”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【米国株】ETFは初心者にオススメ!3種類のETFを簡単紹介!
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【ブログ】年間100万PVの記事をランキング!アクセスUPのコツも公開!

【米国株】リセッションでも米国株でお金持ちになる方法!

f:id:stepping:20200210153635j:plain
米国株・株式投資とは切っても切れない関係にあるリセッション(暴落)に対しての投資シミュレーションを具体的に紹介した動画になります!備えあれば憂いなしです。何も準備してないで株式市場から退場しないためにはどうすればいいか?

 

それはメンタル的に準備しておくことももちろん大切ですが、具体的にリセッションの時にどうやって投資をしたらいいのか。リセッションをチャンスと考えるポジティブ思考やそしてドルコスト平均法の有用性を知っておくのは非常に有効だと思っています。

 

 

リセッションにおける投資方針

 

今までで1915年の大恐慌を除いて、最も暴落期間が厳しかったのが、直近30年のITショックからのリーマンショックなんです。

 

これは下記データを再度見てもらるとわかります。30年間のリターンになります。

f:id:stepping:20200210154150p:plain

f:id:stepping:20200210155358p:plain

2000年はから始まったITバブル崩壊では3年間でおよそ40%下落しています。そして2008年のリーマンショックでは1年間でおよそ40%の下落。

 

その時投資をしてた人は本当に生きた心地がしなかったと思います。ではその際に自分はきちんと投資できたか??おそらく何も準備していないと退場すると思います。

 

我々ができる事はこのデータをシミュレートしておいて、次の下落の時に備えるしかないと思います。そして平均取得単価を下げることによって株価上昇の恩恵を受ける事。

 

その大切さを動画では紹介しています。

 

ドルコスト平均法

 ドルコスト平均法は下落時に最も光り輝く投資法だと考えています。その理由としては3つあります。

 

1.いつ暴落が終わるかがわからない状況において、ドルコスト平均法なら機会損失をしないで、一定金額を投資し続けれるから。

2.ドルコスト平均法を使えば、株価が下落した際には必然的に割安で株式に投資していることになるから。

3.メンタル面で安定する。無理な投資はしなくなる。但し資金余力を持って運用を継続するほうが効果的。

 

ドルコスト平均法のイメージです。

f:id:stepping:20200210155658p:plain

 

動画宣伝

 

動画の目的)

今後もお金で幸せになるお金持ちになるための、投資初心者または資産運用をこれから始めてみたいという視聴者層に少しでも役に立つ内容を目指していきます!

 

投資としては米国株をメインで投資に関しての考え方や、関連するニュースやETF・個別株の情報も発信していきます!

 

また節税や節約など生活に役に立つ資産運用の情報も随時アップしていきますよー!

 

更新予定日)

週2回予定、水曜日20時と土曜日20時

 

高評価・チャンネル登録」大喜びです!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<合わせて見たい!>

米国株のリセッションに対しての過去のデータから現金余力やメンタル面に関しての準備に関して学べる動画になります!平均リターン7%の罠とは?