”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【米国株】ETFは初心者にオススメ!3種類のETFを簡単紹介!
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【ブログ】年間100万PVの記事をランキング!アクセスUPのコツも公開!

【米国株】SPYD vs VYM vs HDV!高配当ETF徹底比較!

f:id:stepping:20200308152631j:plain

米国株高配当ETFとして非常に人気があるSPYD vs VYM vs HDVを徹底比較しています。米国株高配当ETFは減配や無配のリスクも非常に低く株式投資による配当金戦略を考える時は最もオススメの一つといえるかもしれません。

 

結論としてはVYMが最もオススメといえます。

 

SPYDも米国株投資家に非常ににんきがありますが、総合力を考えるとVYMに軍配があがりますね。その理由を簡単にわかりやすく動画で説明しています。是非、高評価・チャンネル登録お願いします!

 

高配当ETFベースデータ

 

 

f:id:stepping:20200313144542p:plain

株価と配当率は2020年1月度分です。信託手数料にはほとんど差がないですが、VYMが圧倒的に運用資産は多いです。1年間のパフォーマンスもVYMが一番ですね。配当率はSPYDが一番高いというデータになります。

 

 

高配当ETF詳細

f:id:stepping:20200313144741p:plain

詳細データを比較してみると組入れ銘柄に大きな差があることがわかります。

VYMは400、SPYDは均等80、HDVも80位ですが、上位10銘柄で60%を構成、この組入れ方法でパフォーマンスに大きな差が出るようになっています。

 

設定年もVYMだけリーマンショックを乗り越えてるので、バックデータに関しても信頼性が高いです。 

 

最もオススメがVYMの理由

 

f:id:stepping:20200313145049p:plain

今まで説明した内容から、VYMが一番のオススメになります。安定感や今までのサンプルを考えると他の2つとは差があると思います。

 

f:id:stepping:20200313154442p:plain

*Bloomberg(オレンジはSP500)

上記は1か月間の騰落率のチャートですが、緑のSPYDが10%近く他のETFより下落してしまっています。 

 

HDVはエネルギー比率の組み入れ率が高く、エネルギーの先行きに不安をかんじるので、最もオススメはできません。逆オイルショックが起こっているからです。

www.momiage.work

 

SPYDも独自性があるのですが、暴落時に非常に弱い事がわかっています。下記ブログを読んでみてください。配当率が高い銘柄の組み入れはそれだけリスクが大きいという事がわかります。

www.momiage.work

 


 

動画宣伝

 

動画の目的)

今後もお金で幸せになるお金持ちになるための、投資初心者または資産運用をこれから始めてみたいという視聴者層に少しでも役に立つ内容を目指していきます!

 

投資としては米国株をメインで投資に関しての考え方や、関連するニュースやETF・個別株の情報も発信していきます!

 

また節税や節約など生活に役に立つ資産運用の情報も随時アップしていきますよー!

 

更新予定日)

週2回予定、水曜日20時と土曜日20時

 

高評価・チャンネル登録」大喜びです!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<合わせて見たい!>

 

インデックス投資をするなら最もオススメのETFとしては何かを3つの厳選ETFで比較しています。様々なデータを使って検証してるので、是非みてみてください!