”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

【米国株】チキンレースから逃げちゃだめだ!10年債は最低水準!

f:id:stepping:20200217063708j:plain

S&P500、米国市場は相変わらず上昇し続けています。流石の自分もこの上昇には気持ち的にはついていけないけど何とか食らいついてるのが本音です。正にチキンレースと化してしまっています。自分に「逃げちゃだめだ!」って言い聞かせています。

 

米国株投資の2月第2週の週間実績報告。投資実績としては 配当込みで+414万円($37,718=含み益$31,562 +配当6,156)  投資利益+21.4%です。

 

今回はバブルといわれるかもしれない状況ですが、10年債は最低水準にある事を確認しながら、現在の状況を整理しておきたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「【米国株】チキンレースから逃げちゃだめだ!10年債は最低水準!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で 

チキンレース

 正に米国市場に関してはチキンレースの様相を呈していると思います。別記事でも記載したのですが、バブルと呼んでも差し支えないような状況になってしまっていると感じています。

www.momiage.work

 

但しここで一つ注目して欲しいポイントがあるのが、10年債の動きです。10年債は直近10年間から考えても最も利率が低くなっています。要するにマーケットは株高でありながらも、債券にも資金が逃げてるという事の証明です。

f:id:stepping:20200217061229p:plain

 

だれもが総楽観になっているわけではなく、守りにも入っている状況。だからこそ今が必ずしも通常のバブルといえないのが、判断を難しくしています。

 

まさにチキンレース、逃げちゃだめだといえる状況になってしまっています。

 

但しFRBのパウエル議長は次のリセッションと戦う弾薬が尽きてるとも言っています。

www.bloomberg.co.jp

 

マイナス金利にするつもりもなく、財政赤字にさせることもなく、現状もちうる手段を全て投入して、リセッションだけは回避する強い決意ともいえるかもしれません。

 

 

投資成績(2月第2週終了時点)

f:id:stepping:20200216091941p:plain

2月第2週評価損益

評価額合計 : $207,578

コスト合計 : $176,016

含み益合計 : $31,562

含み益%     :   17.93%

 

2月第1週評価損益

含み益合計 : $29,224

含み益%     :   16.88%

 

先週対比

含み益合計 : +$2,338

含み益%     : +1.05%

 

2020年配当金合計 $550.88

2019年配当金合計 $5200.23

配当金合計 $6,156.27

 

含み益合計、含み益%は大きく上昇しました。但し生活必需品セクターが多い自分のPFはS&P500からアンダーパフォームしました。ハイテクが継続してS&P500を牽引しているのは間違いないですね。

 (S&P500+1.58% マイPF+1.05%)

 

(先週S&P500終値3327.71 今週S&P500終値3380.16=+1.58%上昇)

 

米国市場状況(2月第2週)

2月第2週ヒートマップ 

 

セクターとして調子が悪かったのは、

・エネルギーの一部、川上部分がダメージ(原油価格の下落)

・ヘルスケアセクターが薬価懸念で下落

・【T】と【VZ】はTモバイルとスプリントの合併で競争激化懸念で下落

 

また【MCD】マクドナルドに関しては決算は〇だったが、現在調整に入ってるとも見えます。この傾向が続くようなら情報を少し調べてみようと思います。

f:id:stepping:20200216093320p:plain

 

2月第1週ヒートマップ 

f:id:stepping:20200210045834p:plain

 

まとめ 

では「【米国株】チキンレースから逃げちゃだめだ!10年債は最低水準!」をまとめていきますね!

 

正直な所、今がバブルといえばバブルというためのデータはいくらでも揃えられると思います。そしてバブルといえないデータも出てきます。

 

ではどうすればいいのか?休むも相場といいますが、静観しておくのもありだと思います。ただしチキンレースから逃げることは得策じゃない気がしています。要するに全て現金化してしまう事ですね。

 

今年が大統領選挙だということを忘れないで欲しいです。リセッションなんて意地でも来させないように全力で対策を打つでしょうし。トランプ大統領がそこだけは死守しようとしてるのを思い出してください。

 

但し現金比率のバランスだけは忘れずにというのが今できる最良の対策じゃないでしょうか。

 

2月第1週のコメントです。備忘録

あくまでもみあげの直感ですが、このまま順調に上昇し続けるとはあまり信じていません。どこかで調整がくるはずですし、それが何がキーになるかというと、やはりサプライチェーンになると思っています。

 

ただしそれで米国全体が下落するというわけではなくて、中国のサプライチェーンに関係が深い企業が大きなダメージを食うという考えでリスク回避として銘柄選定を進めてPFを組み替えたりしています。

 

ここからはあくまで冷静に状況を見ながら投資を継続していきたいと思います。 

 

では皆さんの米国株投資によるお金持ちになる資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

米国株投資家もみあげの「恥ずかしい話」です。こういう時爆益だ!って無理もいいですが、本当に大切な事は何かがわかる動画になっています。

 

こちらの動画はリセッションがもし来た時にどうすればいいのか?それをシミュレートした動画になります。備えあれば憂いなしです!