 

週末はコロナ感染拡大の報道やアトランタの暴動など、株価に不安を抱かせるニュースが多かったのですが、コロナ感染拡大に関しても、本日1週間平均が1.1%から0.9%に減少したニュースも入ってます。

 

では本日の株価を決めた最大の要因はなんだったのか?それはFEDが個別企業の社債買い入れを発表した事です!この内容を詳しくお伝えしたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株】地獄から天国へ!80兆円の公的資金投入で株価急上昇!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

超ハイボラティリティ相場

 

本日の指数の変化

・CRB指数が-1.4%から+0.34%

・大豆油指数が-1%から+0.95%

・原油価格36.76→34.36→37.17

・ゴールド1741→1704→1730

・10年債0.713→0.654→0.716

・VIX指数+15%→-3.7%

 

本当にとんでもない変動なのがわかってもらえると思います。これにまともについていっては眠れなくなるし、投資家も精神的に擦り減ってしまうと思いました。

 

特にVIX指数などはプラス15%からマイナスまで落ちる。機関投資家・個人投資家はお金が余ってる。そして金融政策で本当にお金ジャブジャブの状況だというのが良くわかります。

 

個人投資家は明日にでも記事にしたいと思いますが、ロビンフッドによる投機的な投資が非常に増えていて、マーケットにおいてはロビンフッターがマーケットを動かしてる可能性まで示唆されています

 

FED個別社債買い入れ開始!

今日の方向性の全てを決めたといってもいいと思われる。FEDの個別社債の買い入れ発表です。実は以前からETFベースでは個別社債の買い入れをしていました。下記ブログでまとめてあります。

【米国株】米国財務省が320兆円借入予定!FRBが社債を全て買付!? - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

 

 

本日発表の詳しい内容としては、下記内容になっています。

これまではETFのみの購入としており、プライマリー市場での個別銘柄の購入を行っていたが、今回はセカンダリー市場でも行う。

・規模としては7500億ドルの資金(約80兆円)

・残存満期が5年以下の個別債をセカンダリー市場で買い取ると述べている。これらの購入は、FRB が既に購入している ETF と一緒に行われることになります。

www.cnbc.com

 

これは流石に株価は上がるしかないですね。実質的に政府が直接個別企業の株を買い入れてるのと変わりがないのですから、もちろん買い入れ条件などは付けられると思いますが、株式市場の株価は大きく買い支えられるのは間違いないです。

 

*プライマリー市場は企業や国・地方公共団体などが株式や債券を発行して資金調達する市場のこと。
「発行市場」とも呼びます。発行された株式や債券を、投資家間で売買する市場を「セカンダリー・マーケット」「流通市場」といいます。

 

メインストリートプログラムも開始

 

 本日からメインストリートプログラムも開始しました。これは更に株価を押し上げることになります。内容は以前ブログでも記載したのですが、とんでもない支援内容です。

お金ジャブジャブ株式市場!米国株は逆行指数も関係なし! - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

 

・最低融資額を引き下げ50万ドル→25万ドル

・融資期間延長4年→5年

・最大融資額2億ドル→3億ドル(施設の規模で異なる)

・返済期間を当初の1年→2年

・利息の支払いも1年遅れでOK

 

 

 


 

 

まとめ 

では「【米国株】地獄から天国へ!80兆円の公的資金投入で株価急上昇!」をまとめていきますね!

 

米国は確かにコロナ感染拡大は懸念されています。但しクドロー経済アドバイザーが何度もシャットダウン・ロックダウンだけは絶対にできない。そのために最善を尽くしていると述べています。

 

そして先週はパウエルさんショックもありましたが、ここで更に金融政策で経済復活を後押ししてきました。米国株にとっては最大の支援だと思います。 

 

 

明日の注目点!

小売売上高)

・火曜日の朝に発表される5月の小売売上高報告書が今週の最大の注目点だと思います。

→エコノミストはオンライン販売が好調を維持していると予測

→5月の小売売上高は4月の急激な落ち込みから回復したものの、回復は緩やかなものになる

・FRBパウエル議長

16-17日にパウエルFRB議長の議会証言

 

パウエルさんには今度は社債買い入れまで発表したので、是非とも力強い前向きな証言をしてほしいと願っています。毎日変動が激しい相場ですが、長期目線で狼狽売りをしないでしっかり投資継続してきたいですね!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせて読みたい!みたい!>

米国人が選ぶ米国ETFトップ10を調べてみました。データベースもあります。是非とも活用してご自身のETF投資に活用してみてください!

www.momiage.work

 

 

 

トレーディングビューは登録するだけの無料コンテンツが非常に使いやすいです。チャートでのMACD、ボリューム、RSIでチャート分析。またセクターでのトレンド分析で非常に使いやすいので、是非とも活用してみてください。