”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【米国株】ETFは初心者にオススメ!3種類のETFを簡単紹介!
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【ブログ】年間100万PVの記事をランキング!アクセスUPのコツも公開!

【米国株】コロナ被害が米国で3000人越え!ベアマーケット継続か?

f:id:stepping:20200316063719j:plain

3月13日の金曜日にトランプ大統領が「国家非常事態宣言」を発令したことによって、ダウ&S&P500とも9%以上上昇しました。投資家の中にはこれで底打ちしたと安堵した人もいるかもしれません。

www.momiage.work

ただ本当にそうなのでしょうか?もみあげはこれからが本番だと思ってしまっています。あくまで私見なのですが、コロナ被害が米国で本格的に拡大しています。

 

そして遂に中西部まで被害が更に広がってきてしまっています。コロナ被害拡大からの企業の業績低下、そして本格的な景気後退につながっていっても何も不思議じゃありません。ベアマーケット継続の可能性が非常に高いと思います。

 

米国株投資の3月第2週の週間実績報告。投資実績としては 配当込みで+65万円($6,095=含み益▲$261 +配当6,356)  投資利益+3.2%です。

 

今回はもみあげの投資実績の詳細とコロナ被害の米国の状況をお伝えしていきたいと思います。

・投資実績はギリギリプラス

・コロナ被害は遂に米国で3000人越え

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株】コロナ被害が米国で3000人越え!ベアマーケット継続か?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

米国でコロナ被害拡大

 ロイターの記事では英・アイルランドも入国禁止対象になったと報告が入っています。

 

更に被害に関しては、米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、国内の感染者は2226人に上っているが、まだ感染のピークには達していないとの認識を示した。

 

この時点で死亡者は52名でした。

jp.reuters.com

 

しかし最新の状況を下記サイトで確認しているのですが、米国のコロナ被害は3244名、死亡者が62名まで至ってるとの事です。週末で更に拡大しています。 

Operations Dashboard for ArcGIS

 

また恐れていた中西部でのコロナ被害も拡大しています。イリノイ州のバーやレストランが3月30日まで閉鎖が決まってしまっています。

 中西部まで広がってしまうと、懸念していた工場地帯での稼働停止が現実味を帯びてきます。これがどれだけの悪影響を与えるか冷静に見極めないといけません。

 

www.momiage.work

 

投資成績(3月第2週終了時点)

f:id:stepping:20200316052826p:plain



3月第2週評価損益

評価額合計 : $192,945

コスト合計 : $193,207

含み益合計 : ▲$261

含み益%     : ▲0.14%

 

3月第1週評価損益

含み益合計 : $15,097

含み益%     :   7.8%

 

先週対比

含み益合計 : ▲$14,836

含み益%     : ▲7.65%

 

2020年配当金合計 $1155.8

2019年配当金合計 $5200.23

配当金合計 $6,356.03

 

含み益・含み益率とも大きく下落しています。1週間で8%近く下落するという正に暴落状態を味わっています。S&P500より下落率は低いですが、ここではあまり気にしておらず、更に下落を抑えることができますが、寧ろ今後のリターンも考えてポートフォリオを整理していっています。

 (S&P500▲8.8% マイPF▲7.65%)

 

(先週S&P500終値2972.37 今週S&P500終値2711.02=▲8.8%)

 

米国市場状況(3月第2週)

3月第2週ヒートマップ 

 

先週3月13日の金曜日にトランプ大統領からの「国家非常事態宣言」で大きく上昇したために、底打ちしたと思った投資家もいるかもしれないですが、先週1週間のヒートマップをみると全体的に大きく下落してるのがわかります。

 

少なくともマーケットはベアマーケットから抜け出してないようにみえますね。

f:id:stepping:20200316053222p:plain


3月第1週ヒートマップ 

f:id:stepping:20200308043235p:plain

 

まとめ 

では「【米国株】コロナ被害が米国で3000人越え!ベアマーケット継続か?」をまとめていきますね!

 

結論としてはベアマーケットは継続すると考えています。企業の業績悪化はこれから明らかになってくるでしょうし、コロナの被害はストップしていません。おそらく次の決算は多くの企業がボロボロの決算になると考えています。

 

長期化する可能性も考慮しています。1-2ヵ月ではなく半年近くベアマーケットが継続しても全然不思議じゃありません。よってそれを見越しての資金管理をしながら、投資を継続していきたいと思います。 

 

3月第1週のコメントです。備忘録

今のところは自分的には予定通りの投資を継続出来てると思います。選択と集中を行って個別銘柄を選定できたのが本当に大きいです。またセクターに関してもサンダース氏の大統領になる可能性が低くなったので、ヘルスケアセクターに対してある程度安心して持っていられるのも大きいです。

 

コロナショックから始まり、サンダース大統領懸念と一気に下落に向かうスイッチが入ってしまった米国市場です。利下げも0.5BPSをFRBが表明してしまって、更に次回FOMCで更に0.5BPSの利下げを織り込みだしてるとの情報もあります。

 

先が全くわからない状況だからこそギャンブルをするのではなく、資金管理をしながらコツコツとこの下落局面に際して投資を継続していきたいと思っています。

 

では皆さんの米国株投資によるお金持ちになる資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

暴落がどうしても頭にちらつくなら、この動画のシミュレーションを見てみてください。「復活」というキーワードを忘れずに!

 

 

こちらの動画はリセッションがもし来た時にどうすればいいのか?それをシミュレートした動画になります。備えあれば憂いなしです!