”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【米国株】ETFは初心者にオススメ!3種類のETFを簡単紹介!
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【ブログ】年間100万PVの記事をランキング!アクセスUPのコツも公開!

【米国株】VTI vs 楽天VTI!ライバルは最高の相棒になる!

f:id:stepping:20200221152031j:plain
米国株ETFの中において最も人気があるETFの一つといっていいVTIと、投資信託において最も人気がある米国株投資用の楽天VTI。こちらのふたつの優劣を競うとしたらどちらが勝者なのでしょうか?

 

今回はそれを徹底比較しながら、VTIと楽天VTIお互いの良さも分析しています。

 

単に優劣をつけるのではなく、運用方法によっては投資家にとって最高のETFと投資信託になる可能性を説明している動画になります。ライバルは最高の相棒になる!

 

 

VTI概要

 

f:id:stepping:20200303152659p:plain


 楽天VTIは本家ETFであるVTIを楽天が買い付けて投資信託として販売しています。VTIはとにかく優秀な米国株ETFです。2001年に設定されたETFで、ITバブルもリーマンショックも乗り越えて、リターン7%以上というのは実績が伴っていて安心感が抜群です。

 

VTI vs 楽天VTI

 下記グラフが手数料に関しての比較表になります。

f:id:stepping:20200303152736p:plain

為替手数料を単純に手数料として比較することは難しいですが、

VTI: 0.34%=0.25%+0.06%+0.03%
楽天VTI: 0.16%=0.13%+0.03%

楽天VTIの方が手数料は0.18%お得だってことになりますねー。
ただ為替手数料は売買のたびに発生するものではないので、それを考えると手数料的にはほぼ差がないと考えられると思います。若干楽天VTIの方が安いでしょうか。

 

勝者は楽天VTIか?

 

f:id:stepping:20200303153520p:plain

 単純に比較した場合、手数料だけの差でいくと楽天VTIの方が優勢ということになります。ただしもちろん自分はそれが結論ではないと思います。正直もみあげ的には手数料の面があってもVTIを直接購入すると思います。

 

楽天証券で両方使う!

 

f:id:stepping:20200303153546p:plain

 楽天証券で両方とも使用した場合は上記理由で最大限の効果をはっきすることができます!配当金も投資信託で再投資できるために、楽天証券のポイントも最大限活用することが可能になります。

 

配当金も欲しい投資家も多いので、上記を実施すると全く無駄が無くなります!

 


 

動画宣伝

 

動画の目的)

今後もお金で幸せになるお金持ちになるための、投資初心者または資産運用をこれから始めてみたいという視聴者層に少しでも役に立つ内容を目指していきます!

 

投資としては米国株をメインで投資に関しての考え方や、関連するニュースやETF・個別株の情報も発信していきます!

 

また節税や節約など生活に役に立つ資産運用の情報も随時アップしていきますよー!

 

更新予定日)

週2回予定、水曜日20時と土曜日20時

 

高評価・チャンネル登録」大喜びです!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<合わせて見たい!>

つみたてNISAは最強の資産運用です。そしてつみたてNISAでは楽天VTIを自分はオススメしています。楽天証券のポイント制度がとにかくメリットが大きいからです。是非動画を見てみてください!