”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
トランプ大統領支持率急低下!米国株投資家はどうするべき?
米国人が選ぶ米国ETF TOP10! ベストは何だ?データベースあり

【米国株】は「横ばい」 短期運用銘柄に追加投資!

f:id:stepping:20200427060349j:plain

 米国株は今週は正に「横ばい」といった感じでした、リスクオフに流れそうな局面があったのですが、今回もトランプ政権の見事としかいえない対策案の合意スピードでその懸念も打ち消されています。

 

横ばい状況で上昇か下落かどちらにふれるかわからない状況で、今回は短期運用銘柄に追加投資をしています。週間投資実績も公開しています。まあまあといったところだと思います。詳細も見れますよ。

 

・振り返り3点

・追加投資はトレンド銘柄

・週間投資実績はまあまあ好調

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株】は「横ばい」 短期運用銘柄に追加投資!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

先週の振り返り

 

 52兆円の中小企業支援案が両院議会通過

 

52兆円の中小企業支援案が上院・下院の両院で可決されました。今後はトランプ大統領のサイン待ちです。

CNN.co.jp : 米下院、52兆円規模の追加対策可決 中小企業支援や検査拡充など

対策案の総額は約4840億ドル。

・経済停滞にあえぐ中小企業を支援するための枠組み「給与保障プログラム(PPP)」に追加で3100億ドル

・病院や医療機関の費用や収入減をカバーする資金として750億ドル

・検査態勢の拡充に充てる資金として250億ドル

 


ギリアドの治験失敗報道問題

 

ギリアドの治験失敗がファイナンシャルタイムズで報道されました。しかしその後WHOのデータ転用のミスという事でデマの可能性が、これによってマーケットは上下しました。詳しくは下記記事で。

www.momiage.work

 


新規失業保険申請件数

4月1日発表の新規失業保険申請件数は1000万人

4月8日発表の申請件数は660万人

4月15日発表の申請件数は524万人

4月22日発表の申請件数は443万人

合計で約2650万人の雇用が無くなったことになります。これは10年間で米国が創出した雇用人数を超えてます。(2200万人で同数)労働者の16%が職を失いました。

米新規失業保険申請、なお高水準の443万件-5週間で計2650万件 - Bloomberg

 

 

追加投資

 

この先このままプチバブルの状況が続くか、それとも下落が待っているかの状況が非常に判断が難しくなっています。それは皆さんも同じではないでしょうか。追加投資するべきか現金化するべきか悩むことがおおいかと。

 

もみあげは現金をそのまま待機させておくことも考えたのですが、短期でトレンド銘柄に追加投資をしています。

・【BYND】ビヨンドミート:これはスターバックスとの契約はあまり気にしてなくて、それよりは米国で牛豚の工場閉鎖が報道されていたので、肉不足に陥る可能性を考慮しての短期投資です。

 

・【CRWD】クラウドストライク:大型株が上昇しずらくても、中型のこちらなら上昇も見込めます。セキュリティー関係なので、【ZM】ズームなどのセキュリティ問題が注目されてるし、需要があるかな?ってこちらは軽い気持ちです。

 

上記2銘柄は状況を見て直ぐに売却して現金化する予定です。

 

投資成績(4月第4週終了時点)

f:id:stepping:20200426083746p:plain

f:id:stepping:20200426083816p:plain

米国株投資の4月第4週の週間実績報告です。投資実績としては 配当込みで208万円($20,757=含み益$12421+配当6,893)  投資利益10.5%です。相変わらず悪くはないですが、釈然としない状況です。

 

4月第4週評価損益

評価額合計 : $215,047

コスト合計 : $202,625

含み益合計 : $12,421

含み益%     : 6.13%

 

4月第3週評価損益

含み益合計 : $17,164

含み益%     : 8.91%

 

先週対比

含み益合計 : $4,743

含み益%     : ▲2.78%

 

2020年配当金合計 $1693.56

2019年配当金合計 $5200.23

配当金合計 $6,893.79

 

(先週S&P500終値2874.56 今週S&P500終値2836.74=+3.03%)

 

米国市場状況(4月第4週)

4月第4週ヒートマップ

 

4月第4週は強弱はっきりわかる展開になっています。FBは新しいテレビ会議システムの提案もあり、大きく上昇。【PYPL】ペイパル、【DHR】ダナハーも大きく上昇しています。【UNP】ユニオンパシフィック、西海岸メインの鉄道会社も好決算で大きく上昇です。

f:id:stepping:20200426085004p:plain


4月第3週ヒートマップ 

f:id:stepping:20200420040953p:plain

 

まとめ 

では「【米国株】は「横ばい」 短期運用銘柄に追加投資!」をまとめていきますね!

 

 今回は自分の投資実績と先週の振り返りをまとめてみました。米国株は横ばいで更にプチバブル状態だということです。

 

ただ気になるのが、既に好材料が出し尽くしになっていないかという事です。政府の経済政策も全て出し尽くし、経済再開もすでに一部州では行われてる。それで今の状況だとでは、これから直ぐに上昇する材料はもうないんじゃないか?と思ってしまう所です。

 

上記考えもあって、今週も慎重に投資を継続していきたいと思います。

 

4月3週のコメントです。備忘録

今週はもしかしたら株式市場は荒れるかもしれません。ラマダンが24日から始まる事。原油価格で問題が発生してる事。中小企業支援金35兆円が枯渇してるのに、中小企業支援の追加予算がまだ決定してない事。などが考えられます。

 

まだ失業者問題や企業の倒産問題なども更に表沙汰になってきそうです。慎重に投資は見極めて行っていきたいですね。

 

では皆さんの米国株投資によるお金持ちになる資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

コロナバブルで爆益をあげたファンドの実話です!米国株投資家も大きな学びがあると思うので、是非動画で確認してみてください!