”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株】コロナショック!退場しないための4カ条!

f:id:stepping:20200228070053j:plain

 

本日も米国株は大きな下落が発生しています。コロナショックともいえるかと思います。1日でおよそ4.5%の下落これによって、2月19日から6日連続の続落で11%以上下落したことになりました。直近だと2018年12月以来の大きな下落といっていいと思います。

 

リセッション入りしてるかどうかははっきりわかりませんが、米国株投資家にとって大きな大きな試練の時であることは間違いなさそうです。オハギャー!!やらオーマイガーやら沢山聞こえてきそうです。(大丈夫です。自分も叫んでます。笑)

 

さて今回は自分自身も精神的に落ち着くために退場しないためにやっていることをまとめておきたいと思います。もちろん自分自身に言い聞かせる意味もあるのでその点はご理解を。

 

1.インデックス数字を見て落ち着かせる

2.ドルコスト平均法を使う

3.ETFに投資する!

4.メンタルケア

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株】コロナショック!マーケットから退場しないための4カ条!」を気力を振り絞って読んでみてください。

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

インデックス数字

S&P500は遂に11月の数字まで引き戻されました。たった6日間で4か月間の上昇が全て無駄になったといえるかと思います。株式市場の恐ろしさというのを垣間見てると思います。

f:id:stepping:20200228061228p:plain

*Bloomberg(オレンジはS&P500)

ただ思い出してほしいんです。去年の上昇率は30%近くです。そして1月末までで5%程上昇していたのですから、2019年と通算するとまだ2019年年初からまだ24%も上昇していることになるんです。

 

通常S&P500の平均リターンは7%です。とすると数字を見ると全然悲観する事じゃないんです。株式市場では起こりうることなんだって、落ち着いてください。但しこれをみたらまだ下げる可能性があるというのも頭に入れてください。

 

ドルコスト平均法を使う

この局面をチャンスだと思える投資家はとにかくドルコスト平均法を使った方がいいです。下落局面はとにかくドルコスト平均法です。

 

底が全くどこになるか予想がつかないと思うので、予想できないならドルコスト平均法で少しずつ資金を入れていってついていくしかないです。

 

f:id:stepping:20200228062352p:plain

時間軸を毎月ではなく、毎日もしくは2・3日に1回に短縮していって資金を投入していくといった応用方法になりますね。割安のバーゲンセールかもしれないですが、その割安期間がどこまで続くかわからないというのは頭に入れた方がいいです。

 

ETFに投資する

 個別銘柄は本当にボラティリティが大きいです。そして銘柄によっては大きなダメージを背負ってしまって下手したら立ち直れない可能性のある企業だってあります。高配当なら減配、成長株なら自社株買いのストップです。

 

となるとどうしても割安で買いたい。負けたくないって人は絶対的にETFがおススメです。そしてETFをもし選択するとするなら、レバレッジは底入れしたと思ってからがベターの自己判断で、それを除くなら絶対的に鉄板ETFです。

 

インデックス連動ETF

VOO・VTI・SPYなどのインデックス連動型は非常に強いです。いずれまた上昇する時に間違いがないと思います。VTもいいですね。自分ならリセッションも乗り越えてるVTIがイチオシになります。

 

高配当ETF

VYM・SPYD・HDVなどの人気があり実績も伴っている高配当ETFです。こちらも割安で投資でき、今までの傾向から考えるとリセッションも乗り越えてるVYMが一番信頼が高いです。

 

セクターETFではQQQやVGTなどのハイテクの回復力に投資するのもありだと思っています。ハイテクは一度落ち込みますが、その後の回復力はどのセクターよりも強いと予想されます。

メンタルケア

最後はメンタルケアです。とにかく一番大事なのはメンタルをどれだけ正常に保てるかだと思います。ただ自分が平気だと思っていてもそれは平気じゃない可能性があるので、こういう時は単純に発散もしくは完全シャットダウンです。

 

発散はどこでもなににでもいいので、怖いとか声にだすのは気持ちが落ち着くと思います。誰だって怖いのは同じなので、叫んでみてください。

 

もしくは完全に他の趣味に没頭するです。ジムにいってもいい、料理をしてもいい、ゲームをしてもいい、いつもより多く趣味に没頭する時間を作るのも手です。

 

そして完全シャットダウンは投資関係の情報を入れないようにするです。(自分のブログは読んでほしいですが。笑)アプリを探しずらい場所に移動してもいいですし、情報を一度遮断する方法も試していいかもです。

 

まとめ 

では「では米国株投資家もみあげの「【米国株】コロナショック!マーケットから退場しないための4カ条!」をまとめていきますね!

 

世界中に恐怖をまき散らしてるコロナウィルス、それは当然経済に与える影響が大きく、マーケットはリスクオフどころかリセッション入りの様相を呈してきています。

 

自分はリーマンショックは経験していないですが、2018年12月のクリスマスの25%の下落を経験しています。その時生き残れてるのはとにかく強い銘柄だけはホールドして、他を例え売却しても退場しないようにしがみついたからです。

 

だから皆さんも今回の4カ条を読んでみて、とにかくマーケットから退場しないために何をすればいいか再度頭で整理してみてください。また必ず米国株は上昇すると信じています。今の頑張りが将来につながると思う強い気持ちを忘れずに!

 

では皆さんの米国株投資による中・長期投資での資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

株式市場の下落が続くと暴落が怖くなりますよね。大丈夫です。暴落に対しての準備をしっかりシミュレーションしておけば怖くなくなりますよ!

www.momiage.work

 

米国経済の源泉はそもそもなんでしょう?って話の動画です。簡単な経済の仕組みとこれからの将来も予想しています!米国株投資家は必見です!